« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

オーマンディーさん

みなさん、こんにちは。
指揮者のユージンオーマンディーさんといえばフィアディルフィア管を長く率いて
きたマエストロです・・・とはいうものの私はあまりオーマンディーさんの演奏は
聴いたことがありません。(モーツアルトの各種協奏曲が入っている3枚組だけです)

昨日BOOK OFFを見ていたらウインナワルツ集をゲットしました。

もちろん、指揮者はユージンオーマンディー、演奏はフィラディルフィア管です。

うまく言葉で表現できないのですが、オケの音色に惹かれます。

ゆったりとして聴くことができリラックスしたいときはこの演奏はいいです。

しかしこれから仕事しようとする時は・・・・ちょっと・・・アレですね(^_^;)

オーマンディーさんはアメリカに演奏旅行中に無一文で放り出されたそうでそこから
フィラディルフィア管の音楽監督に就任しその名声を得ました。

元々ヨーロッパの人なのでまさに知らない土地で無一文で放り出された(当時のマネージャーに騙されたという話のようです)

さんざんな目に遭ったと思いますが、逆にこれがなけれればフィラディルフィア管とは出会っていない可能性もありますから、人生まさに塞翁が馬ですね。

少し前の指揮者でワルター、セルもあまり聴いたことがないので機会があれば聴いてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

悲愴が聴きたくなりました

みなさん、こんばんは。
私はモーツアルトやバッハが好きなのですが、ここ2~3年はブラームスまでに拡がってきました。交響曲は1番から4番まで一気聴きしても問題ありません。

今日はチャイコフスキーの悲愴が急に聴きたくなりました。

悲愴は最初聴いた時に第二楽章のワルツのようなメロディーが耳に残っていて(ベルリオーズの幻想交響曲を最初に聴いた時も第二楽章の舞踏会を背景にしたワルツが
耳に残りました・・・・ワルツが好きなのかも・・・)急にそのメロディーが脳内からきこえて
きました。

そういえば、電源ケーブルとタップを変えてから悲愴は聴いていなかったので今聴いています。

カラヤン指揮、ベルリンフィルです。

骨太の演奏でまさに「悲愴」です。

悲愴はチャイコフスキーが自身で一番出来が良い(興行的にはイマイチだったそうです)
と語った作品だそうです。

改めて自分の好きな時に好きな音楽を聴くことができるという幸せを感じますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

オールスターと対面(^_^;)

みなさん、こんにちは。
今日は昼間少し時間ができたのでわずかな時間も無駄にしてはいけないので
秋葉原に行ってきました。秋葉原は

メイドさん
ヲタク風な太った男性
外国人

が多くなりましたね~(^_^;)

はいはい堂・・・ではなくハイファイ堂まで足を伸ばしましたが
そこでオールスターと出くわしました。

TANNOYのKINGDAM 15
FM Acoustic のFM711
KRELLのCDP
WADIAのDAC

で演奏していました。プリらしものは見当たりませんがおそらく
パワーにボリュームがついているのではないでしょうか。

試聴環境はそれほど良いとは思えませんがこの組み合わせで
KINGDAMが奏でる音楽は素晴らしく(もちろんスケールも申し分なし)
しばらくその前を離れられずにいました・・・・・・(^_^;)

ただこれを長く聴いていると疲れるかもしれないので、この位のでかいスピーカー
だとキレがある小型スピーカーのセットも欲しくなるかもしれませんね。

まあ、このセットは中古で700万円くらいなので、この程度なら月収の範囲内
なので買おうと思えば買えないことはないのですが(^_^;)(たとえウソでも一度くらい
言ってみたかったっす・・・(^_^;))鳴らす場所がありませんね~

良いものを聴かせてもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

リファレンス

みなさん、こんにちは。
オーディオって何をしても変わりますから、自分自身の中でリファレンスみたいな
ものがあったほうがいいです。

まずリファレンスにするCDですが、私の場合は

JPOPは柴田淳さんのLove letterです。これはLove letterとあなたと共にというけっこう
シンプルな構成の曲が入っているので単にリファレンスというだけではなくお気に入り
でもあります。

クラシックはモーツアルトとブラームスのクラリネット5重奏曲、同じくモーツアルトの
バイオリンとビオラのための協奏交響曲、バッハのブランデンブルグ協奏曲
ブラームスの交響曲(けっこう持っているCD全部かも・・・・(^_^;))

辺りですね。

特に機器を変えた場合にまず、付属のアクセサリーでじっくりと機器の音決めされた時
に近い環境で馴染むまで聴くことが大切です。ここでケーブルなどのアクセサリーを
色々変えて聴くと混乱する可能性があります。

アクセサリーを変えるととにかく変わりますがそれが自分にとって良いかどうかは
すぐにわかりません(私だけかもしれませんが(^_^;))

変わった直後は新鮮な感じがしますが・・・これに騙されてはいけません(笑)

オーディオ関連のものの値段はちょっと一般人の感覚からすると理解しがたいものが
あります。ケーブル類でも100万円を超えるものもけっこうあるので、キッチリと自分自身
の中にリファレンスをもっておかないと物が良くても自分に合わないものを買った場合に

ケーブル貧乏(^_^;)

になってしまう可能性があります。

え・・・・私はどうかって?

以前は名もないケーブルを使っていたので今は比較的リーズナブルな
投資(これでも一般の人の感覚からするとまだ理解されないかもしれませんが)
でグレードアップしたので満足しています。

(そんな高価なアクセサリーはもちろん買えないので使っていませんが・・・・(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

ウインナワルツ

みなさん、こんにちは。
先週は久しぶりにウインナコーヒーを飲み、今日はウインナワルツを聴いています。

もちろん、赤いウインナは本件には全く関係ありません。

いや~、優雅で良いですね。美しき青きドナウなどは今のような新緑の季節に合う
と思いますが、やはりなんといってもベストマッチは・・・

2001年宇宙の旅の光景がなぜかぴったりきます。

416mvp8h17l_sl500_aa300_

ウインナワルツというとヨハンシュトラウスですが、有名なのは子供の2世のほうですね。

その父親の1世も有名な音楽家でしたが、父親は息子が職業として
音楽にかかわることはさせなかったようです。ところが・・・・・

父親には愛人ができて家を出てから音楽の道に入りたちまち有名になりました。

活動していた時期が父親とダブっていたようでなんと父親とライバルになっていたそうです。

まるで・・・・星一徹と星飛雄馬みたいですね(笑)

想像ですが、父親は愛人と蒸発したということですから父と子との関係は星一徹と飛雄馬
よりもいっそう複雑だったかもしれませんね。

という話はあれでも作品は素晴らしくこれを聴くとウイーンに行ってみたいですね。

まさに・・・・

ウイーン行きて~

っす。

まあ私が住んでいる近くは緑が多いのでここをウイーンだと思えば・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

小型が熱い!!

みなさん、こんばんは。
最近小型スピーカーのニューカマーが目立ちますね。

Kiso Acoustic HB-1
Audio machina CRM

は当ブログで触れましたが(といってもどれも持っていないのでちょい聴きの感想や聴いて
みたいというレベルで興味のある人にとっては何の参考にもなりませんが・・・(^_^;))

今度はなななんとあのCDPやアンプの雄のLINDEMANNから小型のスピーカーが・・・

05161648_4befa331bf91c

実はLINDEMANNの特にCDPは聴いてみたいと思っていたのですが、こういうスピーカー
が出るとはこっちも聴いてみたいですね。

DIXIEというそうです。

100万円クラス(と軽くいいますがさくっとどれもこれも買えるような環境にはありません(^_^;))のものが勢揃いという感じですが、どんな音がするんでしょうね?

このところなかなか時間がとれないので秋葉原&お茶の水巡りができないのですが
こういうための時間が欲しいっす(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

ラヴェルの苦悩

みなさん、こんばんは。
フランスの作曲家モーリスラヴェルというと

ボレロ
亡き王女のためのパヴァーヌ
展覧会の絵のオケのための編曲(元はムソルグフスキーのピアノ曲)

などで有名ですが晩年は大変だったようです。

40歳くらいから軽度の記憶障害や言語障害に悩まされ、自分のサインも満足にできなかったようです。

頭の中では様々な音楽が駆け巡っていきましたがその着想を書き留めることができずに
友人に泣きながら嘆いたそうです。こういうことが自身で認識できることほど辛いこと
はありません。

