« 本領発揮 | トップページ | マーケットスケール »

2006年12月 2日 (土)

地獄に陥らないために・・・

みなさん、こんばんは。子供の頃からオーディオに浸っていましたが大人になって再びオーディオに戻ってきた時に改めて気付いたことがあります。それはオーディオは何をしても変わるということです。

ケーブルを変えても、タップを変えても、機器の下のインシュレータを変えても何をしても変わります。さらに始末に負えない(というほどでもないんですけどね(^_^;))のは例えばパソコンだとCPUをアップグレードしたとかメモリーを増設したとかでハードの性能が上がるとそれに伴ってその恩恵を肌で感じることができますがオーディオはハードの性能を改善させてもそれが機器から出る音でのみしか評価することができないので、かえって好みに合わないということも少なくありません。

そこで、ケーブルをとっかえひっかえみたいなことを最初から繰り返していると変わったのはわかるけどどれが自分の好みなのか目的がない状態での模索ということになり、投資の割には効果がない或いはわからない(なんか経営の話しているみたいっすね(^_^;))ということになります。

そこで、こういう地獄に陥らないためには、まず機器を買ったらケーブルも何も変えないでしばらく付属のものを使い込みましょう。付属というと大したものではないような気がしますがメーカーはその機器の音決めを付属品を使って決めますから、まずメーカーが意図した色づけを味わうことがポイントになります。色づけを把握した後で

もっと低音を締めたい
音がちょっと平べったい

などの「もうちょっとなんとかならないかな・・・」という不満を解消するためにアクセサリーを使うようにしたほうがいいですね。但し、アクセサリーには過大な期待は禁物で、どんなアクセサリーを使ってもエントリークラスの機器がレビンソンになったりゴールドムンドになったりはしません(^_^;)

また、オーディオをやる人の多くは音楽を聴きたいということで機器を揃えるのだと思いますので、なるべくソフトを買ったほうが幸せになれると思います。

決して機器に階級の証を求めてはいけません(笑)

|

« 本領発揮 | トップページ | マーケットスケール »

コメント

はじめまして。

オーディオ革命人といいます。
mixi経由で、こちらの
ブログに来させていただきました。

確かに私の周りにも「オーディオ地獄」でもがいてる人が
たくさんいました。

そういった人たちを一人でも多く救いたいと
思って活動しています。

小林さんと共感できる部分があるのかと思い
コメントさせていただきました。

投稿: オーディオ革命人 | 2006年12月16日 (土) 18時03分

オーディオ地獄へ落ちないために

はじめまして、皆さんはスピーカーから出る音には前から出る音とスピーカーの後ろから出る音が互いに逆の極性であることはご存知かと思います。

そしてアンプには入力に対して正相出力するアンプ(偶数段増幅器)と逆相出力するアンプ(奇数段増幅器)がありますね。

それから、市販されているCDやレコードの極性が統一されておらず、バンドごとに極性が反転しているのも事実ですね。

このことを理解せずに器機のチュウニングをやっても迷路に陥るばかりです。

ですから、先ずお気に入りのソースが正しい極性かどうか聞き分けて正しい極性でスピーカーが鳴るようにしてから、いろいろな調整をやるようにしてください。

そうすれば、すくなくとも地獄(迷路)には落ちないでしょう。


投稿: オーディオ好人 | 2006年12月19日 (火) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄に陥らないために・・・:

« 本領発揮 | トップページ | マーケットスケール »