« ゲド戦記歌集 | トップページ | こういう人っているんですね »

2009年9月25日 (金)

原点

みなさん、こんばんは。
このブログで何度か触れていますが、私がモーツアルトを聴くようになった原点は
カールベーム指揮、ベルリンフィルのハフナーセレナーデです。

学生時代に(それまでモーツアルトなんて興味がなかったのに)たまたま聞いたNHKFMから
ハフナーセレナーデの冒頭が流れてきました。

なんなんだ・・・・これは・・・・

あっというまに全曲聴いてしまいました。

今聴くと、後期の曲のような深さ、しっとりさはありませんが、ほとばしるような瑞々しさは
この曲が一番だと思っています。

その時聴いたベーム、ベルリンフィルの演奏がCDになって今でも聴くことができるというのは素晴らしいです。

秋の夜長はクラリネットもいいですが

今日は・・・・

秋の夜長はセレナーデ

です。

|

« ゲド戦記歌集 | トップページ | こういう人っているんですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原点:

« ゲド戦記歌集 | トップページ | こういう人っているんですね »