« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

秋の夜長はクラリネット

みなさん、こんばんは。秋の夜長はピアノやフルートもいいのですがなぜかクラリネットの曲が聴きたくなります。良く聴くのは

モーツアルトのクラリネット協奏曲、クラリネット5重奏曲
ブラームスのクラリネット5重奏曲

です。これらはよくカップリングされています。

モーツアルトのクラリネット5重奏曲とブラームス、あるいはクラリネット協奏曲とフルートとハープのための協奏曲・・・

どのカップリングでもいいですね。

モーツアルトのクラリネット5重奏曲、クラリネット協奏曲、ピアノ協奏曲27番は勝手に白眉3題と名付けています(^_^;)

秋の夜長にはクラリネットの深く哀愁を帯びた音色は心に染みます。

夜に富士山のほとりの山中湖あたりにたたずんでそこに月が出ていてさらに霧が出てきて少しもやがかかった幻想的な風景の中でこういう音楽を聴くとたまらないでしょうね。

Ω2と007tの電源をどうやって確保するのか問題がありますが(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月28日 (日)

久しぶりの試聴

みなさん、こんばんは、今日は久しぶりにダイナミックオーディオのガード下店というか植木店にいってきました。このところ非常に仕事が忙しく自分の時間が持てなかったので少しの時間をみつけて行って来ました。

いつもだとざ~っと見て終わりなのですが、今日はちょっといつもより気合いが入っていました。

スピーカーを今私が持っているメヌ2に固定してもらってパワーアンプを中心に聴いてみました。使用機器は

CD LINNのMAJIK CD
プリ ジェフローランドのカプリ

でパワーアンプを2種類聴きました。一つはゴールドムンドのテロス150Lでした。全て電源を入れたばかりなので寝起きの状態で実力を出していたとは思いませんが、テロス150Lはピアノはさすがだと思いましたがオケのほうはあまりピンときませんでした。

これはちょっとアレかな・・・・(^_^;)
ムンドなのに・・・・・

と思いつつ、ツルちゃんが(ツルちゃんのことはみなさんご存じですよね?)がもう一つのパワーアンプを進めてくれました。それは

LINNのKLIMAX TWINでした。

本来であればKLIMAXは私なんぞが試聴の対象にするようなものではなかったのですが良い中古が入ってきたということで聴かせてもらいました。

これは良いです。さすがにKLIMAXです!!!

これにIKEMIをつないで鳴らしたらいいだろうな・・・(オイオイプリアンプはどうするんだ(笑))

で次回はこのKLIMAXに合わせるプリアンプも聴いてみたいと思います。(<オーディオ雑誌の仕事でもやるのか?(^_^;))

今日聴いたジェフのカプリも良かったですし、スノーホワイト(白雪姫)も聴いてみたいし、KLIMAX シリーズのプリも聴いてみたいし、ムンドのプリも聴いてみたいし・・・

良いプリアンプはたくさんありますね・・・・

でもスピーカーはメヌ2です(笑)

色々と説明して頂いてありがとうございました>中野さん、ツルちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

これ結構好きです

みなさん、こんばんは。最近の活動はあまりよくは知らないのですがラルクはかなり好きなバンドです。色々なCDを買いましたが色々な魅力をまとった曲を聴かせてくれます。

人間の精神的な部分を描いたもの
悪魔的な雰囲気のもの
きれいなメロディーがあるもの

本当に魅力の引き出しが多いです。私は悪魔的なものに結構魅力を感じるのですがこの色合いが濃く出ているのがTierraというアルバムだと思います。特に最初の3曲がそうですね。

Ksc280





ラルクの初期の頃のアルバムですが、単なる歌だけではない魅力、すごみ、特殊な空間を感じさせてくれるアルバムです。この頃のhydeのボーカルは曲によって様々に違った魅力が現れますね。

ただ録音がちょっとアレなのでIKEMI+Ω2で聴いてもMP3の音源と比べて劇的な変化はないのがつらいです。

リマスタしてくれないかにゃ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

喪失

みなさん、こんにちは。
外出の時はiAUDIOの初期のHDDタイプのMP3プレイヤーを肌身離さず持っていますが先日出張の際にホテルに置き忘れてしまいました。幸いホテルのフロントには忘れ物として届けてあったので来週また出張で同じホテルに泊まるので、ここで確保することができます。

このM3の相棒としてER6iを使っておりこれも気に入っています。

ところが・・・・

先日断線しかけたようで片方の耳がきこえなくなりました。正確にはきこえたり、きこえなくなったりなのですが・・・

移動しないでじっと一カ所に落ち着いていればまだ大丈夫なのですがそろそろ寿命が来たみたいです。

少し秋の黄昏を感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

ボリューム

みなさん、こんにちは。ヘッドフォーンやイヤフォーンで音楽を聴くときにはボリュームをどのくらいの大きさにしますか?

