« ようやく治りました(^_^;) | トップページ | 何事もないように・・・悪霊退散(^_^;) »

2010年9月28日 (火)

PPR100の帰還

みなさん、こんにちは。
さきほどPPR100が約一ヶ月ぶりに戻ってきました。
PPR100はバッテリー電源でCD12をPPR100にそれ以外(パワーアンプ、プリアンプ、IKEMI STAX)はPossible4(CHIKUMAの電源タップです)に繋いでいました。ところがPPR100のチェックと部品交換をお願いしてこれが留守の間はCD12をPossible4に繋いでいました。

Possible4に繋いだ当初は

音が軽くなった・・・

という印象があったのですが、それでもクオリティーが落ちたという印象はありませんでした。この状態で一ヶ月聴いていてさきほどオリジナルの接続に戻しました。

音楽の印象が濃くなった
音楽が元気になった(元気な曲を聴いたので・・・・(^_^;))

という感じで変なたとえですがベージュから年期の入った木の色になったような感じです。

ただこれは機器の持ち味ということで決してPossible4がPPR100よりも劣るという意味では
ありません。

思わぬところでPossible4 VS PPR100

の対決ができました(^_^;)
7245a

Possible4_001

どちらも電源のコンポーネントとしては良いものなので色合いの違いがわかったのは
良かったでした。

現在音出し中(というかエージング中)

|

« ようやく治りました(^_^;) | トップページ | 何事もないように・・・悪霊退散(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PPR100の帰還:

« ようやく治りました(^_^;) | トップページ | 何事もないように・・・悪霊退散(^_^;) »