« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日)

IKEMIとMERIDIAN588

みなさん、こんばんは。CDPは以前自分自身へのご褒美ということでLINNのIKEMIを思い切って購入しました。IKEMIについては不満はありませんが、実はこの時にMERIDIAN588にも大きくひかれていました。こういう状況下でIKEMIを選んだのは実はIKEMIの音を聴いたからです。そのときMERIDIAN588の音は聴いていなかったのですが是非どんな音がするのか聴いてみたいという思いはありました。

結局その時にはMERIDIAN588とは出会うことができずに、IKEMIを購入しました。

ところが最近588の中古をちらほらと目にするようになりました。

欲しいという感情もありますが(って既にIKEMIとマランツSA8400があるのにCDPだけ何台も持っていてもしょうがありません。耳の数は限られています(^_^;))それ以上にどんな音がするのか聴いてみたいです。

でもきっと最初にMERIDIAN588を買っていたら今頃はIKEMIってどんな音がするか聴いてみたいです・・・・といっていたでしょうね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月26日 (土)

テレサ・テンさん

みなさん、こんばんは。今日はテレビでテレサ・テンさんの特集をやっていました。私とテレサ・テンさんの出会い(といっても本当に会ったわけではありません(^_^;))はカラオケでした。

一緒にいった女性社員がカラオケで別れの予感、つぐない、大空港を歌っていました。その人の歌はそれほど上手ではありませんでしたが、一生懸命しかも率直に歌っていたのでなにか印象に残っていました。その後何度かカラオケのシーンではその女性社員も一緒で彼女はテレサさんの歌が好きなようでその都度歌っていました。

けっこう印象に残っていたのでこの歌のことを彼女に聞くとそれはテレサ・テンさんに歌だと知りました。その意味では私の中のオリジナルはテレサさんではなくその彼女の歌がオリジナルだったのですね(^_^;)

なかなかテレサ本人の歌唱をじっくり聴く機会はなかったので今日の特集はくすぶっていた興味がさらに膨らむことになりました。

まず声が本当に綺麗でただ綺麗だけではなくそこに憂いとか艶とかが溶けているという感じの声です。さらに口から発せられる言葉が本当に情感をもって耳に届きますね。

残念ながらテレサさんは短い生涯を閉じてしまいますが、もっと聴きたいですね。
機会があったらCDをじっくり聴いてみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ちあきなおみさんと中森明菜さん

みなさん、こんにちは。私は中森明菜さんのファンなのですが今の中森明菜さんははっきりいうと声量が落ちてしまいちょっとアレな感じがしますがそれでもさすがにバラードは聴かせてくれます。先日ちあきなおみさんのCDをゲットして聴いているのです。両方聴くと同じ方向にあると思いますが、それでも上手だと思っている中森さんのず~っと先にいるような感じがします。

段々と気候がよくなってきますが、それはSTAX使いには辛い季節になってきますね。

特に私はL580を筆頭に007t、717と発熱機が3台もあります(笑)

どこかのメーカーで冷房機能付きのアンプ作ってくれないかにゃ~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月22日 (火)

あしゅら男爵

みなさん、こんにちは。あしゅら男爵ってご存じでしょうか?

そうそう、きっとアニメヲタクの方はおぼえていらっしゃるでしょう。あの永井豪さんの伝説の漫画であるマジンガーZに出てくる人で体の縦半分が男性で半分が女性という永井さんらしいキャラです(^_^;)

実は昨日はちょっとあしゅら男爵になってしまいますた・・・・

出張先のトンカツの和幸で夕食を食べている時のことでした。私の左側からモーツアルトのフルート四重奏曲1番がなんともいえない軽快なメロディーで流れてきています。これはお店が入っているデパートが流している音楽です。

なんか軽やかになっていいな~

と思っているところに右から雅楽が流れてきました。私のポジションからは両方聴こえるのですがこの違う局が別々の聴くことができるというのはけっこう微妙なもので落ち着かないですね。

最終的にはトンカツを味わうことができなくなってしまいました。

夕食を食べる時にあしゅら男爵の男性と女性とが食べたいものが違ったり、聴きたい音楽が違う時はどうするのかな~

などとふと考えてしまいました(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

MERIDIANってスピーカも作っていたんですね

みなさん、こんばんは。今日は仕事が一区切りついたので地元のHard offに行って来ました。スピーカーをみていたらMERIDIAN社製のスピーカーが中古で13万円くらいの値段がついていました。MERIDIANというとCDPをLINNのIKEMIに買い換える時に最後まで候補に残ったもので当時はどちらかというとIKEMIよりもMERIDIAN 588に傾いていました。

ということでいまでもMERIDIANと聞くとちょっと心に響くものがあります(^_^;)

この会社はCDPとアンプくらいの認識しかなかったのですが、今日このスピーカーを見てちょっとびっくりしました。ブツ自体はけっこう古いものですがどんな音がでるのか聴いてみたいですね~

まあ、STAXも昔は色々なものを作っていたのでMERIDIANもスピーカーを作っていても不思議ではありません。LINNは今でも一通り作っていますからね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

ちょっと本領発揮

みなさん、こんばんは。今日は偶然に隣の家族とばったり顔を合わせました。どうも外出のようです。・・・・で隣の家族がいないので少しいつもよりもサブシステムのボリュームを上げてみました。

DALIのメヌ2は良い鳴りっぷりでボーカルが前に出てきてググッと心に響きます。サブシステムは

マランツSA8400+メヌ2+LuxmanL580

という一般的な組み合わせです。

これは非常に滑らかで(別の言い方をするとハイスピードではないともいえます(^_^;))音楽をゆったりと聴くことができます。

いままではあまり自覚してはいなかったのですがメヌ2はなかなか良いスピーカーであることを再認識しました。

またSRM717は最初は少し物足りなさがありましたがエージングのせいかなのか(中古買ったんですけどね~(^_^;))段々と個性を発揮してきたような感じです。メインはSRM007tと717の両巨頭が日替わりで楽しませてくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月18日 (金)

今夜、君の声が聞きたい・・・・

みなさん、こんばんは。いや~、ここ2ヶ月くらい仕事の方は修羅場で土日なし、GWなしという状況で毎日家に帰り着くのが遅く、コンビニやスーパーで夕ご飯を買って食べることが多いです。今日みたいな金曜日にふと周囲を見ると

みんな楽しそうにやっているな~

というグループや手を繋ぎながら楽しいそうに歩いている男女が目につきます(男同士で手を繋いでいたらちょっとアレですよね(^_^;))

まあ好きでやっている仕事なので自分自身がみじめにはなりませんがそれでも人並みの幸せが欲しいと思うことがふとあります。土曜に秋葉原にいってオーディオ機器物色したいな~というように自分自身のために時間を使いたいものです。

こういう真っ直中にいると柴田淳さんの 「今夜、君の声が聞きたい」をむしょうに聴きたくなります。まあこの主人公ほど私は大変ではなく繊細でもありませんがそれでも自分を重ねる時があります。

ゆっくり眠れる日が来るのでしょうか?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

作って欲しいもの(^_^;)

みなさん、こんにちは。企業というのは自社が供給するものの質が良くて値段がリーズナブルであるというのが一般的な形ですがどうもオーディオメーカーはそうでないところが多いですね。

最近はあまり驚かなくなったのですが、オーディオボードが数万円とか一見すると単なる板ですがこれが数万円・・・・・って

と思ったことがありました。まだこれなんかかわいいほうでゴールドムンドのCDPで6百万円するものもあるそうですね。

みなさん、600円ではありませんよ、6百万円です。もちろんCDPを買っただけでは音楽を聴くことはできませんから他にも機器を買わなければなりません。

こんなビジネスをやっていると企業として危うくなります(^_^;)<って余計なお世話だ!!

やはりゴールドムンドのブランドで高価なものもいいですが、まず私としてはCDラジカセを作って欲しいです。もちろんムンドの香りがするものであることはもちろんでできたら5万円くらいでお願いします・・・・・って誰にお願いしているのでしょうか?(笑)

少しくらい機器に中に入っているスイス製の空気は少なくても構いません(^_^;)

次に作って欲しいのはムンド製のMP3プレイヤーです(^_^;)
もちろんイヤホーンもムンド製です。

税込で52500円くらいだときっとiPodなんか目ぢゃないと思います。

これを読んだムンドのマーケッティング担当の人は是非社内でプレゼンしてください。

必要であれば私もプレゼンに参加してもいいですから・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

ファンといっても・・・・・

みなさん、こんばんは。私はモーツアルトやベートーベンだけではなくJPOPもよく聴きますしお気に入りの歌手は何人かいます。まあいわゆるファンですがファンといっても色々なパターンがあります。アーチストを追っかける(笑)、まとわりつく(笑)という方もいらっしゃると思いますが、私の場合はそのアーチストの性格、発言などアーチストそのものにはそれほど興味があるわけではありません。

例えば、鬼束ちひろさんや古内東子さんは私は歌った姿を見たことがありません。(^_^;)
それでも歌は気に入っています。

もちろん自分の気に入った歌を歌うアーチストには売れて欲しいと思いますし繊細な歌を歌う人には繊細であって欲しいと思いますが、こればかりはわかりません。(^_^;)

もちろんファン倶楽部に入っているわけではなく、コンサートも何度もいっているわけではありません。時々生の歌を聴きたいと思いますがなかなかタイミングが合いません。

その意味ではいくらこのCDが好きだといっても、それほどコアなファンではないのでしょうね。(よくいうと作品主義(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

ブラ2

みなさん、こんにちは。ブラームスは4曲の交響曲を作りました、ブラームス歴は私は浅いのですが、それでも抱いている全般的な印象は

繊細
悲しさ
日本のわびさびに通じるものがある

というもので大まかにいうと内向的、内面的というものがあります。

ブラームスの交響曲4曲のうち2番を除くとまさにイメージ通りですが2番はイメージが違いますね。おおらかでゆったりしていて牧歌的です。もし晴れた心地よい日に昼寝するときに聴いていたい曲としてはベートーベンの田園(特に第2楽章)とこのブラ2だとゆったりとして気持ちで居眠りできそうです。

1番は完成までかなりの歳月を費やしましたが2番は3ヶ月で完成させたそうです。この曲を作った時にはブラームスはベルチャッハという南オーストリアのアルプス山脈に囲まれた村にいたようで(といっても行ったことがないので全然イメージできまへん(^_^;))この自然の環境がブラ2に影響を与えているようです。

もの凄く美しい村なのでしょうね。

 

今これを書いている時に聴いていますが段々眠くなってきました・・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月12日 (土)

頭に染みこむ清水のような・・・

みなさん、こんにちは。今日は久し振りにのんびりできる朝をむかえました。関東地方は良い気候で窓を開けると爽やかな風が入り込んできます。ボーっとした頭の状態でこの風を感じるのは持っている感性のまま感じることができるので本当に心地が良いものです。

今日は久し振りにビバルディーの四季を聴いています。バイオリンの爽やかな高音が頭に染みこんできます。なんというか上質な清水のようなものがボーっとした脳に潤いを与えるように入り込みます。

私の故郷は新潟のですが新潟は関東地方よりも四季の移り変わりが激しく、四季を聴いていると新潟のそれぞれの光景を思い出します。特に秋以降は気候が変わりやすく一時間で、

