2017年4月23日 (日)

キーンとしたショパン

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの池田さんが企画の代表を務められている

春の香りに乗せて

というコンサートに行ってきました。

演奏者は
ピアノは里見有香さん
バイオリンは佐原敦子さん

です。

第一部はピアノソロで

ショパンの3つのノクターン
バラードNo3

アンダンテ・スピアートと華麗なる大ポロネーズ

で第二部はピアノとバイオリンの重奏でした。

シマノフスキー のノクターンとタランテラ
フランクのバイオリンとピアノのためのソナタ

でした。

池田さんはこの演奏家は良いと勧めてくれました。池田さんは私などよりは鑑賞力があるので良い時間を過ごすことができると確信しました。

ピアノはスタンウエイで純粋なキーンとした爽やかな冷たい水をイメージしました。

非情に美しいというか純度の高いピアノの音色で演奏を聴く限りクールなショッパンでしたが里見さんがMCの時に本当は1部(ピアノソロの時)にお話ししたかったけどそれどころではなかったということをおっしゃっていましたのでクールに弾いていたのではないかとれません。

ショパンは流れるような演奏で聴いていて気持ちよかったです。

第二部はプログラムそのものは私には馴染みがない曲でしたがバイオリンの音色が抑えめで二重奏としては良い響きだったと思います。

池田さん
里見さん
佐原さん

よいコンサートをありがとうございました。
Cfjw_u0aa9s7h

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

声の力VOL2

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの丹野めぐみさんとミヒャエルツァルカさんのピアノ演奏、及び国本 佳江さんの朗読でのコンサートがありました。〔今日はというよりも今日もでした)

今回のコンサートは第一部が源氏物語の朗読でそれぞれのシーンに合わせて丹野さんがショパンの曲を行き、第二部が同じく国本さんの朗読でマヨルカ島のショパンとジョルジュサンドの恋の朗読でこれのシーンに合わせてミヒャエルさんがバッハ・ショパンを演奏するという趣向です。

使用されたピアノはフォルテピアノ、スクエアーピアノ、現代のピアノを弾きわけるというものです。

C9wnmasuiaa13z

朗読の国本さんの落ち着いた気品のある物語はそのシーンが浮かんできます。丹野さんの演奏はクールな演奏で和の源氏物語にショパンがピッタリ合います。

源氏物語の趣がある言葉の使い方と国本さんの声がぴったりでそこでピアノも物語に寄り添います。まさに三位一体です。


ミヒャエルさんの演奏はその内容からやや情熱的であり最後の

「マズルカ イ短調」作品17-4 「マズルカニ長調」 作品33-2

は印象的でした。これはショパンとサンドの別れを暗示する部分でした。

今回は演奏、朗読それぞれが理知的で心地良い時間を過ごすことができました。

私は今日はコンサートのはしごで昨日、今日と丹野さん、ミハエルさんの演奏を堪能しました(シャレではないです(^_^;))

以前ソプラノの平井さんのコンサートで朗読と歌曲のコラボがありこれも大変良かったです。

クールな朗読と演奏ってぴったりなのかもしれませんね~

最後のアンコールはモーツアルトのピアノソナタ(?)の連弾でスクエアーピアノでの演奏でした。モーツアルトのフワフワした感じはスクエアーピアノにバッチリですがこのピアノは調整が難しいそうです。

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

贅肉のないバッハ

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの丹野めぐみさん、ミヒャエルツァルカさんの演奏で

ゴールドベルク変奏曲を二倍に楽しむ春の宵

というコンサートに行ってきました。CDなどではゴルドベルク変奏曲はピアノやハープシコードが多いのですが今回は最初の15曲はミヒャエルさんがグラビコードで演奏し後半の16曲以降は丹野さんがスクエアピアノで演奏しました。

これらの音色は印象的で最初のミハエルさんの演奏に使われたグラビコードは今のピアノと比べると響きが弱いですがその分音色が儚く余分な贅肉がなくシンプルですが印象に残る演奏でした。グールドベルク変奏曲にこのテイストは合います。

後半の丹野さんが聴いたスクエアピアノはグラビコードと比べると響きが豊ですがそれでも今のピアノと比べてまだキラキラ感がないという音色でした。

個人的にはバッハにはこれらの楽器(グラビコードとスクエアピアノ)が合うと思いますし、バッハが聴いたのはこんな感じの響きだったのではないかと演奏を聴きながらバッハの時代が聴いていた(と勝手に思い)時代に思いをはせていました。

演奏はシンプルで余計なものがないという感じでこういうバッハの演奏は私の好みに合います。

ちなみに明日も丹野さんとミヒャエルさんのコンサートに行く予定です。

演奏が終わった後少しだけスクエアーピアノを弾かせてもらったのですが私が弾いても元々弾けないので感触を確かめる程度ですがご一緒させて頂いた木本さんはピアニストだけにモーツアルトのピアノコンチェルト20番第二楽章を少しだけ弾いてもらいました。

