« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月23日 (火)

変わるんですね~

みなさん、こんにちは。
私はプリアンプは白雪姫を使っていますが、この姫にはライン入力が5つあります。mixiのコミュをみたらLine1~5まで決して同じ音ではないという情報とゲットをしました。

私はCDP1はLine1をCDP2はLine2を使っていますがそれほどLineの音質を気にしたことがなかったので早速Line1をLine5に差し替えてみました。

なるほど・・・・・・

違いますね~

あらためてオーディオは何をしても変わるということを認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

久しぶりの邂逅

みなさん、こんばんは。
今日ついにゲットしました。

テレマンの水上の音楽

3101dzyz6el_sl500_aa180_











本当に久しぶりに聴きます・・・というか久しぶりに会った友人という感じです。

本当に懐かしいな~
感動するな~

演奏は当時私が聴いていたゆったりとしたものではなくスピード感があり切れ味鋭い演奏で音もなかなか良いです。

これを聴くとハンブルグにいた時のことを思いますね~(っていってもハンブルグって行ったことがありませんが・・・・(^_^;))

タッチが違っていてもヘンデルの水上の音楽よりもやはり絵画的です。

この曲はハンブルグの海軍鎮守府設置100年を祝賀するための曲で華やかで輝かしいトーンの曲調です。ネプチューン、トリトン、西風など海を表す副題がついた舞曲が多いです。

機会があれば違うパターンの演奏を聴き比べて見たいと思います。

現在我が家はハンブルグ中です・・・・(意味不明(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

失われた3枚

みなさん、こんにちは。
学生時代にオーディオをやっていて当時ハマッた曲で今なかなか見つからないアーチストや曲が全部で3曲ありました。(といっても当時リアルタイムの聴いていたわけではありません)

○ミッシェルポルナレフ  

ラース家の舞踏会、シェリーにくちづけ、ロミオとジュリエットのように・・・他

○ダニエルビダル

天使の落書き、オーシャンゼリゼ・・・他

幸いこの二枚は手に入りました(^_^;)

もう一枚どうしても聴きたい曲があり、ず~っと探していましたが見つけることができませんでした。それは

バッハと同時期に活躍したテレマンの水上の音楽です。

へ?、水上の音楽というとヘンデルだよね?

と思われる方もいらっしゃると思いますがテレマンも水上の音楽を作ってます。学生時代に聴いたあの鮮やかなテイストが今でも忘れられずにす~っと探し回っていました。

ところがさきほど水上の音楽というタイトルで探していたのでは見つからないことがわかりました。ハンブルクの潮の満ち干で探していたらよかったんですね。

                                                                                           
 1管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅰ.序曲    
 2管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅱ.サラバンド: 眠るテーティス    
 3管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅲ.ブレー: 目覚めるテーティス    
 4管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅳ.ルール: 恋に落ちたネプチューン    
 5管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅴ.ガヴォット: 踏る泉の精たち    
 6管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅵ.道化: 戯れるトリトーン    
 7管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅶ.メヌエット: 吹きすさぶ風    
 8管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅷ.メヌエット: 快い西風    
                       
 9管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅸ.ジグ: 潮の満干    
 10管弦楽組曲(序曲) ハ長調≪水の音楽≫(ハンブルクの潮の満干) ⅹ.カナリー: 愉快な舟人たち    

という構成からなる組曲です。

けっこう絵画的な印象があったのですがこれを見ると納得しますね。

失われた最後の1枚です。早くゲットしよっと・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

よおおおおし、聴くぞ~

みなさん、こんにちは。
今週は週の半ばから出張があったりしてなかなかじっくりと聴く時間がとれませんでした。

3連休はず~っと家にいるので鼻血がでるくらい聴こうと思います(^_^;)

さっきベートーベンの英雄、モーツアルトのピアノ協奏曲の20番、21番を聴きました。これからモーツアルトの31番以降の交響曲を聴こうと思います。

現在は31番(パリ)を聴いています。

さあ、音楽三昧のスタートです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり糞耳ですた(^_^;)

みなさん、こんにちは。CDPでもプレイできる高音質CDが発売されています。高音質CDというとSACDがあります。

プレイヤーでCDとSACDと両方再生できるものもありますが、中にはCDの再生がけっこうトホホな機械も少なくないようです。以前同じメーカーの両方演奏が出来るもので70万円ほどするものとCD専用機で20万円くらいのものとでCDを聴き比べてみましたが20万円が圧勝でした。高いCDPを購入してCDを演奏してこんな感じだったら泣くしかありませんよね。

