« 脱出(^_^;) | トップページ | ちょっと違和感ある歌詞 »

2008年7月22日 (火)

親愛なる君へ

みなさん、こんばんは。
昨日は目と目が合ったので思わず柴田淳さんの「親愛なる君へ」を買ってしまいました。
昨日から今日にかけてじっくり聴いていますが、それぞれの曲のクオリティーが本当に高いと思います。

51gqrivbsil_sl500_aa240_






いわゆる息抜きがないので、ず~っと聴いていると重くなりますがかなり聴き応えがあります。以前はけっこう心に突き刺さるような曲が多かったのですが、この「親愛なる君へ」は
心に突き刺さるようなものはないですが、じっくりと心にしみこんでくる曲が多いです。

また私だけかもしれませんが、「和」のテイストを感じる曲が半数くらいあります。曲によってはピアノの伴奏が琴と錯覚するような時もあります。

シングルカットのカラフルやふたりもよいですが、個人的には「十数えて」が一番好きです。
ゆったりしたメロディーと柴田さんのファルセットが絶妙です。これにこの詞の内容ですから
聴き込めば聴きこむほどしみますね。

これは売れ行きが良かろうが悪かろうがそれに関係なく間違いなく「よいもの」です。

また余談ですがジャケットのりんごが本当においしそうでした(^_^;)

|

« 脱出(^_^;) | トップページ | ちょっと違和感ある歌詞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親愛なる君へ:

« 脱出(^_^;) | トップページ | ちょっと違和感ある歌詞 »