« 病院送り(^_^;) | トップページ | SRM717の帰還 »

2007年6月 5日 (火)

病院送りその2

みなさん、こんばんは。先日SRM717をSTAXに送りました。早速STAXからメールがきました。技術者の誠実で朴訥した内容でした。

該当箇所を修理して頂いて、オーバーホールをしてもらいました。
中古で買ったので当然保証などは効くわけはないし、当初から保証は対象外という考えでした。

見積の内容は無償で修理ということでした。

私としてはラッキーでしたが、チェックしたり部品を交換したりする原価や技術料は確実にかかっているはずなのに・・・・・・

おそらく自分の製品に絶対的なプライドを持っているのでしょう。メールにその片鱗がうかがえます。

<<引用開始>>

サービスで確認しましたら、イヤースピーカーコンセントを取り付けの
サブパネルの溶接部分が剥れ、全体が緩んでおりました。
 
過去にこのようなトラブルはなく珍しいトラブルです。
サブパネルを交換しましたので大丈夫かと存じます。

<<引用終わり>>

このような技術者が作ったものを粗末にできませんしプロのプライドの片鱗をみました。
せっかくなので、修理代を使ったつもりでSR404を買ってみようかと企ています(^_^;)

|

« 病院送り(^_^;) | トップページ | SRM717の帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院送りその2:

« 病院送り(^_^;) | トップページ | SRM717の帰還 »