« アンプ(^_^;) | トップページ | コンサート »

2007年1月14日 (日)

優雅に浸ることにしましょう

みなさん、こんにちは。モーツアルトのピアノ協奏曲の最初のものはなぜか5番から始まります。これはモーツアルトが17歳の時に作られたもので、奥が深いというよりも大変きらびやかなものです。また、躍動感もありこれを聴くと元気がでます。元気が欲しい時にはお勧めの一品です。

音楽は聴き手が何を聴きたいのかによります。奥が深いものをじっくりと聴きたい時もあればキラキラと輝くものにつつまれて至福の時を過ごしたいという時もあれば、緊張感があるものを聴きたい、あるいはエレキガンガンというのも聴きたい・・・ケースバイケースです。

モーツアルトがこれを作曲した当時はきらびやかなものが好まれていたそうです。またこの第三楽章は後に(9年後に)ウイーンの聴衆のために第三楽章が新しく書かれています。

元々の第三楽章も良く、こっちも良いです。曲の流れからは私の個人的には元々の第三楽章のほうが勢いがそのまま現れていてマッチすると思いますが、9年後に書かれたものはよりゆったりしているのでこっちもいいです。

これを聴いたあとはブレイド3のDVDを観ようと思っています(^_^;)

|

« アンプ(^_^;) | トップページ | コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優雅に浸ることにしましょう:

« アンプ(^_^;) | トップページ | コンサート »