2ちゃんねるのSTAXのスレッドをみると、6~7にしている人もいるようです。ちょうど時計でいうと12時(半分)が5です。さっき5にしてみましたがかなりの爆音ですた(^_^;)

私はクラシックは3をちょっと上回り、ポップスは3をちょっと下回るくらいです。(これは007tと717両方とも同じです)

でも毎日5とか6とかで聴いていると3なんかにすると物足りないでしょうね。

STAXは音が刺激的ではないので爆音にしてもそれほど刺激的ではないので気をつけないと難聴になるかもしれません。

また、スピーカーのほうはL580のボリュームはクラシックでは9時(4分の1の位置ですね)でポップスは9時よりも少し下回ります。まあこれはスピーカーによって音量が違うでしょうから一概にはいえませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

原点

みなさん、こんにちは。音楽はモーツアルトやベートーベンも聴くしラルクや柴田淳さんなども色々聴きます。もちろん良い音楽、気に入った音楽というのはたくさんあるのですが、少し間が空くとどうしても聴きたくなる原点というべき曲が何曲があります。

これは私だけではなくみなさんもそうではないでしょうか・・・・・

私の場合はモーツアルトのピアノ協奏曲23番とバイオリンとビオラのための協奏交響曲がまさにそれです。

しょっちゅう聴くわけではないのですが、時々ふっとこの2曲が聴きたくなります。

そこでこの2曲を聴くと安心してして次の曲に移ります。

ではこの2曲が私の中で一番好きな曲なのかといわれると判断に困ります(^_^;)

おそらく一番好きな曲というのは普遍性があるものではなくそのときの自分自身の境遇やものの考え方、とらえ方によって変わってくるような気がします。とこが原点ともいえる曲というのは(私の場合ですが)曲そのものもに加えてそれが原点となるような自身の思い出などが加味されるのではないかと思います。

私は実をいうと社会人になって働き始めたのはちょっと遅く24歳でした。22歳から24歳の間というのはいわば社会人になるための準備期間という状況で将来に対する不安も抱きつつ、一番充実いて、一番頭を使った時期だった(と本人はそう思っています(^_^;))のですね。

その時にモーツアルトのバイオリンとビオラの協奏交響曲をよく聴いていました。もちろんモーツアルトの他の曲もよく聴いていましたがこの協奏交響曲を聴くとなぜかその頃の感覚に戻ります。また、ピアノ協奏曲23番は当時はそれほどよくは聴いていませんでしたが第一楽章の出だしが妙に印象に残っていました。それをオーディオを再開した時に無意識に23番を聴いたら・・・

そうそう、これこれ・・・・

という感じになりました。

大人としての原点もそこにあるのかもしれません。

仕事でも微妙な決断をする場合には、最終的には22歳~24歳のこの準備期間のことを思い出し、この仕事をやるために22歳~24歳で色々な準備をしたのか・・・ということを自問自答して(だいたい自問自答するときはNOという結論になります(^_^;))最終的な決断を下すことが多いです。

その意味ではこの2曲は好きな曲という以上の意味合いが私にとってあるのかもしれません。(ベートーベンの運命でないところが私らしいです(^_^;))

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

なるほろ~

みなさん、こんにちは。ここ一週間くらいの間に私とお会いになった方はご存じかと思いますが、頭が尋常ではなかったと思います。といっても頭の中身はもともと尋常ではないのですが問題は髪の毛です。

私は禿げてはおらず(^_^;)、髪の毛はフサフサなのですが他の人よりも髪の毛が伸びるスピードが速くその上なかなか散髪に行く時間がとれずに異様な長髪になっていました。それこそ前髪があごの自覚までくるというGLAYっぽい感じでした。

とはいってもGLAYにあこがれてこういうヘアースタイルをしていたわけではなく仕方なく散髪ができないので自然のままのばし放題だったでした。決して長髪が好きなわけではありません(^_^;)

さすがにこのままだと社会人生命が危ういのでさきほど散髪にいってきました。急に頭が軽くなりました(笑)

髪を切ると社会人生命が維持できるだけではなく<(ずいぶんお気軽に維持できるんだな!)頭が軽くなるだけではなく、この状態でSTAXを聴くと音が飛躍的に良くなります。
STAX使いはスキンヘッドがもっとも好ましいといわれるのはよくわかります。

さあ、STAX使いの人で長髪の人はいますぐスキンヘッドにしましょう。(^_^;)

電源周りを強化したりコンセントを変えたり、ケーブルを変えたり、はてまたCDPを高級なものに買い換えるよりも遙かに効果が大きいかもしれませんね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

音楽を聴く気が起こらない場合・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。今週はホルストの火星みたいな一週間ですた(って意味わかんないぞ!)

本来ならが昨日の夜は

明日から3連休だから今晩は秋の夜長をモーツアルトのセレナーデでもゆったりとコーヒーでも飲んで(お酒は飲めない(笑))過ごそうかな・・・

というパターンなのですが、疲労がピークに来ていていつの間にか寝てしまいました。目が覚めたら午前3時を回っていてさすがにここからセレナーデというわけにはいきませんでした。

音楽を聴いて楽しむ場合にも楽しむだけの体力というものが必要なのですね。

今日は久しぶりにでたHUNTER×HUNTERの24巻を見ていました。そういえば今日は少年ジャンプの発売日でHUTER×HUNTERの続きがあります。ゴンが勝てるのか、キルアはここで死んでしまうのか・・・・(知らない人は何のことかわからなくてゴメンナサイ)

ようやく今週のダメージが薄れてきましたのでこれから音楽活動(ってただCDを聴くだけなんですけどね(^_^;))を始めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 3日 (水)

秋は・・・・

みなさん、こんにちは。最近は秋の夜長はモーツアルトのセレナーデやディベルティメントを色々と聴くようになってきました。便宜上モーツアルトの音楽はクラシックという分類をしていますが、何かクラシックというと面倒くさそうな、退屈な、リラックスして聴いてはいけないような響きがあります。

ところがモーツアルトが生きていた時代にモーツアルトの音楽はクラシックだったわけではないと思います。モーツアルトでもベートーベンでも柴田淳さんでもラルクでも鬼束ちひろさんでも聴きたいものを聴けばジャンルは関係ありません。

誰がカテゴライズしたのか知りませんが、クラシックという言い方は良くないですね。モーツアルトはメロディーが美しく明るくかわいい天使のような旋律と少し憂いを含んだ微妙な旋律が交互に出てきており聴いていると心地よいものがあります。

アイネクライネナハトムジークは秋の夜長に最適な曲で流れるような第一楽章(第一楽章を聴くと・・・あ、これってなんか聴いたことがあると思うでしょう)、ゆったりとして本当に美しい第二楽章(美しい旋律というのはこういうものか再認識しますし、楽譜があれば主旋律はリコーダーでも十分に演奏して楽しむことができます)

第三楽章以降は私がこれ以上下手な文章をかかなくても聴けばわかります(^_^;)

時間としては80分の大作ではなく20分程度の曲ですので程良い時間ではないでしょうか。

後はリラックスして寝転がっても、パジャマ姿でも構いません(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

あれれ・・・・

みなさん、こんにちは。本当にオーディオをするのに良い気候になってきました。音楽はその時の気分や体調によって聞こえ方が違ってきますね。今日は久しぶりにサブシステム(SA8400+L580+メヌ2)でモーツアルトの初期のディベルティメントを聴いています。モーツアルトの初期のディベルティメントは流れるような爽やかな感覚でただその音の中に身をおいているだけでも心地よいです。

(なぜサブで聴いているのかというとさっき髪の毛を洗ったばかりなのでSTAXは聴けないんですよね・・・・消える魔球とSTAXは水に弱い(^_^;))

サブシステムのほうは当初それほど期待しておらず、

ヘッドフォーンだけではなくたまにスピーカーで音楽聴きたくなったら使えばいい・・・

くらいの気持ちで揃えて投資額もそれなりに抑えたものですが、当初はスピーカーはポン置きで鳴らしていました。それでも

こんなもんなんだろうな・・・

とこのサブシステムの面々には大変失礼な認識でした(^_^;)

その後スピーカースタンドを導入するとその激変に驚き、このメンツのポテンシャルを見直したものです。モーツアルトのディベルティメントはスピーカースタンドを導入してからはこのサブシステムで聴いたことはなくさきほど思い立って聴いてみました。

それが・・・

こんなに(良い意味で)生々しく耳に音が入っていくとは思いませんでした。目を閉じると私自身が心地よい公園の中にいて(ウイーンの)空気を感じながら音楽を楽しんでいるような光景が目に浮かびます(行ったことがないのにそれがどうしてウイーンなのか自分でもわかりませんが(^_^;))

音量が極端な交響曲には向かないと思いますが、ピアノや小編成のオーケストラだったらすばらしいポテンシャルを発揮します。

まあとはいっても人間は浮気癖があり、これをL590AとはL509uとかに変えたらどうなるのかな・・・レビンソンやジェフのセパレートを入れたらどうなるのかな~などと思うことはありますがなぜかスピーカーをこれに変えたらどうなるのかな~という発想はまだないんですよね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »