« CD12とΩ2(SR007) | トップページ | 軟禁状態(^_^;) »

2008年7月18日 (金)

一見優雅そうに見える楽器(^_^;)

みなさん、こんばんは。一見優雅そうにみえる楽器はハープもありますが(実はハープに
ついては全く予備知識はありません(^_^;))それよりもフルートが一般的です。

あのキラキラした楽器を演奏すると優雅ですし、演奏する人が美人であれば一層優雅に見えます(^_^;)

実は私は下手ですが多少フルートを演奏できます(本当に下手ですが(^_^;))
もちろん私が演奏しても優雅には見えませんが、あの優雅さにあこがれてフルートの練習を学生時代にやりました。

見た目と違ってフルートは大変でした。まずなんといっても音がでません。まあ基本的にはコーラの瓶のくちを吹いて音を出すのと同じですがなんといっても音が全くでません。この状態で30分もスカスカ吹いているとめまいがしてきます(笑)

どうもこういう楽器は出そうとする音をイメージできないと音がでないみたいです。
誰でも音がでるリコーダーも高い音はその音をイメージできないときれいな音が不思議と
でません。

音を出すだけでもかなりの修練とフラフラさがつきまといますが、それでもよくできたフルートはその姿は今でも見とれてしまいますね。

|

« CD12とΩ2(SR007) | トップページ | 軟禁状態(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一見優雅そうに見える楽器(^_^;):

« CD12とΩ2(SR007) | トップページ | 軟禁状態(^_^;) »