この音色はバッハもモーツアルトも合いますね~

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

見解の相違はありですね

みなさん、こんにちは
オーディオはこうでなければならないということはなく人それぞれでいいと思っています。例えばオーディオに投資できるお金があるとして何に一番投資するかということがあります。

それはスピーカーが大事です。他がよくてもスピーカーが良くないとシステムは台無しになってしまいます。

いやいやCDプレイヤーでしょう。CDの音をキッチリ拾わないとちゃんと再生できないです

いやいやいややっぱアンプでしょう。CDの音を増幅するときにここがダメだと台無しです。

諸説あります。

私はわかりません(^_^;)

CDプレイヤーでも読み込んだCD情報をアナログに変える部分をDACといいますがDACは日進月歩しているので今高級機を買ってもあっという間に陳腐化するという考えがあります。あっという間ってどのくらいなのかわかりませんがそれでもオーディオ機器には自然な再生を望みます。これはAが正しくBは間違いという類のものではなく自分に合った考えていいでしょう。

私が持っているCDプレイヤーに1998年にリリースされたものがあります。SACDは演奏できませんし、この年代のリリースですからDACの性能は最新機種よりも劣ると思いますが独特のテイストがあり私はこれを手放すことができません。曲によってはメインのCDプレイヤーよりも良く感じることがあります。

オーディオ機器は性能の競争に興味があるわけではないのでCDプレイヤーが自分に合うか合わないかが大きな判断基準です。

DACが陳腐化しても気になりませんね~

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

モーツアルトピアノ協奏曲20番再び

みなさん、こんばんは
今日は通称モーツアルト部の演奏でモーツアルトピアノ協奏曲20番を聴くために茅ヶ崎までいってきました。このモーツアルト部の演奏は3月にも公開リハーサル的な演奏を聴きにいったことがあり今日はこの日以降の練習の成果を楽しみにしていました。3月の演奏は素晴らしいものでしたが今日はそれがさらにブラッシュアップしているわけです。

演奏のメンバーは田中マエストロ、ピアノソロは第一楽章は渡辺ら夢さん、第二楽章、第三楽章は木本あゆみさんでした。渡辺さんのピアノはエネルギッシュで木本さんの演奏は柔らかく同じピアノでもお二人のテイストは違っていましたしこの違いを楽しむことができました、

ピアノを支えるオケは小規模でしたがその分筋肉質で各パートがよりはっきりきこえてきて新鮮でした。

なんといってもピアノもオケもこの曲が好きな人が集まってプロアマを問わず演奏しているので演奏の出来は約束されたようなものです。

このコンサートが終わった後に木本さんのピアノの生徒の発表会があり全部聴かせてもらいました。生徒によってピアノの音色が違うのですね。ソロあり、親や先生との連弾ありと楽しかったですね~

演奏の途中で間違うことがありましたが間違いは気にしなくてもいいでしょう。曲が破綻していなければ間違ってもOKですね~

生徒さん達にはプロになるならない関係なしにピアノは続けて欲しいですね~

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

作曲家達の香気

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの丹野めぐみさんとミヒャエルツアルカさんのフォルテピアノコンサートに行ってきました。

演奏した作曲家は

モーツアルト
コレルリ
バッハ
ショパン

でした。

演奏者は

フォルテピアノ 丹野めぐみさん
同 ミヒャエルツァルカさん
バイオリン アドリアナ アルカイデさん

でした。

フォルテピアノソロ、バイオリンのソロ、バイオリンとフォルテピアノ、フォルテピアノ連弾
アンコールの滝廉太郎の春はピアノ連弾+バイオリン

とバリュエーション豊かでした。

バイオリンのアドリアナさんは音色が豊か&まろやかで素晴らしいバイオリニストだと思いますし、みなさんの演奏はそれぞれの作曲家達の香気を感じてしまうような演奏でした。

ほぼ聴いた事がある作品でしたが生で聴いたことがないので新鮮でした。バッハのバイオリンソナタ、モーツアルトのピアノソナタ、バイリンとピアノのためのソナタ、ショパンの作品群は生で聴けたのは良い経験でした。

良く考えてみると私は色々な音楽を聴きますが生で聴いた事がない曲が多いです(^_^;)

終演後丹野さんとご挨拶できたのはよかったでした。
ミヒャエルさんとアドリアナさんとご挨拶出切れば良かったのですが・・・(外国語はトホホですが)またきっと演奏を聴く機会があるでしょう。

ということで今日の演奏会は作曲家の香気を感じた演奏でした。

丹野さん、ミヒャエルさん、アドリアナさん、ありがとうございました。

Megumi20170414thumb300x424_2

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

歌う思い出に行ってきました

みなさん、こんばんは

今日はフェイスブックのフレンドの福田美樹子さんの歌う思い出というタイトルのコンサートに行ってきました。メインは

 

ソプラノは福田美樹子

ピアノはアントワーヌ パロック

 

でここに合唱団の合唱が入ります。

 

今回は福田さんは何のリミッターもなく歌われている感じでよくソプラノの人が声を張り上げるとけっこう耳に来るということがありますが福田さんの場合は全く耳の来なく心地良く感じました。歌はどの曲もチャーミングで福田さんにはフランス歌曲は淑女というイメージを私は勝手にもっていますがジプシーになったりイメージが変わりますがそれだけ引き出しが多いのでしょう。福田さんのイメージは薄いブルーの衣装のイメージがありますがジプシーになったときは燃えるような赤でそこにいたのはキュートなジプシーでした。踊りも素晴らしいものがありました。ほとんどがまだ勉強が足りないのでこの曲がいいとかはいえないのですがプーランク&ボノーの歌う思い出が印象に残りました。

 

また今回は字幕が演奏と同時に表示され歌を味わうことができました。

日本語訳を見る度に不思議な曲想に惹かれますね。曲が出来た背景だと知りたくなります。

パロック氏のピアノは低音は力強く高音はキラキラと真珠のような感じがして素晴らしかったです。機会があればドビュッシー弾いてください(^_^;)<私のわがまま

 

また私事ですが現在ラシーヌを絶賛練習中なので今回の合唱団のラシーヌは素晴らしかったし参考になりました。

 

福田さんのCD歌う思い出にはフランス語の歌詞と日本語訳がありこれらの勉強が不足していましたので徐々にキャッチアップしていきたいと思います。

今日は宿題を考えなければならなかったので懇親会には出たかったのですが、泣く泣く不参加でした。

福田さんにはご挨拶したかったのですが失礼させて頂きました。

福田さん、パロックさん、合唱団のみなさん、良い時間をありがとうございました。
またコンサートを支えてくださった方々にも感謝申し上げます。


Zap2_g5825893w

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

言葉の壁〔改訂版)

みなさん、こんばんは
クラシックで歌詞がある曲があります。
オペラ、カンタータ、ミサ曲、レクイエムなどなどです。

歌詞は日本語ではなくドイツ語だったりフランス語だったりイタリア語だったりラテン語だったりします。一般的な人は曲を聴いただけで何を言っているのか全くわかりません。

しかしながらこれらの曲は良い曲が多いので歌詞が何言っているかわからないという理由だけで避けるのはもったいです。〔聴いてもらわないとバッハが泣きます(^_^;))

言葉というのは意志や事柄を伝達するためには有効なものですがそれでも人間から湧き出るものの一部しか表すことができないので歌詞がわからなくてもその曲を聴けば自分なりの感じ方で聴くことができます。

言葉がわからないという理由だけで避けなくてもいいでしょうし、

言葉知らないとダメだよ

ということはなく自分なりの感じ方で鑑賞すればOKだと思います。その中で気に入ったものや気になったものをネットなどで歌詞を調べたりその日本語の意味をチェックしたりすればいいのですね~

私たちはそれぞれに何に対して多くの時間を割くのかは人によって違います。私の場合はバッハのカンタータの意味を知るよりももっと大切なことがありこれに時間を割きますし特に歌詞の内容を知りたいと思った曲は少しチェックする程度です。今は・・・・

ということで私はバッハのカンタータやシューベルトの歌曲をよく聴きますが一言一句何をいっているか理解して聴いているわけではありませんしわかりませんが自分なりに味わっています。

言葉がある曲でいい曲はたくさんあります。
言葉を知らないというだけで臆することなく興味があるものは積極的に聴いたほうがいいと
おもいます。

こういう趣味にはウンチクを語る人もいますが興味があれば参考にすればいいでしょうしなければそんなものは無視して音楽を聴くことに時間を費やしたほうがいいでしょう。感じ方は人それぞれですからね。

自分なりのスタンスで音楽を愉しみ自分なりの何かを感じるのがよい時間を過ごせるのではないかというスタンスで言葉がわからない曲を聴いています。

| | コメント (0)

2017年3月23日 (木)

曲良し、歌良し、しかし・・・・

みなさん、こんばんは。
以前不思議な経験をしました。コンサートで千の風になってを聴きました。
これは我が国では秋川雅史さんが歌ってヒットした曲です。

秋川さんはこの曲を情感をあまり込めていないように歌っており表情もどちらかというと力強い表情で歌われていますがかなり心に染みます。

秋川さんは作詞の新井満さんにこれが売れても喜んではいけないよと言われたそうでおそらくですが売れるために感情のツボを狙って歌っているのではないと思っています。キチンと演奏できる人が愚直に曲に向かっているから聴いていると感動があります。

私がライブで聴いた時は歌手は秋川さんではありませんでした。同じ曲で変な(失礼)アレンジはなしで歌手はプロのテノールの人でした。これだけ揃うと感動は約束されたものですが聴いてみると何の感動もありませんでした。

声はいいし歌はもちろん上手で演奏は失敗でも下手でもありませんでした。

でも何の感動もありませんでした。

これは本人はそういう意識があったかどうかわかりませんが私は歌手のあざとさを感じただと思います。

これは亡くなった人がずっと自分が愛する現世にいる人を見守るという歌〔原曲は知りませんが新井満さんの詩ではそのように読めます)で愚直に曲に向かいあうべきでした。歌を歌う人がここで泣かしてやろうとか計算しはじめると曲のすばらしさが色あせてしまいます。

話は変わって・・・・

私はピアニストではロシアのピアニストのマリアユーディーナのバッハの演奏に惹かれます。

マリアユーディーナは当然に華麗なピアノ演奏のテクニックを身につけていますがバッハの曲を演奏するときはこれらのテクニックをひけらかすことなく愚直にバッハと向き合っているように演奏を聴くと感じます。まさにバッハを信仰する修道女が一心不乱にバッハと向き合って演奏しているという感があり一切の虚飾を排して演奏をしているように感じます。

プロと呼ばれる人はそれなりのテクニックを身につけ曲にも精通しているので聴きどころとか聴衆が感動する箇所などは熟知していることが多いですがそれがあざとさとか計算が加わるとその演奏では感動させることはできないでしょう。

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

今日はバッハ

みなさん、こんばんは
宿題に期日が迫っているにもかかわらず昨日と今日と現実逃避をしています。

もうすぐバッハの誕生日ということでBach in the subwaysというイベントに参加してきました。

場所は新丸ビルの7階エレベータ出たところでした。

17103579_1603660546316581_9155695_2

曲はフェイスブックのフレンドのソプラノの萩原雅子さんが歌う

ヨハネ受難曲BWV 245よりIch folge dir
カンタータ Offne dich,mein ganzes Herze BWV61より
カンタータ Wir eilen mit schwachen doch emsigen Schritten BWV 78より

です。ピアノは豊永武さんです。

萩原さんの歌は以前何度か聴いたことがありきっとバッハの宗教曲はバッチリ合うと思っていましたがその通りでした。

バッハの宗教曲を生で聴いたのはほぼ(ちょっと微妙な表現ですが)初めてなのでかなり印象に残りました。私の中ではヨハネはマタイよりも距離が遠いような感じがしましたが今日の演奏を聴いてヨハネももっと聴いてみようと思っています。

カンタータはカールリヒター指揮の26枚ボックスがあるのでじっくり味わいたいと思っています。

次に泉里沙さんのバイオリンのソロで無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ
第2番ニ短調、BWV1004よりシャコンヌが演奏されました。

バイオリンの音がか弱くなくしっかりと演奏されていました。

これも良い演奏だと思います。

その次がソプラノの清水梢さんの演奏で

ヨハネ受難曲より、融けて流れよ、我が心よ、涙溢れる湖の中に
(急に日本語になりましたがキーボードで入力の仕方をしらない文字がドイツ語で出てきたのでやむを得ないということで・・・・(^_^;))

清水さんは去年の新年会の演奏会でモーツアルトの

Vesperae solennes KV339

を演奏したときにソロを歌いその時の歌声が印象に残っています。

今回は期待通りでした。

またテノールの金沢青児さんとの二重唱があり

オルガンは重岡麻衣さん

でそこに教会があるようでした。

最後にこのために結成された合唱団がモテット 主に向かいて新しき歌を歌え BWV225

です。去年8月から練習をしており練習の成果がでました。相当練習されたと思いますし清水さんが指導にご尽力されたと思います。

またコンサートの間これもフェイスブックフレンドの太原さんがずっと裏方をやっていて演奏者が歌えるような状態をキープするために動き回っていて最後は合唱団の一員として合唱に参加されていました。

今回の会場はコンサートホールではなく通常のお客さんの通路で鑑賞するので条件が良くはなかったのですが太原さん達のおかげでキチンと鑑賞することができました。

バッハのこれだけの生演奏を聴くのは初めてで、みなさんの演奏もよく熱演でした。

良い時間を過ごすことができました・・・・

みなさん、良い時間をありがとうございました。

話はここで終わらずにこの後宿題をなんとかしないといけないので懇親会には出たかったのですが頭を現実路線に切り換えて脱兎のごとく帰宅したのですがまだ夢心地でまだ宿題やる気がでません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«音楽を紡ぐ人達