晴れ、雨、雪、吹雪

がセットで変わるということも珍しくはありません。

また冬の新潟はほとんどが鉛色の空(これはこれで嫌いではありませんが)でその反動か春が一層躍動感をもって感じることができます。

夏は暑く湿度も高い日が多く
秋はまさに米の収穫があり
冬は雪と鉛色の空

という感じです。

今日はまったりモードで色々と聴いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

ちあきなおみさん

みなさん、こんばんは、ちあきなおみさんは私が子供の頃に活躍していた歌手で当時は歌が上手というよりはあの濃厚な容姿が子供ながら印象的でした。(よい子は見てはいけない人なのかと思っていました)その後ドリフターズなどのバラエティーに多く出演してコミカルな面を見せていましたがあの濃厚で妖艶な容姿とミスマッチしていました。ちあきさんはしばらくして元日活の大スターの宍戸錠さんの弟の同じく俳優の郷英二さんと結婚しますが、その後郷さんは病で亡くなります。郷さんは亡くなった後は表舞台から姿を消しました。

後になってちあきなおみさんは当時私が抱いていた印象とは全く違い本物の実力を持った人だという認識になりました。よく考えてみたら大ヒット曲の喝采はまさに彼女の世界の一面を見せたのだと思います。

41h3w0x11jl_aa240_






昨日CDショップを眺めていたらこのCDを発見しました。二枚組でちあきさんのオリジナルの曲と昭和の名曲のカバーです。

じっくり聴くと

これはすごいわ・・・・・・・!!!

ある曲は情感を込めて歌い、ある曲はジャズのように軽快で、シャンソンのような曲はそれに合わせて・・・というように曲に応じてベストのテイストで歌います。また声も七色の声という感じです。

声も憂いを含んだような声がメインですがすごい低音もでますし、きつい高音も軽々と出します。

究極の歌い手の1人なのでしょうね。

最近の曲も聴いてみたいですがもう私達の前には姿を現してくれないのでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

目と目があっちった(^_^;)3

みなさん、こんばんは。今日はちょっとだけオーディオショップをのぞいてみました。その後CDを物色しているとまたまた目と目があっちまいました(^_^;)

31nhmzaa0pl_aa240_






聴いたことのない曲が多かったのですが、なかなか秀逸でした。以前のレコード会社の時の作品と今の月夜の雨はかなり曲想が変わった感があります。実はこのCDも良いのですが、以前から聴きたいと思っていたアーチストのCDも同時にゲットしました。

近日中にアップしますが、みなさん意外だと思うかもしれません。そのアーチストはかなり以前に活躍していてドリフの全員集合なんかにもよく出ていましたが、アーチストとしての本来のテイストは情感たっぷりに歌を歌い上げ、七色の声をもち・・・と非の打ち所がありません。

ご主人が亡くなってから歌手活動を休止されています。音源は古いですがリマスターしているので音は良いです。

今日は収穫ありました(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

717到着(^_^;)

みなさん、こんにちは。さきほどSTAXのドライバーのSRM717が到着しました。STAXはΩ2にあるドライバーを二種類リリースしており、007tAと727Aとがリリースされています。以前ざっと試聴したところ007tAと727Aのキャラクターの違いはそれほど劇的に感じませんでした。

私は現在持っているのは007tAの前のドライバーで007tなのですが、007tAを試聴した後でも007tAに置き換える気が起きませんでした。この両者の間にも劇的な違いを感じられなかったのしばらくこれで行こうと思っています。

閑話休題

光あるところに影があります(^_^;)

ドライバーのラインアップが一新されたことにより旧製品になった007tや717はかなり安くなりました(^_^;)

私はΩ2を購入した直後から717が気になっていました。この前某店でみたら中古ですが6万円半ばですた(^_^;)

GWがなく仕事三昧の私がこんな美味しい話を見逃すわけはありません(笑)

ということで717をゲットしました。

とりあえず電源ケーブルは附属のものをつかって聞いています。

PS Audi power planty→IKEMI→717

という構成です。

私の糞耳では具体的な感想はまだ書けませんが、輪郭が007tよりやや明確になったような気がしますがそれでも以前試聴したDAC64+edition 9のほど輪郭が強調されていないのでまだ私の好みの範囲に止まっています。

さすがにRCAケーブルはいちいち差し替えるのは面倒なので先日突撃したモガミ2803を使っています。また今までメインに使っていたモガミの2534はサブ(SA8400とL580)に回しましたがこっちもほうも以前よりもよくなってきました。

とはいうものの休日に100%音楽に浸れないのが吹けば飛ぶような(^_^;)コンサルタントの悲しさですが、限られた時間の中で楽しみたいと思います。


その後少し聴いた感想を・・・・・・


女性ボーカルを717で聴くと音のふくらみが押さえられるような感じがします。最初は007tは暖系の音で717は寒色の青というイメージでしたがやはり聴いてみるとこういうイメージは正しくなかったでした。

007tに比べると膨らみが押さえられ、声がやや乾くような感じで響きも少し押さえられているように思えます。女性ボーカルは私の好みでは007tが艶がありしっとりしています。007tに慣れている私が女性ボーカルを聴くと少し物足りないような感じがします。

その反面モーツアルトの交響曲を聴くと717の解像度の高さが幸いしてこっちもいいです。別の味わいがあります。

クラシックはその時の気分次第です。

逆に717をメインに聴いている人が007tを聴くとこの膨らみや艶や響きの長さをどのように評価するのかがポイントになりますね。007tが合わないと

低音過多
やや締まりがない

というような評価になるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

遅刻寸前(^_^;)

みなさん、こんばんは。昨日と今日は内幸町方面に仕事で出勤でした。少し早めに目が覚めて少しぼ~っとして音楽を聴くのですがこの時間は宝物です。聴くのは色々聴くし、メインで聴いたりサブで聴いたりとその目覚めの気分によって変わります。

ただ1つだけ変わらないのは段々と出勤する時間が迫ってくると一瞬

今日はサボって音楽聴いちゃおうかな・・・・(^_^;)

などと良からぬことを考えてしまいます。どうも私は肝心なことを犠牲にして人生を棒にふるタイプなのかもしれません。気を付けなければ・・・・・

幸い、聴きたいコンサートを優先して仕事をドタキャンする(スケジュールの調整にはベストを尽くしますが(^_^;))ところまではいっていませんが、一度これをやるとヤバイですね。

それでも朝心地よく音楽につつまれている時に、オーディオの電源をオフにするのは切ないものですね。

明日から私はGWの初日で明後日が最終日です(笑)

出勤しなくてもいいんです!!・・・・って当たり前か。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

運命

みなさん、こんばんは。4月の中旬から私生活で色々なことが集中しておこり(もっと分散してもいいのにな~)やはり人生は無常(つねに同じではないという意味ですね)ということを実感しています。

行く川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず・・・・
心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつづれば・・・

なぜか鴨長明の方丈記の前段と吉田兼好の後段が合体してしまいます(^_^;)

4月は私の知っている方々が立て続けに2人あの世に旅立ちました。もちろん時がくれば私もあの世に旅立つでしょう。同じように見える毎日ですが決して同じ日はありません。行く川の水は同じ水のように見えて元の水ではないのですね。

特に落ち込んでいるということはないのですがあらためて無常を感じます。

ベートーベンの運命を聴くとこの無常というのは特段嘆くものではなく生あるものとして生まれた以上は朝がきて夜がくるということと何ら変わることのないもので、その中で楽しいこと、悲しいことを通して改めて自分自身の存在というものを感じます。特に第二楽章はその雄大なスケールと旋律の美しさ、第四楽章の三楽章から連なるドロドロしたようなところから突き上げるような生命の息吹を感じます。

本来であれば細胞として生命が終わった確率の方が遙かに高いのに奇跡にも近い確率で私という生物になりこうしてブログを書いている(^_^;)というのは幸せなことなのですね。

運命は私にとってはけっこう重い曲なので本当に聴きたくなった時以外は聴かないのですが聴く度に色々なことを考えさせられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »