« 迷うにゃ~ | トップページ | フジヤさんに行って来ました »

2009年12月17日 (木)

モーツアルト父

みなさん、こんばんは。
今日は500円シリーズのCDを見ていたら、モーツアルトの父のレオポルト・モーツアルトの作品が収録されていたCDを見つけました。

収録曲は

おもちゃの交響曲
狩の交響曲
アルペンホルンと弦楽のための田園風シンフォニア
トロンボーンと弦楽のための協奏曲

という曲です。

おもちゃの交響曲は有名ですね。

ただ作品は平凡な感じがします。

モーツアルト父は子どもが7人いたのですが成人したのは、ウォルフガングとナンネル
だけだったそうです。

父は姉のナンネルにナンネルの楽譜帳を使ってレッスンをしていましたが、その横で音楽を聴いていたウォルフガングが4歳の時に3声の和音を教えられたわけでもないのに弾いたそうで、その後幼いウォルフガングが演奏した旋律を父が書き留めた・・・・

という微笑ましい逸話があります。

お~、ウォルフガングも上手にピアノ弾くんだね~
みんな~、誰からも教えられないのにウォルフガングはこんなに上手に弾くんだよ~

まあ、私の脳内の妄想ですが、当時のモーツアルト家の微笑ましい光景が目に浮かびます。

Avcl25636_t_01_200






こういう絵って大好きですね~

|

« 迷うにゃ~ | トップページ | フジヤさんに行って来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツアルト父:

« 迷うにゃ~ | トップページ | フジヤさんに行って来ました »