« 調和しないことがいい場合もありますね~ | トップページ | 一見優雅そうに見える楽器(^_^;) »

2008年7月 9日 (水)

CD12とΩ2(SR007)

みなさん、こんにちは。
CD12といえばSTAXのΩ2との組み合わせについて全く触れていませんでした。
CD12をお持ちの方のHPを見るとなかなかΩ2と組み合わせて使っている方は
私が見た範囲ではいらっしゃいませんでした。

こっちのほうでも堪能しましたので感想をかきます。

構成はSR007+SRM007t+CD12です。

まあ高音がとか低音がとかゴチャゴチャいう以前に、コンサートで聴衆は私1人で
演奏を聴いているという感じです。オケもすばらしいですがヴォーカルも最高です。
また全体の演奏がより立体的にきこえます。CD12もすばらしいのですがΩ2のポテンシャルの高さも再認識しました。

元々Ω2はCDPを奢れば奢るだけのポテンシャルを発揮するのですが、まったくその通りでした。

CD12自体は決して簡単に買えるものではありません。その理由として本体が高価なことも
ありますが、

プリアンプ
パワーアンプ
スピーカー

などにも相当の支出を強いられるからだと思います。

でも、STAXでシステムを完結しようと考えると全く手が届かない高嶺の花とはいえないかもしれませんし、この環境がこの値段で手に入れられるというのは個人的には納得です。

また不幸にも(笑)、プリとかパワーとかでセットを考える人は全く同じではありませんが、STAXでの聴こえ方を参考にセッティングすると良い方向にいくのではないかと思います。ただしよほどのお金持ちでなければ、一気にドドン~というわけにはいかずにコツコツと
買いそろえることになるのでしょうね。

私自身も良い経験になりました。

|

« 調和しないことがいい場合もありますね~ | トップページ | 一見優雅そうに見える楽器(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD12とΩ2(SR007):

« 調和しないことがいい場合もありますね~ | トップページ | 一見優雅そうに見える楽器(^_^;) »