« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

沸点(^_^;)

みなさん、こんばんは。
柴田淳さんのライブもいつの間にか大阪が終わり、名古屋が終わり・・・・

後は東京と福岡のみになりました。

東京は4月1日・・・・・・・(^_^;)

行こうと思えばいけないことはない・・・・・
でも行ったらきっと仕事が期日までに終わらない・・・
でも行きたい
仕事が期日まで終わらないとまずい・・・・

仕事をとるか・・・しばじゅんをとるか・・・・・

しばじゅんととるか・・・・

ありえないぃぃぃぃぃ~

でも

ありえるぅぅぅぅ~

やっぱり・・・・仕事かな~(^_^;)

でもライブいきたい・・・・

こういうケースを専門用語で「無い物ねだり」というんですね(^_^;)

くっそぉぉぉぉ~

グレてやる!!

ビール飲んでやる!!
たばこ吸ってやる!!
アイスどか食いしてやる!!!

最近すぐに沸点まで到達します(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

良く聴こえる日

みなさん、こんばんは。
私は普段はオーディオ機器の電源入れっぱなしにしますが出張などで家を留守にする
時は電源をすべて落とします。

さきほど出張から戻ってきて、機器の電源を入れて今は音楽を聴いています。

本来ならば電源を入れたばかりの状態ですから機器の能力を発揮できていない状態なのですが出張帰りということで耳がオーディオ機器の音に飢えているようで、非常の良く聴こえています。

食事が美味しい
音楽が心に染みる

ことの最も大きな要素な飢餓感かもしれませんね(^_^;)

みなさん、オーディオ機器に不満を持ったら・・・

電源?
ケーブル?
機器のアップグレード?

違いますね~

聴きたくなるまで聴かないことで飢餓感を高めるといいですよ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

木綿のハンカチーフを聴いて・・・・

みなさん、こんばんは。
太田裕美さんが歌う木綿のハンカチーフは私が子供の頃大ヒットしました。
内容は田舎から恋人(男性)が都会に(たぶん就職のために)上京しそこでだんだんと
都会に染まっていき、都会の楽しさに田舎に残した恋人(女性)のことを忘れていき、恋人
が別れを決意して、最後とのプレゼントに涙を拭く木綿のハンカチーフくださいとい
悲恋の歌です。

これを太田裕美さんの悲恋と全く縁がないと思われるいわばアニメ声で歌うと一層女性の
悲しさが感じられるという内容です。

これがヒットした時代は・・・・

こういう失恋は立ち直れないだろうな・・・

と思っていたのですがその後私も田舎から都会に出てきて、社会人経験をした後に
稲垣潤一さんと太田裕美さんのデュエットで再び聴いた時の感想というか突っ込みです。

もちろん正真正銘の戯言レベルなのでマジにとらないように・・・・・(^_^;)

まず彼氏が東に行くということなので都会は彼らが住んでいる田舎から見て東なので
おそらく新潟県辺りだと思います(私も新潟の出身です(^_^;))

今なら新幹線があるので新潟から東京まで2時間をあれば行き来できますが、一応新幹線はないとしましょう。(^_^;)

そうすると6時間くらいかかります。6時間というとそう簡単に行き来することはできませんがそれでも当時その日に思い立って彼氏の実家に行った彼女も実話としているので、このくらいの時間なら行き来できないというほどではありません(^_^;)

見違えるようなスーツを着た僕の写真を見てくれ・・・・

今時スーツ着たくらいで見違えるなんてちょっとアレかな・・と思いますが、彼らの故郷は
スーツ着た人ってあまりいないのかもしれません。なんとなく彼氏の就職先の配属先は
営業(経理、総務、人事だとちょっと地味すぎますよね~)ではないでしょうか・・(^_^;)

別れる原因が都会の楽しさにかまけて彼女を忘れていく僕を許して・・・ということなのですが、それでもこういうやりとり(当時はメールはないので手紙が電話だと思いますが)をするだけまだ彼氏は彼女のことを気にかけているのだと思われます。

