« やっぱり糞耳ですた(^_^;) | トップページ | 幻想交響曲 »

2006年4月29日 (土)

子供の頃の慣性

みなさん、こんにちは、現在アンプとスピーカーを揃えるべく毎日が吟味の連続です。吟味とはいっても毎日オーディオショップで試聴しまくっているわけではなくまずは商品知識の収集、分析です(なんか外務省みたいな言い方ですね(^_^;))

オーディオは高校生の時にハマッたのですが当時の情報はオーディオ雑誌で評論家が良いと思われる組み合わせが良いと信じていました。また高校生ですからそんなに高価なシステムを買えるわけではなく経済的に制限があります。まあこの制限は大人になっても常につきまといます。具体的な組み合わせをここで書くと差し障りがあるので伏せますが評論家推奨セットはひどい音のものが多く当時の高校生の私でも聴くに値しないものでした。そこで当時の私が選んだセットは

アンプはラックス
スピーカーはなんちゃて自作(^_^;)
ターンテーブルはビクター
チューナーはトリオ
デッキは知り合いから安く譲ってもらったもの

で当時の高校生の出費としては破格の25万円くらいだったと思います。スピーカーはヘロヘロでアンプにはかなり奢ったと思います。もっとも当時はターンテーブルの重要性などは全然わかりませんでした。そのうちにこのスピーカーでは不満が出てきて大学生になってからスピーカーを買い換えました。試聴したJBLは衝撃的でジャズは当時の私の耳では生でした。クラッシックはちょっと・・・アレでしたがジャズは本当に衝撃的でした。このスピーカーが欲しかったのですが稼ぎがない学生では1本5万円以上のスピーカーなんて買えるはずはありません。では破格の25万円のコンポを購入した時に高校生はどうやって資金を捻出したのかというと、実は当時大学受験だったのですがこの時に幸いにも滑り止めに落ちて(笑)第一志望の地元の国立(費用が少ない(笑))に合格しました。それで親と交渉して滑り止めの大学に払っていたであろう費用をもらいますた(^_^;)

大学生になりアルバイトで買えるようなスピーカーということでまた懲りずにオーディオ雑誌で情報を得て試聴をしたのですが、どうも私の慣性に合わないのですね。

で結局今は亡きオーレックスのスピーカーを買いました。

時は流れて大人になってオーディオを復活させた現在はオーレックスはおろかテクニクスローディー、トリオ、パイオニア、ダイヤトーン、ビクターなどなどの国産の雄は撤退ないしは縮小されており特にスピーカーでは壊滅に近い状態になっています。

私はオーディオを中断している間にラックスはオーナーが変わり、アキュフェーズ(これはつい最近まで知りませんでした)が興され、メーカーを飛び出した技術者が作ったメーカーが設立され・・・・とそれでも色々な動きがあったようです。

話を現在に戻して、何を買おうかな~と思っておりオーディオ雑誌をとりあえず情報源にして候補を絞っています。今はとりあえず大人になったのでオーディオ雑誌が広告主からの広告で成り立っているという大人の仕組みは理解できているので、

広告主の悪口は評論家の人はきっと書けないだろうな・・・・

と思いつつ、その記事の信頼性の程度をチェックしたりあるいは広告を出していないガレージメーカーの機器でも良いものがないかチェックしています。アンプはラックスのL590Aに惹かれていますがスピーカーがまだ全然決まりません。(^_^;)

まだまだ続く修羅の道(笑)

|

« やっぱり糞耳ですた(^_^;) | トップページ | 幻想交響曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃の慣性:

« やっぱり糞耳ですた(^_^;) | トップページ | 幻想交響曲 »