« 地獄に陥らないために・・・ | トップページ | 寝起きが悪いけどすごいかも・・・(^_^;) »

2006年12月 9日 (土)

マーケットスケール

みなさん、こんにちは。以前のだめカンタビレーという漫画を見てこれは面白いと思いました。いつの間にかドラマ化したのですね(^_^;)
ドラマはまだ観ていないのですが、ベートーベンの交響曲7番がこのドラマで取り上げられているみたいです。7番のことは以前少し触れたことがありますが骨太の大変良い曲です。
残念なことに、クラッシックは英雄、運命、田園などのタイトルがついているものはよく取り上げられますが、何もタイトルがついていないものはイマイチネームバリューが乏しいようであまり取り上げられません。

コンサートでもCDでも、運命&田園というとそれなりのセールスを期待することができますが7番&8番というと残念ながらあまり期待することができないのかもしれません。

では、タイトルがついていないものがつまらないのか、作品的にも品質が劣るのかというと決してそうではありません。ベートーベンの7番、8番は決して運命や田園には劣らないですし、モーツアルトのピアノ協奏曲23番は戴冠式には劣りません。

その意味で「のだめ」で7番が取り上げられているのは良いことですね。

あるいはエビちゃんとかもえちゃん辺りが

いま、ベートーベンの8番にハマっているんですよね!!!
7番の第二楽章を聴くと神聖な気持ちになれるんですよね!!

などというといいんですけどね(^_^;)

先日雑談で「運命」の話が出ました。あの「ダダダダア~~ン」というところは知っていても全部聴いたことがある人はあまりいないようです(笑)
「運命」はあの冒頭の有名な部分はもちろんですが、第二楽章以降も決して劣るものではありません。

・・・・とこれを書いていていま聴いているのはスガシガオさんだったりします(^_^;)

|

« 地獄に陥らないために・・・ | トップページ | 寝起きが悪いけどすごいかも・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーケットスケール:

« 地獄に陥らないために・・・ | トップページ | 寝起きが悪いけどすごいかも・・・(^_^;) »