« 遠藤憲一さん | トップページ | せめてサーフィンに行った気分で・・・(^_^;) »

2010年8月10日 (火)

久しぶりにアマデウスを観ました

みなさん、こんにちは。
昨日は久しぶりにアマデウスを観ました。

以前観た時は感情移入はモーツアルトの方だったのですが、今回はなぜかサリエリに
感情移入してしまいました。

以下アマデウスの中の話なので実際の歴史の話と違っていてもご容赦を・・・(^_^;)

サリエリはそれなりの音楽の才能がありましたがそれだけではなく人望も
得るだけの人格(内面は屈折していましたが)も持ち合わせていたと思われます。

彼は自分が音楽家になることができたことや、自分の才能は神のおかげということで
いつでも神を敬い神に純潔を捧げ一生独身を貫きました。

ところが・・・・・あの下品な小男(^_^;)が全て彼の前に立ちはだかります。

楽譜を見るとサリエリとの才能の差は歴然で(個人的に思うのは楽譜を見ただけで
この才能を理解するということもすごいことだと思います)このことに嫉妬します。

その後自分にはモーツアルトの才能を見抜く力だけ与え、神の声、啓示はあの
下品な小男に与えたことで神を恨みます。

まあ、私ももちろん天才的なものを持ち合わせてはおらず典型的な凡庸な人あるいは
残念な人なのですが、モーツアルトのような天才は音楽以外の部分ではかなり残念な
人だったと思われます。

アマデウスは主にヨゼフ2世のお抱えになった期間が多く描かれていますが
そこに雇われている(サリエリも含めて)イタリア人の作曲家、オペラの監督も
モーツアルトほどの才能がありませんが、それでもヨゼフ2世のお抱えだという
プライドがあります。

そこに・・・・・

僕が一番才能がある・・・

まあその通りかもしれませんが、これでは嫌われてしまうでしょう。

ヨゼフ2世もモーツアルトの音楽以外のことは認めていなかったのでは
ないでしょうか・・・

最後にサリエリが倒れたモーツアルトのためにレクイエムの楽譜作りを手伝う
シーンがありますが、あれは、モーツアルトの才能の一端に触れている時間が
楽しかったのはないかと思います。もちろんその間にも嫉妬が顔をだし楽譜を
消したりしたようですが・・・・(^_^;)

天才の才能は凡庸な人は理解することができません。

現実社会においても私と同業者の人で私なんかよりも遙かに才能があり、能力が
ある人を知っていますが彼はその能力のおぼれて逮捕されてしまいました。

凡庸な人間でも自分の強み、苦手な部分はありますがそれを理解して
行動すればいいのかな~と思います。

敵を知り己をしれば百戦危うからずですね。

久しぶりに観た感想は・・・・・

あ~天才でなくて良かった
凡庸の人で良かった
残念な人で良かった

です(^_^;)

|

« 遠藤憲一さん | トップページ | せめてサーフィンに行った気分で・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにアマデウスを観ました:

« 遠藤憲一さん | トップページ | せめてサーフィンに行った気分で・・・(^_^;) »