« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

ピアノ協奏曲 10番台

みなさん、こんにちは。
モーツアルトのピアノ協奏曲は良い曲が多いですが、よく取り上げられるのは20番台でなかなか10番台は取り上げられることはありません。私の思いこみもありますが、たしかに20番台は良い曲が多いですが、この頃のモーツアルトの境遇は恵まれているものではなかったようです。

たとえばあの戴冠式は作曲したものの実際に演奏されたのはその一年後だったそうで
当時のモーツアルトの凋落ぶりと経済的な困窮さがこの輝かしい協奏曲の影に隠されて
います。

当時は人気のある人は予約演奏会をやるというと聴衆は殺到したそうですが、晩年の
モーツアルトは良い曲を作っても人気はなかったようです。(これは今のコンサート事情と
同じですね)

ところが10番台というのはモーツアルトが人気絶頂の時期に作られたものが多く、いわゆる曲想も生き生きとしていたり酒悦なものだったりと20番台とは違った魅力があります。

最近は14番の第三楽章がお気に入りになっています。

10番台をもっとじっくり聴いてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

Tombe La Neige

みなさん、こんばんは。 今日は私の故郷の新潟に来ています。 新潟は今日は昼間は寒かったですが晴れていました。 さきほど外をみたら・・・・・・・ 雪が静かに音もなく降っています。 まあ、私は暖かい部屋でテレビを観ながらこのブログを書いていますが、外は寒そうです(^_^;) 夜に雪がしんしんと降ってくる様を見ると、サルバトールアダモ氏が歌う 雪が降る が頭の中に流れてこんできます。

雪は降る・・・・・ あなたは来ない・・・

きっと静かな夜に彼女が来ることを待っていてもいつまでたっても、いくら呼んでも

あなたはこない・・・・・

心の葛藤が痛いです。

同じ雪の景色でもラルクのHurry X'masだと

年中でも悪くはないね~

とうきうきした気分になりますが今はクリスマスではないので、アダモ氏の歌が似合いますね。

とこれを書いている今でも静かにしんしんと雪が降り続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

氷室京介さん

みなさん、こんばんは。
さきほど出張から戻ってきて早速音楽を聴いています。

真っ先に聴いたのは・・・・・

氷室京介さんの20周年のCDでした。

Cd






キレのいいギターの音色に氷室さんのクールなボーカル合わさって最高ですね。
加えて良い曲が多くむしろBOOWYの時よりも全体が熟成されたと感じます。

.CLOUDY HEART

はしっとりして泣けます(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聴きたいけど聴けない・・・・・

みなさん、こんにちは。

水曜日から富士吉田に出張で来ています。
ここは寒いですが空気がきれいで心が洗われます。

また富士山が間近に見えてこんな富士山見ることは
ほとんどありません。富士山の頂付近で風が吹くと雪が舞い上がる
さまが鮮明にみえてこれが青空に映えて本当に美しいです。

もしモーツアルトが富士吉田にきたら・・・・・

きっと富士山交響曲とか富士山協奏曲とか富士山のためのバイオリンソナタ
というような作品を作ったでしょう。

と自然の環境は申し分ないのですが私の生活で決定的に足りないものが
あります。それは・・・・みなさんおわかりですよね?

オーディオです。

自分の好きな音楽が自分が気に入っている装置で聴くことができません。(^_^;)

ちょっと禁断症状がでてきましたが、まあ今日の夕方戻るので戻ったら
むさぼるように聴きたいと思います。

こういう私のような音楽ファン(ちなみに私はオーオタではないです・・・念のため(笑))
のためにSTAXさんに是非お願いしたいものがあります。

まずSRM007tA(727Aでも可)と同じ能力を持つ重さ500グラムくらいの電池で駆動できる
ドライバーと007(007Aでも可)と同じ能力をもつ50グラムのイヤホーンを作って
ください。(^_^;)

できればセットで5万円くらいでお願いします・・・・・・<無茶ぶりするな!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

STAXにつないでみました

みなさん、こんにちは。
STAXにつないでみました。

Ω2+SRM717(ボリュームパス)+26SL

という陣容で聴いてみました。

385





聴いた曲はモーツアルトとブラームスのクラリネット五重奏曲です。
この曲はけっこう好きでよく聴いている曲です。

なかなかオーディオの感想を表すボキャブラリーが豊富ではないのでうまくいえている
自信はありませんが、一言でいうと演奏により感情が移入された(機器を変えただけで
そんなことはないんですけどね(^_^;))ような錯覚を覚えます。