CDPで演奏できる高音質のCDだとこういうことがないのはいいですよね。

先日この高音質CDを購入してみました。

ところが・・・・・・・・・(^_^;)

違いが全然わかりませんでした(笑)

少し前に経済ニュースでこの高音質CD(SHMーCDですね)を取り上げていました。

企業サイドからみてもこれはメリットがあり

CDだと価格が下落しているので下落防止という意味がある
旧タイトル(例えばカラヤンの指揮のものとか・・)をSHM-CD化できる
かつてその音楽をレコードなどで聴いたことがある層がまた購入する

ということでした。

そして少しだけ番組でSHMーCDをかけていました。

アナウンサーは

あまり変わらないですね・・・・(私と同じですね(^_^;))

といっていましたがそれを解説した評論家は

全然違うじゃないですか・・・・

と反論していました。

また以前昔の録音を昔の蓄音機の再生で聴いたことがあります。円筒に音が録音されており竹の針で再生していました。音はもちろん今のCDより良いものではありませんが大変な迫力があり圧倒されたことを今でも覚えています。

ところが昨日聴いたSHM-CDの記憶はありません(笑)

ただ一つだけいえるのは音質だけをいくら良くしてもいくら雑音をなくしても元の演奏のレベル、迫力が一番大切でそれが備わっているものであれば音質に関係なく人に感動をもたらすものだと思います。

SACDの音がいいのはわかったんですけどね・・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

姫の実力

みなさん、こんばんは。
このブログで色々としょうもないことを書いていますが、とりあえず満足して音楽を聴いています。ところが自分のシステムでよくわからないことがあります。

何度かプリはトライゴンの白雪姫を使っているのですが、姫ってどうなんだろうな?と考えるようになりました。購入時はMAJIK CONTROLと比べていい意味で音が細く私の好みということはわかるのですが、

姫ってどんな特徴があるんですか?

と聴かれても答えられません(^_^;)

といいことはプリの役割を感じさせない(いい意味なのか悪い意味なのかわかりませんが)アンプということなのでしょうか?

私のシステムから出てくる音はコッテリ&締まった音ではない(でもスッキリと暖かいといえるのかどうかわかりません)のですがこれがCDPの支配力(これは結構大きいと思います)とパワーの支配力は大きいと思うのですがプリの支配力は・・・といわれるとわかりません(^_^;)(<もう一年くらい使っているのに情けない・・・・・)

どうなんでしょうか?(^_^;)>ユーザーの方々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良心的ですね~

みなさん、こんばんは。
LINNというオーディオメーカーの音が好きで(といってもLINNを追いかけたわけではなく
好きな音がLINNだったということなのですが)CDPとパワーアンプにLINNのKLIMAX TWINを使っています。

本来であればプリもLINNという選択もあるのですが、パワーに合わせるプリを白雪姫(SNOW WHITE)とMAJIK KONTROLを聴き比べたらMAJIKのほうが音がちょっと太い感じがして私の好みではありませんでした。もちろんKLIMAX KONTROLは・・・そんなポンポンとLINNのKLIMAXクラスを買えるわけでもなく・・・・・・(^_^;)

パワーのKLIMAX TWINは現在はKLIMAX Chakraにバージョンアップされています。

LINNはこのTWINユーザーのために新たにChakraを購入せずにTWINをヴァージョンアップしてくれるサービスをしています。私は最近Chakra化を決心しました(^_^;)

詳細は不明ですが筐体の中味を全部取り替えるくらいのものなので、良い姿勢だと思います。

と思っていたらプリのKLIMAX KONTROLも新しくなるようで既存ユーザーのためにこれもヴァージョンアップするそうです。

まあヴァージョンアップのお金で中級クラスのアンプ買えるような値段で決して安くはありまえんがそれでも新しいものを買うことと比べると4分の1くらいの費用で手に入れることができるのでリーズナブルですね。(幸いというか私はKLIMAX CONTROLを持っていません・・・持っていたらと思うとゾッとします(笑))



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

久しぶりに聴いてみました

みなさん、こんにちは。先日恥ずかしながらベートーベンの第九を初めて通して聴きました。まだ感想を述べるほどのものは私は持っていませんが、スケールの大きな曲ですね。これも秋の夜長に聴き込んでみたいと思っています。

ラルクアンシエルは私の好きなバンドで最近はKISSやSMILEを多く聴きますが、久しぶりにHaertを聴いてみました。このHeartは私がラルクの初めて買ったCDでまさにハマる切っ掛けになったものです。ちょうど秋葉原を歩いていた時にwinter fallがかかっていました。

どのバンドだろう~、いい曲だな~

ということで印象に残っていました。当時はラルクは虹がヒットしている最中でした。(当時はwinter fallと虹は同じグループが演奏していたことすら知らないくらいこの分野には疎かったんですね(^_^;))

ということで速攻でゲットしたのがこのアルバムでした。

Ksc2204






winter fall、虹が良いのはいうまでもありませんが、LORELEYは不思議なテイストがあり、Singin'in the Rainは雨を題材にしたもので曲全体が心に染みます。雨が降っている時はこの曲を思い出します。(除くゲリラ豪雨(^_^;))

ラルクは雨を題材にした曲が数曲ありますがどれも良い曲ですね。

ラルクは単にロックバリバリだけのバンドではなくそこにはわびさび的なテイストもあれば、デーモン的なテイストもあれば、破滅的未来なテイストも・・・など書ききれないくらい
色々なテイストを持っています。現在でもクオリティーの高い楽曲を発表しており今後も
ず~っとハマりまくると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

笑ってやっておくんなさい(^_^;)

みなさん、こんばんは。
どうも私は他の人よりも前頭葉が発達していないみたいです(^_^;)

ただいまスピーカーを買い換えるために貯金中なのですがそれにもかかわらず散財しちまいました(^_^;)

この衝動買いを理性で押さえるのが前頭葉の働きなのですが、今回は全く私の前頭葉は機能しませんですた。

何を散財したかというと・・・・・・

現在パワーアンプはLINNのKLIMAX TWIN500を使っているのですが、これを売っぱらってゴールドムンドの・・・・・なんていったら人間失格ですよね。まだここまでいってません。

やはり人間でもオーディオでもチャクラが大切だと思います。チャクラって何??と思う人は少年ジャンプのうずまきNARUTOを読んでください(笑)

そこでKLIMAX TWINをChakra化する計画を立てて部品を発注しました。

残念ながらLINNジャパンさんには部品がなく取り寄せになるので一ヶ月以上かかってしまいますが・・・・

ネットで調べてみると音色とかトーンは変わらずにパワーがアップするみたいです。
秋が深まる頃にChakra化が完了するみたいなので今から秋の夜長のブラームスを楽しみにしています。

ただここで散財すると・・・・・・年内のスピーカー入れ替え計画が大幅に狂うかもしれません。

どこかにガリネリオマージュ落ちていないかな~(^_^;)・・・メメントでもいいっす・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MINIMA VINTAGE試聴

みなさん、こんばんは。
先日お茶の水のオーディオユニオンでSonus faberのMININA VINTAGEが鳴っていたので
しばらく聴いていました。流れていた曲は女性ヴォーカルでした。

カタログみたいか書き方ですがサイズから想像できない音ですね。しっとりというよりも朗々と鳴り低音もそれなりにきこえます。クラシックも聴いてみたいですね。

ただ見た目よりも値段が高い(40万円台)のでルックスで少し損をしているかもしれません。また、アンプやCDPももっといいものを使うとどういう鳴り方をしたのか興味があります。

1Fにガルネリオマージュがあったのですが、現在貯金中なのでガマンガマン(^_^;)

今Sonus faberが一番気になるスピーカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

Do As Infnity復活

みなさん、こんにちは。
8月末にDo As Infnityが再結成されるニュースがありました。私はDo asは解散した後で
知りけっこうハマりました。ですから再結成されるというのはうれしくもあり複雑な気持ちもあります。

というのは元々は伴都美子さんのソロを聴いてこの人いいな~と思いました。伴さんのソロはDo asの時とは違ってしっとりと歌うというタイプの曲が多く、Do as を聴いた時にはあまりのキャラの違いにびっくりしますた(^_^;)

まあ3年前に解散したのはそれなりの理由(といっても私は知らないのですが)があったと思われますが、個人的は3年間のブランクは大きいと思います。あの米米CLUBでも再結成された時には色々露出していましたが、現状はあまり目にすることはありません。

また安室奈美恵さんも出産のブランクがありましたが、それでも今の人気を得るまでそれなりの時間がかかりました。

Do asも最初は再結成ということで露出が多くなると思いますが、解散時と比べて色々な意味で進化した姿を見せないと当時のDo asのイメージすら壊す可能性があります。

それぞれのメンバーが3年間独自の活動をしてそれなりに熟成されたDo asを聴きたいものですね~

がんばってくださいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »