« 何人たりとも・・・・ | トップページ | なんてこった、ハパンナコッタ(^_^;) »

2007年9月23日 (日)

vikiさん

みなさん、こんにちは。柴田淳さんの声にやられてしまってそれ以降彼女の曲を色々と聴いています。こういうパターンの人はけっこう多いようですが何にやられてしまったのかによって現在の曲のとらえ方が違うようです。

私は一番最初に聴いたのは「ためいき」というアルバムでこの最初の曲の「夢」がけっこう衝撃的でした。CDを聴いたとたんに伴奏もなくいきなりサビの部分から耳に入ってきます。今のほうが声や歌い方は良いと思いますがその分軽くなったというか心に突き刺さる部分が減ったような気がします。演歌とまではいきませんがそれでも情念というのが当時の歌い方は十分に伝わってきますし、ためいきの時のほうが声が太く出ているような気がします。

最新のカラフルも(購入はしてはいませんが)悪くはなく色々な方がブログで絶賛しているように良いと思うのですが柴田さんでなくても聴くことができるような作品だと思います。

その柴田さんは以前はviki&JUNという女性デュオをくんでいたそうです。どんな曲を歌っていたのか、vikiさんてどんな声の人なのか大変興味がありました。もちろんその時の曲などはもう聴くことができないと思っていましたが最近にこにこ動画でアップされていました。

心の声と真昼の月という曲です。

柴田さんの声はある意味強烈な個性がありますし、あの声と組んだ人はどんな歌手なのかということは大変興味がありました。

聴いた感想ですがvikiさんの声はややハスキーな感じで実に表現力豊かで奥行きがありました。vikiさんも現在は活動を続けていらっしゃいますから機会があれば、最近の曲も聴いてみたいと思っています。

|

« 何人たりとも・・・・ | トップページ | なんてこった、ハパンナコッタ(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vikiさん:

« 何人たりとも・・・・ | トップページ | なんてこった、ハパンナコッタ(^_^;) »