今この曲を聴くと彼氏は「いい奴」だと思いますね~

それをこのやりとりで別れ決意する女性のほうがちょっとアレかな・・・・

まあ、一度上京して話し合いをすべきだったのでしょうね・・・・

などと突っ込みましたが、これで別れるのを止めたら曲そのものの悲恋が成り立ちませんね~・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

小川眞由美さん

みなさん、こんにちは。
最近はあまり見ませんが、小川眞由美さんという女優さんがいらっしゃいます。

かつて一世を風靡した女優さんだと思いますが、出家されたそうです。
年齢は70歳になったんですね。

小川さんというと女ネズミ小僧というドラマで有名ですが、私はそれ以前にものすごく印象に残っている映画があります。

市川雷蔵さんが主演された陸軍中野学校という映画で雷蔵さんと小川さんが共演されていました。(もちろんリアルタイムではなくテレビでこの映画が放映された時の話です(^_^;))

陸軍中野学校は実際に存在した機関で簡単にいうとスパイ養成学校だったと思います。

雷蔵さんはそのスパイで小川さんは中野学校の内勤(子供の頃の記憶なので間違っているかもしれません)の人という設定だったと思います。

小川さんに敵国のスパイが接触してそれとは知らずに内部の機密を漏らしたことが中野学校幹部に発覚してしまいます。そこで幹部は小川さんを殺すことを決定します。

小川さんは雷蔵さんの婚約者でそれならせめて雷蔵さんが小川さんを眠るように死ぬ毒薬を使って幸せのまま殺す

ということになりました。

その時の情景がまさに小川さんは何の疑いもなく眠るように死んでいく、雷蔵さんは
その哀れさを感じながら死へのステップを一歩ずつ遂行していくという場面が
印象的でした。

出家したといっても女優を引退するつもりはないようなので70歳になった小川さんの演技を見たいと思います。

音楽には関係ない話ですが・・・・・・(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

録音よりも機器よりも・・・・・

みなさん、こんばんは。
時々テレビでクラシックの演奏を聴く機会があります。

へえ~、これいいな~

と率直に思うものがあります。NHKの名曲アルバムでラベルの亡き王女のためのバヴァーヌなんかは率直にそう思いました。流れてくる曲はテレビ(しかもアナログ(^_^;))ですが、それでも心打たれます。

また、以前昔の蓄音機で筒のようなものに録音されたものを聴いたことがあります。

今ほど電源とかケーブルなどにこだわっていない状態ですがそれでも演奏の迫力は
ものすごいものがありました。

ソースの録音の状態とはそれの高音質化ということも大切だと思いますが、それよりも
良い演奏はたとえ昔のものでSPやそれ以前のソースを昔の蓄音機で再生しても音質を
超えた何かがあるものですね。

もっとも演奏がトホホで録音もトホホなものはちょっとアウトオブ眼中ですけどね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

これはヤバイ・・・

みなさん、こんにちは。
今更ですが2001年に発売された小柳ゆきさんのmy all....を購入しました。

4988029870360_m

年齢は関係ありませんが、歌を聴いて

これが20歳の歌手の表現力かと思います。

すごい・・・・としか言葉が見つかりません。

声量があるにもかかわらず思いっきりシャウトしておらず、もちろん声はいいです。
これで表現に陰陽、強弱をつけて歌い上げています。

もちろん楽曲もGOODです。

・・・ついでにこのCDは音もいいですね~

今は28歳なので、その後の熟成されたものを聴いてみたいですね。

やはり先月発売されたアルバムを買わねば・・・・・(^_^;)

またお気に入りのヴォーカルが・・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

小柳ゆきさん

みなさん、こんにちは。
私は別のブログで発展途上人の部屋というもので日常感じたこと(くだらないことが多いです(^_^;))を書いていますが、歌手というものをビジネスとして考えた場合にもビジネス一般のことが当てはまると思います。

まず売れるということは大切で歌手になって自分の曲が売れなければそれはビジネスとして成り立たないので即引退ということになりますから売れるということは大切ですし基本です。

でも歌手も人間ですから、かつてのアイドルのように休みは年に数日で毎日の睡眠が
2時間・・・というのは短期間では何とか大丈夫かもしれませんがこれが長期にわたると
悪影響しかありません。

ようするに売れすぎると放電ばかりして新たなものを充電することができなくなります。

歌手は歌が上手というだけでは無理なんですよね。

歌が上手なのは当然としても歌手自身も何かを得ながら成長してそこに熟成が加わるので同じ歌でも歌手の歌う年代によって味わいがかわります。

ビジネス一般でもあまり忙しすぎるとその場は収入が増えたりするのでいいのですが、新たに必要なものを勉強する時間がなかったり、健康を害したりと忙しすぎる期間が長いと
ろくなことがないのと同じです。

先日稲垣潤一さんと歌姫たちが共演する男と女シリーズをゲットしましたが、いい意味で変わったと思ったのは小柳ゆきさんでした。

小柳さんはあなたのキスを数えましょう・・・でデビューしそれが爆発的なヒットをしました。

その時は18歳という年齢には似つかわしくない外見とすばらしい歌唱力という印象でしたがあまり魅力を感じていませんでしたが、このCDに収録されている悲しみが止まらないのPVをみたらいい意味で印象が変わりました。絶叫型の印象があったのですが、声を抑えた感じ歌っておりそれがかえって小柳さんのボーカルを一層魅力的なものにしています。

http://www.youtube.com/watch?v=_ylzy2vvfbI

今の小柳さんはデビュー当時と比べると売れている状態ではないと思いますが、以前よりも魅力的な歌手になっているように感じました。

デビューから10年たち(しばじゅんよりもキャリアが・・・・(^_^;))それでもまだ28歳です。

自分のペースで自分の魅力を存分に引き出してほしいです。

今後の活動に注目しています。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

バイオリンソナタ JS Bach

みなさん、こんばんは。
先日のバッハのバイオリンソナタ 1~6番をゲットしました。

バイオリンはヨゼフスーク、チェンバロはズザナ・ルージチコヴァの演奏で非常にシンプルな構成ですが、一音一音が音の織物のような感じで紡がれているような感じで心に染み渡ります。

ブランデンブルグ協奏曲は管弦楽組曲もそれなりに輝かしくいいですがこういういわば渋いバッハもいいですね。

CDは2枚ですがあっという間に2枚とも聴き終わってしまいます。

残念ながら曲の予備知識はないので演奏を聴いて感じたことしか書けませんが、誠実で丁寧な演奏です。

083

バッハのバイオリン協奏曲も聴きたくなりましたね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

成城にて・・・・・

みなさん、こんにちは。
今日は二子玉川からバスで成城にいってきました。

なんとなく景色を眺めていると・・・そこに見慣れた秋葉原にある某オーディオショップの
ミニバンが・・・・・

おそらくこれはすでにその方のお宅にあるオーディオ機器の運び出しだと思います。

諸般の事情で機器を売却したのか・・・・或いはよりグレードが高い機器に買い換えたのか・・・わかりませんがきっとあの家から運び出される機器は良いものなのでしょうね。

どんな機器が出てくるのか見たかったのですが、それほど時間があるわけでもなく(実はまだ自分の確定申告終わっていないっす(^_^;)・・・大丈夫か?)そのまま素通りしました。

まあ、きっとそのショップのメールマガジンでその後の展開がわかるでしょう・・・・

さて・・・・自分の申告をやらないと・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

ついにゲット

みなさん、こんばんは。
先日Youtubeをみていたら稲垣潤一さんと女性ヴァーカルにコラボのアルバムで男と女
(1と2)の曲がアップされていました。このアルバムはいずれは購入するつもりでいたのですがそれでも、稲垣さんと女性ボーカルのカバーということでちょっと不安がありました。