晩年に記憶障害が進行していた時に亡き王女のパヴァーヌを聴いて、自分が作曲したにもかかわらず

この曲は素晴らしい誰が作曲したのだろう・・・

といったという話もあります。(これは哀しいですね)

50歳頃に一筋の望みをかけて手術しましたが改善せずに62歳で息をひきとります。

頭の中のものが思うように表現できない・・・・・

という苦悩を持ちながら亡くなったようです。

Maurice_ravel01

もっとまじめにラヴェルを聴こうと思います。

(Wikipediaを参考にさせてもらいました)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

さらば・・・・愛しの愛機たち・・・

みなさん、こんばんは。
我が家のスペースの関係で私の覚醒直後のオーディオを支えてくれた愛機達が
旅立っていきました。

マランツSA8400
Luxman L580
DALI Menuet 2+スタンド
PS Audio Power plant P500 plus
Trigon 白雪姫

愛着がありますがやむを得ません。

みんな可愛がってもらう人のところにいくんだよ~

ちょっと寂しいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ついにSTAXが・・・・・(^_^)v

みなさん、こんにちは。
STAXはそれほどモデルチェンジを頻繁に繰り返すことがない会社です。

私がSR007+SRM007tを購入して5年くらい経ちますが、その間のモデルチェンジは
非常に少ないです。昨年記念モデルの404LIMITEDとこれに接続されるドライバー
が印象に残るくらいです。

http://www.stax.co.jp/Japan/products-j.html

私が持っているS007とSRM007tの後継モデルも出ましたが自分の中ではマイナーチェンジ
(音は確実に良くなっていますが)くらいの認識で

買い換えなければ・・・・

というところまでいきません。

ところがSTAXから不気味なコメントがヘッドホーン祭りで発せられたそうです(^_^)v

**********************************************************
同社はこの秋に新モデルを検討しているとのこと。どんなものになるか
詳しくはまだ聞くことができなかったが「SR-404 LIMITED以上のクオリテ
ィのものを目指している」とのことだ。
************************************************************

なんか楽しみですね~

ちなみにSR007Aのイヤーパッドは本当に柔らかくよくできた木目の細かいパンの
ようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

ヤバイの聴いてしまったかも・・・完結編(^_^;)

みなさん、こんにちは。
先日CHIKUMAのACケーブルを一本購入し、電源タップのPossible 4をレンタルして
自宅試聴をしたという話をしました。

その後展開がありました。

まず、この状態で聴いたところ今の機器で再生される音楽のテイストはそのままで、クオリティーだけ上昇させるといいましたが、これが気に入ってしまい・・・

Possible 4はそのまま購入しました(^_^;)<また散財か!!

さらに、Pillar AcIIをもう一本購入しました。

Pillar AcIIの一本はCDPとバッテリー電源に、もう一本はPossible 4とコンセントに使いました。

6403459c01

我ながら自分の感性の合ったものをゲットできたと思っています(^_^;)

GWは思わぬ投資でしたが、まあ、電源関係をなんとなく探していたらベストなものに
出会ったという感じです。

さて・・・・・・・・・来週からまた・・過酷な労働か・・・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

無視してすいませんでした!!

みなさん、こんばんは。
先日ロイヤルフィルハーモニックコレクションという300円くらいで販売されている
CDをゲットしました。

Rgershwinwordsworth_2

収録曲は

ガーシュイン
 パリのアメリカ人
 ラブソディインブルー
ラベル
 ボレロ
 亡き王女のためのバヴァーヌ
ドビュッシー
 牧神の午後への前奏曲

でした。

ガーシュインの作品の興味があったのですが、これは当たりでした。

ところが・・・・・

牧神の午後へ前奏曲もいいですね~

いままで無視してすいませんでした!!!>ムッシュ・ドビュッシー

実は牧神の午後への前奏曲は学生時代に聴いたことがあるのですが、当時は
モーツアルトバカだったので、このなんともいえないけだるいメロディーがこそばゆい
感じがして敬遠していました(^_^;)  まあ、簡単にいうと牧神がナンパして失敗した・・・

という程度の理解ですた。

今聴くとなんとなく幻想的な光景が目にうかびますし、これは素晴らしい!!

また、以前に触れたことがあるラベルの亡き王女のためのバヴァーヌは晩年ラベルが記憶がだんだん亡くなっている病気になった時にこの曲が流れていた時に

素晴らしい、誰が作曲したんだろう・・・・

という逸話があります。記憶をなくすのは哀しいです。しかし、ラベルの感性はまだ残って
いたんですね。その感性をして素晴らしいといわせたのは名曲なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

一気に暑くなってきましたね~

みなさん、こんばんは。
このGW一気に暑くなってきましたね~

こうなってくると私のようの者にはちょっと厳しい季節になったと言い換えてもいいでしょう。

太っているから暑くなるのが嫌なのかって?

いやいや、以前だったら今よりも20キロくらい太っていたデブ(^_^;)でしたが
今はダイエットが成功して少なくともデブから脱出しました(笑)

閑話休題

実は私のようなSTAXというヘッドホーン愛好者には、これで耳をふさぐと結構ツライ
ものがあるのですね。

今日は昼間はきつかったので夜になってSTAXで聴いていますが、ちょっとキツイですね。

早く秋にならないかな・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ヤバイの聴いてしまったかも・・・・・

みなさん、こんにちは
今朝CHIKUMAから電源ケーブルのPillar AC2と電源タップのPossible 4が届きました。

早速Pillar AC2をCD12に差し替えました。LINNはいくら電源ケーブルを変えても最終的にはLINNのケーブルに戻る・・・これをLINNに始まり、LINNに終わると専門用語でいいます(笑)

といわれますが、当初の機器の方向性を変えることなく演奏のクオリティーが上がった
ように感じます。これに変えたところ低音が少し出るようになったとか高音がキラキラ
するようになったということはなく、そのままのテイストでクオリティーのみが上がる
のですね。

このクオリティーが上がるということをもっと具体的くと

演奏全体の静寂さが高まる
演奏のそれぞれの音の純度が上がる

ということだと思います。

そこにさらにPossible4を加えてみました。

接続は・・・・

CD12→Pillar AC2→the J1project PPR100(バッテリー電源)
Levinson26SL KLIMAX Twin 500 Chakra →付属ケーブル→Possible4

です。他の組み合わせもあると思いますがとりあえずこれで音楽を聴いています。

さらにクオリティーが上昇します。

まるでオーディオ界のタルカジャです。(ドラクエだとバイキルト(^_^;))

(タルカジャってなんだかわからない人はペルソナ4の魔法の解説を見てください(^_^;))

Possible 4はまだ購入したわけではなく貸出試聴ですが・・・・・

たぶん買うでしょう(笑)

(追記)

Pillar AC2が一本しかない場合は、Possible4に使うよりもCDPに使ったほうが(私の環境では)効果が大きかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

けっこう良さそうですね

みなさん、こんばんは。
最近はスピーカーで結構興味深いものが出ていますね。

KisoのHB-1もその一つですが最近はオーディオマシーナのCRMというスピーカーが
評判いいようです。

Am_crm_top

かなり小型のスピーカーですが値段がとても小型ではない(^_^;)のでそうポンポンと
買うわけにはいきませんが、どうもアンプを奢ったり、セッティングに神経質にならなくとも
よいみたいです。(見た目涼しそうですね・・・・ってこれは関係ないか・・・・(^_^;))

機会があれば聴いてみようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

やっちまったかも・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
先日某電源タップの自宅視聴を申し込みました。

オーディオが最もベーシックな部分の電源は大切ですが、まだ、オーディオ専用線などの
電源工事には踏み出せません(^_^;)

そこでchikumaのpossible4という電源タップの評判が良いのでこれを聴いてみたいと
思うのですが、電源タップにしては高価なのでまず試してから・・・・ということで
レンタルをお願いしました。

Possible4_001

GW後半に届く予定なので、どのくらい変わるのかを楽しみにしたいと思います。

また電源ケーブルは現在名もなきケーブルなので、これもchikumaのChikuma Pillar AC2
を購入しました。

・・・・でも・・・電源ケーブルとタップですから内心は・・・・

やっちまったかも・・・・・(^_^;)

という思いもありますが、まあ、今回は仮にタップに散財したとしてもそれほど過酷な労働
はセットでついてこないと思っています・・・アマイかにゃ~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »