« どうしたのかにゃ~ | トップページ | オートグラフミニ »

2008年6月23日 (月)

CD12とIKEMI

みなさん、こんにちは。自宅でじっくりとCD12とIKEMIを比較試聴する機会がありました。
もちろん自宅なのでスピーカーはメヌエット2(CD12がかわいそうだぞ・・・・という声が
きこえてくるような気が・・・・・(^_^;))なのでその辺りはこういう感想をもつ奴もいるという
程度にしてください。

まず私の音の好みは解像度が高くいわゆるゴリゴリ君の音は好きではありません。CDP
のハードとしての性能は低くとも音楽として聴かせてくれる(もちろんこれも私の好みの問題ですが)を好みます。

まずIKEMIを購入した経緯はこれが大きなポイントでした。他のCDPを何機種か聴いたのですが性能としてはすごいものがあると思いましたが、それでも好みではありませんでした。

また、先日サウンドクリエイトさんでUndisk1.1を聴かせてもらいましたが、これがIKEMIと比べると不自然にきこえました。私の好みは

IKEMI>Undisk

です。(耳腐っていると違うんかwと思われる方がいると思いますが好みですから(^_^;))

ようするに完全にIKEMI耳になっています(^_^;)

CD12はまず音の密度が濃く感じました。変な例えですがIKEMIが1平方メートルあたり
10個の音だとするとCD12は100個くらい入っているような感じでしょうか。音の輪郭もIKEMIよりもはっきりしていますが、ピントが合いすぎた写真を見るような変な感じはなく、楽器の音ってこうだったよな・・・と再認識させられるような感じです。

また目をつぶってきくとIKEMIは自然だと思っていたのですがCD12と比べると目の前に
パアっと音が広がりちょっと音がスカスカ(IKEMIは決して音がスカスカなCDPではありま
せんがあくまでもCD12との比較です)な感じがしました。

よくCD12の流れをくむのはIKEMIなのかMajikなのかはてまたUndiskなのかということを
聴きますがどれを聴いてもCD12の音は想像できなかった(^_^;)というのが私の感想です。

これで値段が50万円くらいだったら日本ではきっと飛ぶように売れますよ>LINNの社長

|

« どうしたのかにゃ~ | トップページ | オートグラフミニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD12とIKEMI:

« どうしたのかにゃ~ | トップページ | オートグラフミニ »