2017年3月23日 (木)

曲良し、歌良し、しかし・・・・

みなさん、こんばんは。
以前不思議な経験をしました。コンサートで千の風になってを聴きました。
これは我が国では秋川雅史さんが歌ってヒットした曲です。

秋川さんはこの曲を情感をあまり込めていないように歌っており表情もどちらかというと力強い表情で歌われていますがかなり心に染みます。

秋川さんは作詞の新井満さんにこれが売れても喜んではいけないよと言われたそうでおそらくですが売れるために感情のツボを狙って歌っているのではないと思っています。キチンと演奏できる人が愚直に曲に向かっているから聴いていると感動があります。

私がライブで聴いた時は歌手は秋川さんではありませんでした。同じ曲で変な(失礼)アレンジはなしで歌手はプロのテノールの人でした。これだけ揃うと感動は約束されたものですが聴いてみると何の感動もありませんでした。

声はいいし歌はもちろん上手で演奏は失敗でも下手でもありませんでした。

でも何の感動もありませんでした。

これは本人はそういう意識があったかどうかわかりませんが私は歌手のあざとさを感じただと思います。

これは亡くなった人がずっと自分が愛する現世にいる人を見守るという歌〔原曲は知りませんが新井満さんの詩ではそのように読めます)で愚直に曲に向かいあうべきでした。歌を歌う人がここで泣かしてやろうとか計算しはじめると曲のすばらしさが色あせてしまいます。

話は変わって・・・・

私はピアニストではロシアのピアニストのマリアユーディーナのバッハの演奏に惹かれます。

マリアユーディーナは当然に華麗なピアノ演奏のテクニックを身につけていますがバッハの曲を演奏するときはこれらのテクニックをひけらかすことなく愚直にバッハと向き合っているように演奏を聴くと感じます。まさにバッハを信仰する修道女が一心不乱にバッハと向き合って演奏しているという感があり一切の虚飾を排して演奏をしているように感じます。

プロと呼ばれる人はそれなりのテクニックを身につけ曲にも精通しているので聴きどころとか聴衆が感動する箇所などは熟知していることが多いですがそれがあざとさとか計算が加わるとその演奏では感動させることはできないでしょう。

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

今日はバッハ

みなさん、こんばんは
宿題に期日が迫っているにもかかわらず昨日と今日と現実逃避をしています。

もうすぐバッハの誕生日ということでBach in the subwaysというイベントに参加してきました。

場所は新丸ビルの7階エレベータ出たところでした。

17103579_1603660546316581_9155695_2

曲はフェイスブックのフレンドのソプラノの萩原雅子さんが歌う

ヨハネ受難曲BWV 245よりIch folge dir
カンタータ Offne dich,mein ganzes Herze BWV61より
カンタータ Wir eilen mit schwachen doch emsigen Schritten BWV 78より

です。ピアノは豊永武さんです。

萩原さんの歌は以前何度か聴いたことがありきっとバッハの宗教曲はバッチリ合うと思っていましたがその通りでした。

バッハの宗教曲を生で聴いたのはほぼ(ちょっと微妙な表現ですが)初めてなのでかなり印象に残りました。私の中ではヨハネはマタイよりも距離が遠いような感じがしましたが今日の演奏を聴いてヨハネももっと聴いてみようと思っています。

カンタータはカールリヒター指揮の26枚ボックスがあるのでじっくり味わいたいと思っています。

次に泉里沙さんのバイオリンのソロで無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ
第2番ニ短調、BWV1004よりシャコンヌが演奏されました。

バイオリンの音がか弱くなくしっかりと演奏されていました。

これも良い演奏だと思います。

その次がソプラノの清水梢さんの演奏で

ヨハネ受難曲より、融けて流れよ、我が心よ、涙溢れる湖の中に
(急に日本語になりましたがキーボードで入力の仕方をしらない文字がドイツ語で出てきたのでやむを得ないということで・・・・(^_^;))

清水さんは去年の新年会の演奏会でモーツアルトの

Vesperae solennes KV339

を演奏したときにソロを歌いその時の歌声が印象に残っています。

今回は期待通りでした。

またテノールの金沢青児さんとの二重唱があり

オルガンは重岡麻衣さん

でそこに教会があるようでした。

最後にこのために結成された合唱団がモテット 主に向かいて新しき歌を歌え BWV225

です。去年8月から練習をしており練習の成果がでました。相当練習されたと思いますし清水さんが指導にご尽力されたと思います。

またコンサートの間これもフェイスブックフレンドの太原さんがずっと裏方をやっていて演奏者が歌えるような状態をキープするために動き回っていて最後は合唱団の一員として合唱に参加されていました。

今回の会場はコンサートホールではなく通常のお客さんの通路で鑑賞するので条件が良くはなかったのですが太原さん達のおかげでキチンと鑑賞することができました。

バッハのこれだけの生演奏を聴くのは初めてで、みなさんの演奏もよく熱演でした。

良い時間を過ごすことができました・・・・

みなさん、良い時間をありがとうございました。

話はここで終わらずにこの後宿題をなんとかしないといけないので懇親会には出たかったのですが頭を現実路線に切り換えて脱兎のごとく帰宅したのですがまだ夢心地でまだ宿題やる気がでません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽を紡ぐ人達

みなさん、こんにちは
昨日は大井町で開催された大人の音楽会に行ってきました。

今私達が聴いている音楽は単なる娯楽だけではなく救いであったり郷愁であったりしますし何か自分自身の中でそれを聴くことによって湧き出てくるものあります。古い言い方ですが感情を揺さぶるものがあるのでしょう。

特にクラシックの名曲は昔に作られそれが今でも残っているのでそれを私達は聴くことができます。曲ができてからそれを私達が聴くまでは数多くの人が音楽を紡いでくれたのでしょう。

まず作曲家がいなければ私達は音楽を聴くことができません。

次はこれを演奏する人がいて曲のすばらしさを実感させてくれる

他には楽譜の出版などの役割が必要ですが今回は演奏する人にフォーカスしてみたいと思います。

演奏はCDを何枚もリリースしている超有名な演奏家もいれば実力はあるけれどマーケッティングなどの面からそれほど世間に出られない人もいますし、プロではないけれど演奏するのが好きな人もいれば私のように演奏できないけど演奏を聴くのが好きな人間もいます。

こういう人間達がいて音楽を後世に紡ぐことができます。

昨日コンサートで演奏してくれたのはプロアマ関係なく音楽が好きな人が集まった演奏で演奏する人達や観客の人達の中には顔見知りの人がけっこういました。

肩肘はらないでアットホームなコンサートでした。

本番前の練習から聴くことができました。多分開演時間を過ぎてリハーサルをしていたのではないでしょうか。

演奏された曲は全部で9曲あり楽器のソロありモーツアルトのピアノ協奏曲20番ありと豊富でした。演奏者の中にはピアノとバイオリンはお子さんも(演奏者の生徒のようです)一生懸命演奏されていました。

みなさん、音楽が大好きで演奏している時はもちろんですが練習している時も良い時間を過ごされたのではないかと思いますし、演奏が終わる時にはこの時間はいつまでも終わらないで欲しいと思われたのではないでしょうか。

最後のピアノ協奏曲は室内楽っぽい編成でしたがみなさんの思いがこの曲に届くように演奏されていました。ピアノは第1楽章が渡邉ら夢さん、第2楽章、3楽章が首謀者の木本あゆみさんが演奏されていました。ピアニストのこの曲に対する思いが伝わってきます。

特に第2楽章の出だしが印象的でした。

これ以上の熱演はないでしょうし木本さんのこの曲に対する思いとか愛情が伝わってきました。

こういう演奏会はいいものです。

このコンサートのことは一生忘れないでしょう。

今回は演奏される方々も聴衆の方々も最高でした。

これは主催者の木本さんのお人柄でしょうね。

またコンサートの場所を提供してくれたカフェフェ・ド・キネマの石田さんには感謝申し上げます。

またコンサートの後の打ち上げで(演奏していないのに何で私が・・・・気が付いたら私もそこにいました)の音楽談義も楽しかったです。

次もお願いしますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

CD専用機とSACDも演奏できるCDプレイヤー

みなさん、こんばんは
最近の音楽は配信が大きなウエートを占めています。
配信はCDよりも音がいいとかいわれていますが私はまだ配信に力を入れていないのでこれはどうなのかわかりません。

ただCDは巷で言われているほど音は悪くはありません。

もしCDの音が悪いと思っている方はそれは思い込みかCDプレイヤーに問題があるかもしれません。

オーディオショップにいくと色々なCDプレイヤーがあります。

CDしか演奏できなくでSACDは演奏ができないもの
CDもSACDも演奏できるもの

が目を引きます。

単純な言い方ですがどっちがいいのでしょうか・・

もしみなさんがCDを多く持っていてSACDはあまりもっていなければ、CD専用機を勧めます。

以前あるメーカーのSACDも演奏できるものとCDしか演奏できないものとでCDの演奏を聴き比べたことがあります。値段はSACDも演奏できるほうが位置的には高級機でCD専用機の倍くらいしていましたがCDの演奏は半額のCD専用機のほうの圧勝でした。

SACDを多くもっていらっしゃる方はSACDも再生できるものしか選択肢はないですがそれでもCDについてはCD専用機の方が遙かに音が良いので予算と場所が許せばCD専用機があったほうがいいかもしれません。

とはいうものの音楽は好みが大きいのでターゲットがあれば実際に聴かせてもらうことを勧めます。

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

マイナンバー紛失(^_^;)

みなさん、こんにちは
マイナンバー書いた紙どこにいったのかわからくなりました(^_^;)
丹念に探せば出てくるのでしょうが今日は税金を払いに出かけるのでついでに市役所にいって再発行の手続きをやりました。

待っているとふとピアノとバイオリンの音色が聞こえてきます。

市役所のロビーでの30分ほどのミニコンサートです。
頂いたプログラムでは

バイオリン 新山開さん
ピアノは  新山茜さん

です。多分兄妹ではないかと思います。

プログラムは

ウイーン小行進曲 (クライスラー)
懐かしの土地の思い出よりメロディー(チャイコフスキー)
妖精の踊り(バッジーニ)
ロマンス(ヴィエニアフスキー)
ツィゴネルワイゼン(サラサーテ)

です。

C67snpiwwaax9xe

バイオリンは柔らかい音色で聴く人に安らぎを与えるでしょう。

個人的にはツィゴネルワイゼンが楽しみでした。
個人的な好みですが第2楽章はもっとバイオリンはエッジが立っていたほうが好みですがやさしいツィゴネルワイゼンでした。

ピアノとの息もぴったりでした。

頂けないのは・・・・(笑)
新山開さんのMCでした。

緊張しているせいかもしれませんが話方に覇気がなく曲紹介は退屈でした。
この覇気がないMCで

情熱的な曲です

って言われても・・・(^_^;)

思いも寄らぬコンサートとの出会いでした。

この後私には恐怖の出来事があり、髪の毛が全部抜けました(^_^;)

・・・・が

直ぐに生えました。

どんなことかというと・・・ブログではアップできません(^_^;)

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

絶対に幸せになれないパターン

みなさん、こんばんは
今日はヴェルディー作AIDAを鑑賞にいってきました。
AIDAは主な登場人物は絶対に幸せを得ることができないパターンでした。

主な登場人物は

アイーダ エジプトに戦争で負けたエチオピアの王女で今はエジプトに捉えられエジプト王女アムネリスの奴隷になっている。 エジプト軍指揮官のラダメスに恋をしている

アムネリス エジプトの王女 王女もラダメスに恋している。アイーダがラダメスを好きなこととラダメスがアイーダを好きなことをしっている。

アモナズロ かつて戦争に負けたエチオピアの王で(アイーダの父親)エジプトと戦争を挑んでいる

という設定です。

アイーダはラダメスが好きですがラダメスはエジプトを滅ぼした敵将であるので葛藤があります。

ラダメスはアイーダが好きなのですが王女も自分事を好きなことを知っているので奴隷の女と結婚することについてひっかかりがある

ということでアイーダとラダメスが逢ってそれぞれの境遇を嘆いているとラダメスが来る前に
父親がアイーダのところにやってきて(父親はその後エジプトに戦争を挑んで負けて捕虜になった)エジプトの弱点をラグメスに聞けといい、その後アイーダはラダメスにここから逃げて幸せになろうと提案し逃げるところはエジプト兵士がいないところ(これは機密事項)ということで漏らしてしまいます。

この後父親とアイーダは逃げて父親は殺されるみたいです。

ラダメスは裁判にかけられ、自分が裏切ったのは事実なので弁明はしないということでアムネリスはラダメスの命を助けたいので裁判で弁明をして欲しいと説得してもとりあわず弁明をせずに結局地下牢に生き埋めになります。

生き埋めになるときこれを予想してアイーダもラダメスのところにきてこの世で幸せになれないのであればあの世で・・・ということでアイーダも一緒に生き埋めになり命を落とします。

息絶えるまでのアイーダの歌はいじらしく聞こえました。

あの世で幸せになるんだよ・・・

と心の中で祈っていました。

というのがグダグダですがあらすじです。

これをかなりのレベルの演奏で歌とピアノが行い、これらは素晴らしく文句ありません。
最高のメンツだったのではないでしょうか。

私はオペラの知識はなくAIDAは名前だけ聞いたことがありますがイタリア語はわからず詳しくはありません。

違和感があるところがあり、静かに話すべきシーンで声を張り上げて歌う事が何度もありますがこれは心の声なのかもしれません。

よくわからないままみましたが大変素晴らしく感動しました。

オペラはフィガロ辺りから始めようと思っていたのですがとりあえずAIDAに逝ってみます。

この世では幸せになれないのであの世で・・・というのは日本やヨーロッパは同じ考えかもしれませんね~

オペラを見終わった時にこの後、生き残ったエジプトの王女のアムネリスは心に傷を負ったまま生きていくのかもしれないですしアイーダとラグメスはあの世で幸せに暮らして欲しいと思いました。(AIDA2ってないんですよね・・・多分)

確定申告放り投げて鑑賞して良かったです。

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

オペラの片鱗

みなさん、こんばんは
オペラはいつか聴きたい〔観たいかも)と思っているのですがなかなか時間が取れません。まだ自分がそれほど理解していないのに味わってみたいものに

シューベルトの歌曲
バッハのカンタータ
フランス歌曲

などがありますがまず言葉がダメです。このために一からドイツ語、イタリア語を習うことは今の私には現実的ではなく、フランス語は大学生の時の第2外国語ですがほぼ全壊で頭に残っていません。

外国語は英検4級が精一杯です(笑)

という状況の中で昨日はフェイスブックのフレンドの河野真有美さんのお誘いでコンサートに行ってきました。今は自分の確定申告+他の宿題で死にそうなのですが、音楽を聴く事も大切だということで行ってきました。

第一部は日本の歌曲、第二部はオペラの場面を演奏者が実際に演じてくれました。
日本の歌曲は言葉がわかるので実際の情景を思い浮かべることができるのが良いです。

オペラは色々なものがあると思いますが思い込みでいうと

普通の男女が付き合って普通に結婚して幸せになりましたとさ・・・

ではオペラになりません。

付き合っている男女に実は互いに配偶者がいて・・・あるいは本命は別にいて・・・

みたいなドタバタ的な設定だと笑えるかもしれません。フィガロの結婚が伯爵がわけわからなくしているようでここで伯爵がスザンナに横恋慕しないで

フィガロ君、ご結婚おめでとう・・・・

のような常識がある普通の人だったら面白くもなんともありません(^_^;)

或いは男女がお互いの本命が別にいてそれぞれが本命でないカップルが恋の二重唱を歌う(魔笛)シーンだったり・・・

言葉がわかればおもしろさは倍増したのだと思いますが、そこは演奏者の方々のシーンの説明+想像力で楽しみました。

オペラリタより私の愛しい妻よは、暴力的な夫ガスパロがカナダで女性と結婚する際に役所が発行する結婚していないという証明書をゲットするために戻りそこで長く連絡を取っていなかった(元)妻と会い妻が持っている結婚証明書をゲットして廃棄したい

ガスパロとリタは遭難事故でお互いが死んだと思っていたのですが、ガスパロは新しい彼女と結婚したい一心でかつて暴力をふるっていたリタから結婚証明書と取り上げようとしてなだめすかしたりして・・・・

というようなストリーです。

とこれだけ書いて当日のMCが大変だったと思います。グタグタになっても仕方ありません。

演奏者はバリトンは加藤大聖さんで加藤さんはおしゃべりから察すると誠実な男性だと思いますがオペラになるとチャラ男になったり元暴力夫になった愛の媚薬を売るインチキおじさん風になったりと面白かったですし、共演するソプラノの伊藤邦恵さん、佐藤智恵さんは愛くるしく表情豊かに絡んでいきます。

オペラ愛の媚薬よりが終わった時にこのインチキおじさんは前に座っていた観客に媚薬を勧めていましたのがおかしかったです。

今回のコンサートは演奏者の近くで鑑賞することができました。

河野さんのピアノの指使いもじっくり見ることがきました。

普通私達が生活する場合は薬指と小指ってあまり意識して使う事は少ない(特に利き腕ではない場合)のですがこれらの指がよく動きます。ピアノなしで普通に動かしていても長時間動かすと疲れますがプロはすごいものですね~

今回の曲は復習になった曲が2曲ほどありより味わえることができました。

みなさん、お疲れ様でした。

歌手の人達がコミカルに演じてくれて思わず笑ってしまいました。

楽しい一時をありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

拓郎

みなさん、こんにちは
フォークが一時期すごいブームを起こし、吉田拓郎のようなフォークシンガーが歌だけではなく深夜放送のパーソナリティーで活躍していた時代がありました。当時ハマっていた人達はこういう曲を聴くと懐かしさで当時が甦ってくるかもしれません。

先日散髪にいったときにBGMに拓郎の結婚しようよが流れていました。マスターは懐かしいといい私に同意を求めてきましたが私はフォークはブームの時に全く聴いておらず完全に背を向けていたので今聴いても懐かしくもなんともありません。

フォークに自分の青春を重ねることはできないのですね。

というよりも当時は拓郎は気にくわない存在でした。

子供が高校生になり受験が目の前に迫ってくると自分が社会の歯車になることをそろそろ意識し出します(歯車になるかどうかは別にして)

こういう子供から拓郎をみるとスーツを着ているわけではなくラフな格好をして歌っているので自由に歌を歌ったりラジオのパーソナリティーをやっていたりするように見えますし憧れると思います。また当時はTVに出ないということでした。

私はこの「自由」という雰囲気をまとう拓郎に違和感を持っていました。

あるときに友達に・・・

あのさー拓郎って自由でいいっていうこと自由じゃないんじゃないかなー

曲を発売したりコンサートをしたりするときはそれなりの納期があったりしたりするはずで本当に自由で自分が作った歌を自分でコンサート開いてあれだけファンがいるんじゃないと思うよ・・俺たちが社会人になったときに出会う事と同じじゃないかな~

