« 明けましておめでとうございます | トップページ | BOφWY »

2006年1月 1日 (日)

IKEMI導入記

みなさん、こんばんは。ここ一年くらいはマランツのSA8400とSTAXで音楽を不満なく聴いてきました。ところが秋くらいからなんとなく不満が出てきました。何か不満なのか言葉では説明できないのですが、確かによく鳴ってくれるのですが音楽を聴いていて何かのめり込めずに客観的に聴いている自分がいるのですね。そこで機器の買い換えを考えました。STAXのほうは私は現状ではこれ以上のものは知らない(きっとあると思いますがイヤースピーカーはこれで打ち止めにしたいと思います)ので、これは固定。もっともドライバーの007tを幻のアンプのT2という化け物に取り替えるという発想はありますがT2そのものが滅多に出てこないのでやはりこっちは固定ということにしています。

ではCDPを買い換えることを検討しましたが、なんといっても商品知識がないので何を買ったらいいのか全然わかりません。また買い換えたからといってこの不満が解消できるかどうかわかりません。まずCDPの相場を知ることから始めました。当初SA8400を購入した時は商品知識があったわけではなく、何も知らずに試聴してお財布と相談してこれに決めただけなので今回は最初から気合いを入れて調査しました(^_^;)

調べてみると、20万円、30万円クラスがゴロゴロで海外製品を入れると結構な種類になります。とりあえず20万円クラスを試聴すると

♪~♪~♪

全然違いますね。

ESOTERIC
アキュフェーズ
デンオン
マランツ

を聴きましたが当然にSA8400とか次元が違います。それでも自分自身の感覚とは違和感があり無理に買い換えなくてもいいかな~(^_^;)

とやや諦めの気分でした。

これは決してこれらの製品がダメということではなくあくまでも私の感覚にマッチしなかったということです。それぞれの情報量は素晴らしいものがありました。

去年は秋まで激務の連続だったので自分にご褒美という意味でちょっと高くでもいいと思って予算は十分(笑)にとったのですが、どうもピンときません。そこでふとみると一見ショボく見えるものがありました。LINNのGENKIというCDPだったのでこれを試聴させてもらいました。いままで聴いた中ではこれが一番ピンときました。

最初はこのGENKIが第一候補でした。ところがさらに調べてみると同じLINNからIKEMIというCDPが出ています。これ自体は発売されて5年以上経っておりSACDを聴くことができないことや、値段が十分な予算(笑)を超えているのですね。なんとGENKIの2倍(^_^;)

ちょっとGENKIがなくなってきます(^_^;)

そうはいうものの、きっと自分自身の性格を考えると今GENKIを買っても近い将来きっとIKEMIを買う可能性が高いし、それを考えると一気にIKEMIに逝ってみよう・・・自分へのご褒美Version UPということでIKEMIを購入しました。

Ikemi

12月29日にIKEMIが届いて、早速電源を入れたのですが当初は8400と同じじゃん(^_^;)
という感じで正直がっかりしたのですが段々聴いているうちに本領を発揮してきたみたいです。まだ聴き始めてそれほど時間が経っていませんが、以前よりものめり込んで聴いている自分がいます。

SACDも聴けないCDPにこんな投資をするなんて・・・

という考えもありますが今もっているソースのほとんどがCDであること、SACDが聴けるCDPは間違いなく同じ価格帯のCDの能力はCD専用機のほうがまさる(ちょっとショックだったのは20万円台のCD専用機のCDの音の方が60万円のSACD+CD再生機よりも
音が良かったでした(^_^;))

という理由で後悔はしていません。

年末年始は音楽聴きまくりです。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | BOφWY »

コメント

トラックバックさせて頂きましたが、SACDが気になっています・・・
けど、

> 20万円台のCD専用機のCDの音の方が60万円のSACD+CD再生機よりも
音が良かった

というのは、超重要な情報です・・・
今、私が使っているのがDCD3500という、デノン(当時デンオン)の20万クラスプレーヤーなのですが、SACD再生可能機とリプレースは難しそうですね。

いずれにせよ、自宅でじっくり試聴したいです。

投稿: やまりゅ~ | 2006年1月14日 (土) 22時20分

やはり値段が同じであれば、一つの筐体にCDのみの機能とCD+SACDの両方の機能を詰め込んだものとはCD単体だけでは前者のほうに軍配があがるでしょうね。デノンはCDプレイヤーですが最近試聴したことがあります。中音がよく出ていて聴きやすい
(これをデノンっぽいというらしいですが)ですね。デノンに比べるとアキュフェーズとかエソテリックは音がくっきりしすぎるという感じ(この辺りは全くの好みです)ですね。

本当はもっとSACDが普及して、SACD専用機なんてものができるといいんですけどね。

投稿: 小林二郎 | 2006年1月15日 (日) 21時49分

こんばんは。
小林さんのblog&コメント、参考にさせて頂きました。

デンオン(現デノン)は、価格の中ではどっしりサウンドだと思っています。
アキュフェーズなどは、解像度重視系の、オーディオマニア受けするサウンドかなぁと。

投稿: やまりゅ~ | 2006年1月18日 (水) 22時08分

やまりゅ~さん、こんばんは。オーディオは最終的には好みが大きいですから自分自身の音楽の方向性と機器の方向性が合っているかどうかがポイントになりますね。IKEMIは中味がスカスカで重さは5㎏ありません。SACDを重視されるとよくわからないのですがCDだけだったら

アキュー
デノン
エソリテック(X30UV辺り)
LINNのGENKI

辺りを聴いて自分の方向性と機器の方向性をチェックしてみるといいかもしれませんね。

投稿: 小林二郎 | 2006年1月18日 (水) 22時16分

もう機器を決められていたんですね。映像も見ることができるというのは良いですね~

投稿: 小林二郎 | 2006年1月18日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IKEMI導入記:

» SACDを聴いてみた [やまりゅ~のブログ]
オケ(パイオニア交響楽団)の練習を無事に終え、池袋駅での特急待ちの時間。 西武デ [続きを読む]

受信: 2006年1月14日 (土) 22時16分

« 明けましておめでとうございます | トップページ | BOφWY »