« 姫の実力 | トップページ | よおおおおし、聴くぞ~ »

2008年9月13日 (土)

やっぱり糞耳ですた(^_^;)

みなさん、こんにちは。CDPでもプレイできる高音質CDが発売されています。高音質CDというとSACDがあります。

プレイヤーでCDとSACDと両方再生できるものもありますが、中にはCDの再生がけっこうトホホな機械も少なくないようです。以前同じメーカーの両方演奏が出来るもので70万円ほどするものとCD専用機で20万円くらいのものとでCDを聴き比べてみましたが20万円が圧勝でした。高いCDPを購入してCDを演奏してこんな感じだったら泣くしかありませんよね。

CDPで演奏できる高音質のCDだとこういうことがないのはいいですよね。

先日この高音質CDを購入してみました。

ところが・・・・・・・・・(^_^;)

違いが全然わかりませんでした(笑)

少し前に経済ニュースでこの高音質CD(SHMーCDですね)を取り上げていました。

企業サイドからみてもこれはメリットがあり

CDだと価格が下落しているので下落防止という意味がある
旧タイトル(例えばカラヤンの指揮のものとか・・)をSHM-CD化できる
かつてその音楽をレコードなどで聴いたことがある層がまた購入する

ということでした。

そして少しだけ番組でSHMーCDをかけていました。

アナウンサーは

あまり変わらないですね・・・・(私と同じですね(^_^;))

といっていましたがそれを解説した評論家は

全然違うじゃないですか・・・・

と反論していました。

また以前昔の録音を昔の蓄音機の再生で聴いたことがあります。円筒に音が録音されており竹の針で再生していました。音はもちろん今のCDより良いものではありませんが大変な迫力があり圧倒されたことを今でも覚えています。

ところが昨日聴いたSHM-CDの記憶はありません(笑)

ただ一つだけいえるのは音質だけをいくら良くしてもいくら雑音をなくしても元の演奏のレベル、迫力が一番大切でそれが備わっているものであれば音質に関係なく人に感動をもたらすものだと思います。

SACDの音がいいのはわかったんですけどね・・・・・・(^_^;)

|

« 姫の実力 | トップページ | よおおおおし、聴くぞ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり糞耳ですた(^_^;):

« 姫の実力 | トップページ | よおおおおし、聴くぞ~ »