・・・で早速ダウンロードして全曲聴いてみました。

いや~、見事ですね。

稲垣さんとそれぞのヴォーカルが自己を主張することなくほどよい融合といっても
いいですね。

実は曲を聴いて女性歌手が思い浮かばない人がほとんどでした。

それぞれのヴォーカルの方は知っているつもりでしたがこうやって歌うと本当にわかりませんね。

2人が一緒に歌うことで曲に厚みと艶がでますね。

リスナーによっては編曲に違和感あるものもしれませんが、私はOKです。

選曲
歌手の力量
曲に溶け込むダブルヴォーカル

よいアルバムですね。

早速1と2と大人買いしました(^_^;)

実際にCDを自宅のオーディオ機器で再生するとMP3とは比べものにならない世界を
堪能することができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

jazzyなしばじゅん

みなさん、こんにちは。
じばじゅんこと柴田淳さんは「せつな系の女王」といわれるように

片思い
隣の部屋
月光浴

などが頭に浮かびますが色々なアルバムの収録されているjazzyな曲も雰囲気があって
すばらしいです。

かなわない
真夜中のチョコレート
メロディー

あたりはすばらしいです。

そこで、しばじゅんにjazz或いはjazzyな曲をメインとしてアルバムを出すと
かなり良い(営業的にはどうかわかりませんが(^_^;))のではないでしょうか?

もちろんカバーでもオリジナルでもOKです。

よろしくお願いします>しばじゅん&ピンタン&コピンタン

ちなみに卒業式シーズンが近づいてきましたが、私にとってこの時期はなんといっても

花吹雪

ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

これって反則ぢゃないのかにゃ~

みなさん、こんばんは
先日NHKを観ていたら井上陽水さんの特集をやっていました。
陽水さんは

ダンスはうまく踊れない

という曲を当時恋人だった石川セリさんのためにつくりましたが、当時これを30分くらいで
石川さんの前で作曲したそうです。すごいですね~。

でもこれって反則ですよね。

こういうことをするのは陽水さんくらいだと思っていましたがななななんとJSバッハも
似たようなことをしていたんですね(笑)

音楽室に飾ってあるバッハの絵はけっこう厳格そうな「をやぢ」ですが、その下に音楽の父
と書いてありますからちょっと陽水さんと同じことをやっていたとは想像できません。

バッハは30代前半にフランス組曲を作曲しました。

ところがこれはですね・・・・・

当時20歳のアンナ、マグダレータという歌手と結婚しました。バッハはその17ヶ月前に
前の奥さんを病気で亡くしているのでその当時の暗い気持ちからこのアンナは救ってくれる存在だったのではないかと想像します。

このアンナのために書いたのがフランス組曲なのですね。

何曲かは懐かしさを覚えますがこれは私が学生の時にフランス組曲の一部をリコーダーで演奏したことがあります。それを演奏したかは覚えていませんが、メロディーを聴くと

そうそう、これこれ・・・・

という感じになります。

曲自体は6曲ありますが全部聴いてもそれほど長い曲ではなく、

え~もう終わりか・・・

と短く感じますね。優雅で心地良いです。

私がゲットしたのはチェンバロはトンコープマン演奏です。

コープマンは彼が指揮をしたモーツアルトなどを聴いたことがありますが、こっちはちょっと
私の趣味に合いませんでした(^_^;)

・・・がフランス組曲の演奏は良いです。

フランス組曲という名前はバッハがつけて名前ではなく元々は

同じ楽器のための6つの組曲
ややみじかい別の6つの組曲

とよんでいたそうです。

前者はイギリス組曲、後者がフランス組曲です。

まあフランス組曲の制作過程を知ると・・・・・・

良い曲であるのは当然ですよね(笑)

反則だぞっ(笑)>JS Bach

412mhw5qpvl_sl500_aa300__2

JSBachは音楽室の絵からは想像できませんが(^_^;)、子供の頃は教会の合唱団に入って
いてその声は天使のような声だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

ターフェルムジーク(^_^;)

みなさん、こんにちは。
今日は天気が悪いのでせめてランチだけは優雅にと上質な音楽を聴きながらランチを
とることにしました。ターフェルムジークはテレマンが有名ですが、今回はテレマンでは
なく自ら名手のしかも優雅な曲を選曲しました。

カールペーム氏とウィーンフィルを我が家に呼んで演奏してもらいました(^_^;)

今日はモーツアルトの管楽器の協奏曲を聴きたいので

オーボエ協奏曲
クラリネット協奏曲
ファゴット協奏曲

をバックにランチを楽しみました。

まるでどこかの宮廷でランチを食べているようです。

目を閉じるとベーム氏が・・・

ほかにシンフォニーを演奏しましょうか・・・・

となぜか日本語(^_^;)で私に語りかけてきます。

いや~、これで十分です。貴重なひとときを堪能することができました。
お心遣いありがとうございます。

とベーム氏の申し出を労う私がいます。(あくまでも妄想です(^_^;))

軽妙な楽器の掛け合いと重厚なオケの伴奏・・・・

この一時を得るためだったら何を失っても惜しくはないな~

と思うくらいに法悦境・・・・

食後にショコラなどいかがでしょうか?

どこのショコラですか?

タン・レルミタージュのアトリエで作られたものです。

なるほど・・・あそこは私も行ったことがありますがV社ですね。これは楽しみだ・・・

これはフレッシュなものですね。保存が大変でしょう?

冷蔵庫で保存していますが召し上がる一時間前に常温でショコラを目覚めさせます。

それでこれだけのコクが醸し出されるんですね。

などと十分な妄想が続き充実したランチは終わりました。

いや~、ランチはこうでなければいけませんね。

(大部分は妄想ですが一部事実があります(笑))

え・・・・ランチは何を食べたのか気になるって?

それではお教えしましょう・・・・・




カップヌードルです。

日清の2010年製のカップヌードルは非の打ち所がありませんね(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

グレてやるじょ~

みなさん、こんばんは、
今日は何の日かご存じですか?

今頃どこで何をやっているかご存じですか?

今日は渋谷のオーチャードホールで柴田淳さんのライブをやっています。

行きたかったな~

本当に行きたかったな~

何がなんでも行きたかったな~

という思いがあったのですが今日はいけないと判断してチケットをとらなかったのですが
今日になったらライブに行く時間ができました(^_^;)

でも行けませんね~

今はゴーストライターを聴きながらこのブログを書いています(いわゆる代替的な満足っちゅうやつですね)

え・・・・・東京は4月1日にまたライブがあるって?

実は4月1日仕事の都合でライブを観にいけないのですね。

こうなったらお酒でも飲んで(実は飲めません(^_^;))グレてやろうと思います。

もう始まっているでしょうね・・・・

くっそぉぉぉぉぉ~、行きたかったにゃ~




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

仲里依紗さん

みなさん、こんばんは。
今は大人気の溝端淳平さんが以前に主演されたハチワンダイバーを偶然にみたときに
メイドを演じていた仲里依紗さん(決してメイドが好きだったわけではありません(^_^;))が
印象に残っていました。その後仲さんの出演作は少し注目していました。

今はPassoのCMで森三中と一緒に出演されていますね。

どちらかというと清純派という位置づけですが、ななななんと今度のゼブラマン2に
ゼブラクイーンとして出演されます。

たまたま出張先で夜中に目が覚めてテレビをつけたらゼブラマン2に関する番組が
やっていました。そこでなんとも個性が強いゼブラクイーンが印象に残りました。

演じている女優は・・・・ななななんと仲さんでした。

ゼブラクイーンのキャラは清純派の仲さんのイメージとは180度変わるものです。

仲さん演じるゼブラクイーンは単に映画だけのキャラではなく実際にゼブラクイーンに扮して歌手デビューも計画されています。

俳優さんや女優さんの中には何を誰を演じてもその人(芸名ですね(^_^;))に過ぎない人が多いですが仲さんは役柄をちゃんと演じることができるので新境地を切り開くかもしれません。

映画と一緒で40週連続1位・・・・

なんてこともあるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »