« あるCM | トップページ | セルジオメンデスとブラジル66 »

2006年6月21日 (水)

セッティングって大切ですね

みなさん、こんばんは。サブシステムのLUX580+DALIメヌエット2はよく鳴ってくれますが実は最近あることに気づきました。STAXで聴いているとよく聞こえるシンバルのような音が全然聞こえません(^_^;)

まあそれでもあまり気にしなければいいか・・・・(^_^;)

と思っていたのですがやはりシンバルの音が入っているのに聞こえないというのはちょっとアレなので、メヌエット2のセッティングを再チェックしました。リファレンスにつかったのはシンバルとかパーカションなりまくりのラテン音楽のセスジオメンデス+ブラジル66です(^_^;)

私のスピーカーの環境はニアフィールドを絵に描いたようなもので、仕事場の机の上にスピーカを置いています。距離は1メートルくらいでしょうか。

まず壁から若干スピーカーを離し、インシュレーターを4点支持していたのを3点支持にして向かって左のスピーカーの向きを若干変えて・・・・スピーカーの周りのものを整理して・・・

これで聴いてみると、以前よりもパーカッションやシンバルが聞こえてきました。またこうなると今まで聴いていた音楽もよく聞こえてきます。まあ、スピーカーのエージングもまだまだなのでこに時期にあまりセッティングに時間はとりたくないのですが、とりあえずシンバルがなってくれてホッとしました。

セッティングってあまり病的になると本末転倒ですがそれでも大切なんですね。

|

« あるCM | トップページ | セルジオメンデスとブラジル66 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セッティングって大切ですね:

« あるCM | トップページ | セルジオメンデスとブラジル66 »