« 目と目が合っちゃった2(^_^;) | トップページ | 普通の人の視点・・・(^_^;) »

2007年4月 8日 (日)

交響曲1番

みなさん、こんにちは。ベートーベンの交響曲はクラッシックの交響曲の中で一番有名ではないかと思います。その中でも5番の運命は最後まで聴いたことがなくても冒頭の

だだだだ~ん

というのは誰でも知っているといっても過言ではないでしょうか。

凄いものですね。特に

3番英雄
5番運命
6番田園
9番合唱

とタイトルがついているものが多く色々な作曲家の交響曲の中で燦然と輝きます。交響曲はもともろオペラの幕間に演奏される曲で例えていうと二本立ての映画で一本が終わった後でスクリーンにカーテンが降りてきてその間に音楽が流されますがそんな感じでしょうか。

それを1つの確立したジャンルにし芸術性を究極までに高めたのがベートーベンだと思います。

ではタイトルがついていない、1番、2番、7番、8番は地味でしょぽいのかというとそんなことはありません。7番、8番は運命や田園と比肩すると思っています。

今回は1番をじっくり聴きました。まさにモーツアルト的というかもしモーツアルトがあと10年長生きして不遇でなかったらこんな感じの曲を作ったのかもしれませんね。ベートーベンの初期の頃はモーツアルトなどの影響を受けておりベートーベン、ベートーベンしていませんがそれでも随所にベートーベンらしさを感じます。変な例えですがモーツアルト80%ベートーベン20%という感じでしょうか。

たまにはベートーベンの初期の古典派っぽいものを聴くのもいいものです。

|

« 目と目が合っちゃった2(^_^;) | トップページ | 普通の人の視点・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交響曲1番:

« 目と目が合っちゃった2(^_^;) | トップページ | 普通の人の視点・・・(^_^;) »