とガキのくせに醒めたことをいっていました。当時拓郎がどうだったか知らないのですが上記の私が行ったことが社会の一般的な仕組みのようでそれを漠然と感じていた私はそうでないという雰囲気をまとっていた拓郎に違和感を持っていたのですね。

結婚しようよは聴かなかったのですが、旅の宿を聴いて拓郎もなかなかいい歌を歌うなとちょっぴり思ったことがありました。

最近は拓郎も揚水も聴きますし曲によってはいいなと素直に思います。(かなり周回遅れですが・・・・(^_^;))

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

製品寿命を考えると一理あるかもしれませんが・・・

みなさん、こんばんは
オーディオ機器の中で一番技術革新が激しいのはなんだと思いますか。
それはCDプレイヤーだと思います。

CDプレイヤーはCD情報を読み込むトランスポート(略してトラポ)とトラポが読んだデジタルデータをアナログに変換するDACからなります。DACの技術的進歩が早く新品でもあっという間に陳腐化してしまうそうです。

そこでどうせすぐに陳腐化するCDプレイヤーに投資してもあまり意味があるものではないという意見があります。

これは機器の性能を考えると正しいと思います。

ところが音楽は機器の性能も関係あると思いますがその機器が醸し出すテイストが一番大事だと思います。

私はLINNというメーカーが10年以上前に販売していたCD12というCDプレイヤーを使っています。CD12はSACDを演奏することができずにDAC部分も最近の強者と比べると性能は落ちると思いますがCD12のテイストはCD12しか出せません。音場はそれほど広くはなく、やや濃い水墨画のような印象をもっています。これでバッハのカンタータを聴くと近くにある街の教会で演奏者の間近で演奏を聴いているような気になります。

Vivaldiを持ってしてももっと素晴らしいCDプレイヤーをもってしてもCD12のテイストは出ません。

お金を使う以上は効率の良い投資という視点は大切だと思いますが、

良い音楽=高性能の機器

ではないのであまりDACの寿命なんちゃらかんちゃらということは考えずに気に入ったCDプレイヤーがあってそれを買うことができるのであればゲットしたほうが幸せになれるかもしれませんね・・・・

どんなにアンプやスピーカーが素晴らしくてもCDプレイヤーが拾わない音は再生できませんから・・・・

以上私見ですが・・・・

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

今まで侮っていてすいませんでした

みなさん、こんにちは
オーディオの話題で私の場合はあまりスピーカーを話題にすることはないと思います。
それは我が家のスピーカーは大型ではないので低音がでるといっても本物の重低音なんてでないし大型持っている人からみると

低音って(笑)

という感じを持っていました。

私の愛用のスピーカーはソナスファーベルのガルネリオマージュというスピーカーですが今までの感想はバランスはいいけど低音が厳しいと思い込んでいました。ところが先日聴いたコンサートでは比較的オケの構成が小規模だったのでチェロとコントラバスの音域がなんとなくピンときました。

これもまた

え・・・チェロとコントラバスの音域って(笑)

かもしれませんがそうなんだから仕方ないっす。

そこで改めて我が家のこの小さなスピーカーで音楽を聴くと響くようなコントラバスの重低音は出ません(無理です)が、バランスの良い音色でバッハのブランデンブルグ協奏曲を奏でてくれますしなんともいえないテイストでシューベルトの冬の旅を奏でてくれます。

低音には不満はありません。

もちろんもっと丁寧にセッティングすればいいと思いますがセッティングに時間をかけるのであればベストではないけど満足いけばそれでいいという考え方です。

今までは次はスピーカー買い換えかな・・・

という感じでしたがなんと罰当たりな考えでしょう(^_^;)

かなり高いレベルで音楽を奏でてくれるのを再発見しました。

| | コメント (0)

«演奏家の普段着