楽器の音がよりふっくらと奥行きとコクがでます。
クラリネットのもの悲しいけれどもふくよかな感じが一層際だちます。

以前も触れましたが、これらをしっかりと受け止めて台無しにしないSTAXもすごいと
思います。

改めて感じるのはSTAXはその上流をよくすればするほどそれに見合ったパフォーマンスマンスしてくれます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

子供の頃の記憶

みなさん、こんにちは。
中学生の頃は音楽の授業がありましたが、当時音楽は好きではありませんでした。
それでもたまにある音楽鑑賞は楽しみの一つでした。

時々自分の心に残る曲がかかるのでこういう曲との出会いが楽しみだったのかも
しれません。当時心に残った曲の一つにメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲があります。

当時の音楽の先生もこの曲が大好きだったようで音楽の時間に第一楽章の冒頭に
自身で作詞した歌詞を配って歌っていました。

これが川内康範氏だったらそんな歌はうたわせん!!!っていったのかもしれませんが、メンデルスゾーンはそんなこといいませんでした(^_^;)

しっとりとした透明で美しい旋律が今でも記憶に残っています。

Uccp7008ac





メンデルスゾーンのことを調べてみると非常に多才で、しかも自分の音楽だけではなく
バッハを再評価したりと他の作曲家の演奏も積極的に取り上げたようです。しかも天才
はの寿命は短いのですね。(38歳で亡くなりました)

たまにはメンデルスゾーンの世界に浸りきるものいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月15日 (日)

26SL絶好調です

みなさん、こんにちは。
昨日からレビンソンの26SLをつないで鳴らし込みをしています。一説によれば寝起きまで
2ヶ月くらいの通電が必要だということですが、それが正しいとするとまだまだ本領発揮
していません。26SLはスイッチがないのですね。

今はモーツアルトやバッハの演奏を楽しんでいますが、弦は以前よりもより弦らしく
聴こえるというか少し音楽が迫ってくる感じです。パワーはレビンソンではなくLINNの
KLIMAX TWIN CHAKURAなので若干相性を心配しましたが、私にとっては何の問題
もありませんでした。

また気分的に音がクリアーになり、コクが出てきて、やや太くなったような気がします。

うまく説明できませんが、確実にスピーカーから出てくる音楽のレベルが上がったと
思います。(正直プリを変えてここまでレベルが上がるとか思いませんでした(^_^;))

弦や管は素晴らしいです。

もう少ししたらヴォーカルも聴きこんでみたいと思います。

ただ問題が一つあります(^_^;)

私のリスニングスペースは仕事場と兼務なのでそれほど広いスペースがとれません。

多分みなさんが私のリスニングスペースを見たら・・・・アホか・・・・

と思うくらいの環境です(^_^;)

今まではラックの最上段にKLIMAX TWINとSNOWWHITE、二段目にCD12、三段目に
IKEMIを入れていたのですが、26SLはKLIMAX TWINよりも幅が広いので最上段に
パワーとプリとを設置することができないので三段目のIKEMIに出ていってもらいました。

でも、IKEMIはSTAXとつなぎたいし、SNOWWHITEはSRM717のボリュームをパスして
使いたいのでこっちの設置を考える必要があります。

こういう課題は楽しいっす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

散財しちまいました(^_^;)

みなさん、こんにちは。
プリアンプのSNOWWHITEはなかなかすっきりとした音を出してくれていて大きな不満は
なかったのですがなんとなくプリは最終的にはレビンソンかオクターブにしたいな~と
思っていました。

根拠がそれほどあるわけではありませんが・・・・

1位 レビンソンNo32L
2位 オクターブHP500SE

でした。ところが3位がありました。3位はレビンソンのNo26SL

でした。

この前の日曜日にメルマガ会員になっているオーディオショップからメールがきて
この第3位が売りに出ていました。ところがこの金額は破格で他のショップの値段よりも
かなり安かったのですね。

もっともこんな不況の時に私がこの1位か2位を買うのはまさに分不相応という
個人的な感覚もありました。(買ったらその瞬間に仕事が全部なくなるのではな
いかという不安ですね(^_^;))

時々他店で26SLが出ていますが、それでも決して安くはないのですが、今回の値段は本当に破格でこんな値段では買えないと思いつつフラフラと購入のメールを出してしまいました。

Front




本日ブツが届いて、これをセッティングしていま音だしをしています。

SNOWWHITEと比べると音が少し太くなりますが、芳醇さを感じます。(まだ音だししたばかりなのでもう少し様子を見る必要がありますが)

以前プリを比較したときに(SNOWWHITEとMAJIK KONTROL)にはやはりLINNのMAJIK KONTROLのほうが音が太かったのですがその時にはあまり芳醇さやコクは感じられませんでした。むしろSNOWWHITEのすっきりした感じが潔く感じ惹かれていました。

まあ、この26SLは少し古いプリですが良い味を出してくれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

郡山にて・・・・

みなさん、こんばんは。月曜日から今日まで郡山に出張でした。
昨日は三春にあるたむら屋というおそば屋さんでおそばを食べました。

ざるそばを食べましたが非常に美味しかったでした。

店内にはピアノのBGMがどこからとも流れてきました(音楽の戯言らしくなってきたでしょう)
店内を見渡すと型番はわかりませんがJBLのでかいスピーカーから流れてきました。

へえ~、あれが鳴っているんだ・・・

どれどれアンプはなんだろう・・・・JBLだからマッキンかな?

とさらに店内を物色するとパワーがSAECでプリがマッキンのようでしたが、お店の人に
聞くとこれはスピーカーとはつながっていない(残念(^_^;))そうで、JBLとつながっているのはラックスマンのL505fでした。有線放送を505fに通してJBLで鳴らしているそうです。

L505fは想像していたよりもよくスピーカーをドライブしていましたが個人的にはSAECとマッキンコンビで鳴らして欲しかったと思いました。

おそらくここのご主人のオーディオセットは度肝を抜かれるかもしれませんね。

美味しいおそばとピアノのBGMはベストマッチで良い時間を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

もっとも大切なセッティング

みなさん、こんにちは。
オーディオを聴くときには(変な日本語ですが(^_^;))色々とセッティングをしなければなりません。

ケーブル
電源
インシュレーター

などなど色々な要素がありますがセッティングでもっとも大切なものは何だと思います?

それはですね・・・・・・

リスナー自身のコンディションです。

リスナーのコンディションが悪いとどんなにオーディオ機器が良い音色を奏でてくれても
曲が脳に入ってきません。普段から仕事をしている人はなかなか疲労が抜けた状態で
音楽を聴くということは難しいと思いますが、それでも脳が音楽の受入を拒否するような
疲労感やあるいは幸せ感の喪失は避けたいものです。

大きな疲労があったり、精神状態が不安定になるほどストレスや不幸がまとわりついて
いるとどんな高価な機器をもっていても良い音楽は聴かせてくれませんよね。

またあまりテンションが高くても脳に入ってこない(私の場合は(^_^;))ので適度に落ち着いた状態というのが大切だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲

みなさん、こんにちは。
学生時代はオーディオに没頭していたものの社会人になって自分が音楽が好きだった
ことすら忘れ去っていた頃、音楽の記憶を呼び起こしてくれのがこの曲でした。

どういうわけか学生時代からこの曲は大好きで何度も聴いていたのですが、社会人になってしばらくして知り合いが参加しているオケのコンサートに行きました。

そのときに

そうそう、学生時代にこの曲よく聴いていたな~

ということで段々と当時の記憶が蘇ってきました。

814





明るい音色のヴァイオリンとやや暗い音色のヴィオラとの掛け合いが絶妙で
特に第一楽章は両者が戯れているような感じを持ちました。またうまく説明で
きないのですがこの曲に特にモーツアルトの才気を感じています。

第二楽章は「暗い」とか悲しみとかいうよりはクラリネット協奏曲やピアノ協奏曲27番に
通じる静寂とか無想的なものを感じ、第三楽章は酒悦な掛け合いを楽しむことができます。

色々な演奏がありますが今のところ写真のカールベーム氏指揮のベルリンフィルの
演奏が好きです。

毎日聴く曲ではありませんがしばらく聴かないと

そうそう、そういえば協奏交響曲しばらく聴いていないな~

という感じで聴きたくなります。

私の定番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

買っちゃった(^_^;)

みなさん、こんにちは。
先日カネボウのCMでKATEとタイアップしている中島美嘉さんのアルバムのNo more rulesが発売になりました。

5万枚の限定でした。

512765_20090226140333_1




収録曲は新曲のGame以外は以前発売されたアルバムに収録されていたものなので
それほど目新しいものはないのですが、なんといってもKATEのCMが全てDVDに
収録されていました。

KATEのCMは短いのですが、それがテレビの画面に映されると

え・・・・あれは何だ?

と思うくらい印象が強いものでした。

CMに出ている人ってひょっとして中島美嘉さん?

というくらい短く感じるものです。

しかし、その色彩やCMの題材は素晴らしくいつも気になるものでした。

またプロモーションDVDも収録されています。

また、今回はBlue spec CD(なんだかわりませんが高音質仕様だそうです)仕様という
ことも気になっている理由でした。

・・・でも限定5万枚なのできっと買えない(予約していないし・・・・)と思っていたのですが
先日出張の際にCDショップをみたらあったので速攻でゲットしました。

GAMEは良い曲ですね。アップテンポで心地よいです。

DVDをじっくり見て思うのは、中島美嘉という素材を映像として余すことなく活かしている
というですね。映像を見ると美人という言葉では語り尽くせないレベル(多分佳人ー美人は
女性の美しさのレベルだと3番目だそうで一番上は佳人だそうですーのレベルだと思います)の人物がそこにいますが、衣装、証明、メイク、セットの色彩など最高のセンスが
惜しみなく投入されているんだな~

と思います。(こちらのほうは専門ではないので陳腐な言い方になってしまいました)

Blue specCDの効果は・・・・ヴォーカルが少し生々しくなったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

篠原ともえさん

みなさん、こんにちは。
篠原ともえさんといえばあの独特のファッションでどちらかというとやかましい(^_^;)
キャラでした。先日深夜番組で篠原ともえさんがきれいな女性になった・・・という
うわさを追いかけました。

そうしたらなななんと・・・・・

きれいになっていました
おしとやかになっていました
以前のキャラの面影全くありませんでした

今でも独自の活動を行っていらっしゃいます。

http://people.zozo.jp/tomoeshinohara/diary

深キョンと仲が良いみたいですね~

応援したいと思います(笑)





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

散財

みなさん、こんにちは。
オーディオ機器の値段は一般の感覚からみたら高価だと思います。
これもまた(お金持ちでもない人間が)普通の感覚だったら

え~、CDプレイヤーに10万円って・・・・それだけでは音楽聴けないのにどうしてそんなに高いのかにゃ~

ということになります。

ところが仕事が忙しくて軟禁状態になるとこいう理性がかなり失われます(^_^;)

へ~、レビンソンのCDプレイヤーが60万円か・・・・安いな~

同じ経済状態でもこのように感覚が全く異なります。

もっと進むと・・・・

へ~STAXのこの音が30万円弱で手にはいるのか・・・・・お買い得だな~

となってしまいます。

自分の周りの機器を見ると購入した時の自分の状況を思い起こすと必ず軟禁状態
でした(笑)

オーディオショップ巡りしたいな~

などと漠然として思いがありそこに偶然に2時間くらい空き時間が軟禁状態の中でできると
ふらふらっとオーディオショップに吸い寄せられます。

すいません・・・・LINNのこれ聴かせてもらえますか?

あ~いいな~、これ欲しいにゃ~

すいません・・・・これください・・・

という展開が走馬燈のように思い出されます。ただし報いは必ず受けるということで
このような分不相応な散財をすると(私は決して経済的に裕福ではないので)その分
さらに軟禁状態が続きます(^_^;)・・・まさにスパイラル・・・・

ちょうど今は軟禁状態・・・・

プリをNo32lかOCTAVEに変えたいと思っている・・・・

金銭的な感覚はかなり麻痺麻痺な状態です。

でも、今はそれ以上に・・・・・

柴田淳さんのDVDと中島美嘉さんのKATEのCD(両方とも今日が発売日だと思います)
どうしようかな?

ということが大脳の70%くらい占めています。

今は

柴田淳、中島美嘉>>>>>>レビンソン、OCTAVEのプリ

みたいです。

自分の脳のなかどうなっているか見てみたいっす(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

ひえ~(^_^;)

みなさん、こんにちは。
昨日は少し電源周りを見直してみました。

といっても

壁コン→オヤイデのタップ→PA audioのアイソレータ

というものを

壁コン→PA audioのアイソレータ→オヤイデのタップ

にしただけなんですけどね。

ところがたったこれだけですが・・・・・・

大きく変わりました。

全般的にグレードが少し上がったような気がします。(もうしばらく聴き込まないとわかりませんが)

本当にオーディオって何やっても変わるんですね~

昨日未明にこの作業を始めてSTAXで柴田淳さんを聴いていました。

今は中島美嘉さんのORIONを聴いていますがなんというか声に潤いが出てきた
ような気がします。

今その効果の中にいますが遅刻しそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »