« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

やっちまったにゃ~(^_^;)

みなさん、こんばんは。
先日ビバルディーのマンドリン協奏曲を購入しました・・・で早速聴いてみると

あれれ・・・・これって聴いたことあるな~(^_^;)

と思って自分が持っているCDを見ると・・・・・同じものを買ってしまった・・・・・

何度も聴かずに印象が薄い(良くないという意味ではありません(^_^;))とこうなって
しまいます。

そういえば学生時代にハマっていた星新一さんの本を買っていた時も同じ本を
何回か買っていました(笑)

私の脳の海馬にちょっと問題があるかもしれません。

(マンドリン協奏曲はいいですよ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

心配ですね~

みなさん、こんにちは。
中森明菜さんが体調不良のために年末のディナーショーをキャンセルするという
ことをニュースで知りました。病状は明らかにされていませんが、疲労と過労で免疫性が
低下しているということで引退の可能性もあるそうです。

何を隠そう・・・・・・・・

中森明菜さんと石野真子さんと麻丘めぐみさんにはちょっと他の歌手の方とは違う特別
の想いが・・・・・(^_^;)

できれば引退なんでしないでじっくり体調を整えてまたあの歌声を聴かせてもらいたい
ですね~

とBESTⅢを聴きながらこれを書いています。

この中では竹内まりあさんの楽曲がいいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススススピーカーケーブルが・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
昨日出張から戻ってみるとアンプからスピーカーケーブルが抜けていました(^_^;)

ふとみるとそれだけでは済まずにYラグ部分がケーブルから取れていました。
スピーカーはバイワイヤーで8本のケーブルを使っています。

ところがパワーアンプはKLIMAAX TWINなのでスピーカー端子は4つでしかも端子の
感覚が狭いのですが、一つの端子に2本のケーブルを繋いで音楽を聴いていました。

・・・で応急処置で4本のケーブルを使い、スピーカーサイドにはジャンパーケーブルを
使って音を出しています。

バイワイヤー仕様のスピーカーはもちろんジャンパーケーブルよりはバイワイヤーで
聴くのが良いのですが奇しくも同じ環境でバイワイヤーとジャンパーケーブルとで
比較ができました(^_^;)(←何でも前向きに考える奴(笑))

音楽のトーンというかテイストは変わりませんが、音楽全体の力感が減ったような
感じがします。

最初からこんな感じで聴いていたらこれはこれで満足していたと思います。

変なたとえですが、バイワイヤーでは10人いた演奏者がジャンパーケーブル
だと6人くらいになったような感じで客席も遠くなった場所で聴いているような
感じです。

他にバイワイヤーのケーブルは一本あるのですがクオリティーが今のケーブルとは
違うのでこっちを使うことにしようと思います。

ケーブルの修理が終わるまでこれで我慢することにします。

バイワイヤー仕様のスピーカーをお使いの方でジャンパーケーブルで音楽を聴いている
方はできればバイワイヤーのスピーカーケーブルをお使いになったほうがいいですよ~

今ボサノバを聴いているのですがパーカッションが遠くなったような・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

リファレンス

みなさん、こんにちは。
私のオーディオ環境はスピーカーで聴くものとSTAXで聴くものと
二種類あります。

当初はSTAXがメインですスピーカーはサブでしたが、段々とスピーカー
環境にハマってしまい今ではスピーカーで聴く時間が長くなってしまいました。

ではSTAXはサブになったかというとそうではありません。

STAXはリファレンスというかお手本になっています。

STAXのシステムが奏でる中庸という感じです。
それに対してスピーカーから出てくる音はSTAXから出てくる
音と比べて埋没してしまう部分があったり、強調される部分が
あったりします。どちらかというと凸凹って感じっすね。

これは私のセッティングが悪かったりアクセサリーに問題があったりするのかも
しれませんが・・・・・・(^_^;)

スピーカーケーブルを7月に買い換えるまではリファレンスと
比べて違和感が少しあったのですが最近はそれほど違和感が
なくなってきました。

何度も書いていますがSTAXはあの値段で(ヘッドホーンとしてみると
安くはありませんが・・・)ここまでのクオリティーがあるのはすごいと
思います。

STAXはCDPを奢れべ奢るほどパフォーマンスが上がりますし電源周りを
改善すればするほど良くなりますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

ベームの珍しいディスク

みなさん、こんにちは。
私はカールベーム指揮のモーツアルトが大好きです。

モーツアルトの(特に若い時の)あの愛くるしい部分でも哀しい部分でも一定の節度を持ち
中庸な演奏(でも凡庸ではない)がツボにきます。

漠然と・・・・・・

カールベーム指揮のクラリネット協奏曲を聴いてみたいな・・・

と思っていました。なかなかこのCDは見つけることができずにいましたが、ブックオフ
に行った際にCDを見ると・・・・・

カールベーム指揮、ウイーンフィルでありました(^_^)b

しかもフルートとハープのための協奏曲がカップリングでした。

実はベーム指揮でこれらは聴いたことがありませんでした。

喜びいさんで家に帰ってCDを聴くと・・・・

まさに格調高い、それでいて退屈ではなく楽しめる演奏でした。

特に強く感じたのは他のCDと比べるとバックのオケが少し厚い感じがまたソロに
対して安定感を与えていい感じでした。

ベームだとバッハのブランデンブルグ協奏曲なんかもいいと思いますが、捜せばあるので
しょうか?

とこれを書いている今はカールべーム指揮、ウイーンフィル演奏のベートーベンの
ピアノ協奏曲5番皇帝を聴いています。これもいいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

フルート

みなさん、こんにちは。
私はここで音楽の能書きをたれていますが(^_^;)、演奏できる楽器(上手ではない(^_^;))
はフルートとリコーダです。

学生時代はブラスバンドでフルートではなくなぜかチューバですた(^_^;)

ここでフルートのパートの人があまりにも優雅に演奏するのでフルートを
(密かに)練習していました。

リコーダは音を出すのは比較的簡単ですがフルートは(私の場合は)なかなか音が出ませんでした。音が出ないということは息が有効に使われていないということになるので
30分も練習(とはいわないですね(^_^;))をすると目が回ってフラフラになります(笑)

まあ、このレベルなのでフルートでオケに参加することもなく現在に至りますが
今でもフルートを演奏する人をみると尊敬します。

またクラリネットもフルート同様演奏している姿は優雅ですがこれは竹でできたリードを
隙間ができないように加えてこれを振動させるので口元がかなり疲労するようです。
ブラバンの合宿では当時1日10時間くらい練習していましたがクラリネットのパートの
人は唇がベロベロになるといっていました。

ちなみに金管の人(私もブラバンでは金管の人(^_^;))はマウスピースを使って唇ふるわし
て音を出すので唇がヒリヒリという感じでした。よく漫画で辛いモノを食べると唇が異様に
腫れる図がありますがあんなイメージです(笑)

クラッシックの演奏会ではオケやソロをやるプレイヤーの方々はちゃんとした技術を
身につけたりや演奏する曲も把握されているので曲の終わりにヘロヘロになるという
素振りはみせませんが疲労なしに優雅に演奏できる楽器はないみたいですね。

指揮者はあれだけ長時間棒を振っていると腕の負担が・・・・・・・・(^_^;)

演奏する側ではなく聴く側で良かったにゃ~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

心に染みるな~バッハフルートソナタ

みなさん、こんばんは、今日は久しぶりにCDを買いに行ってきました。
ショップを物色しているとペータールーカスブラーフ演奏のバッハの6つのフルートソナタ
がありました。

Mziezwbzlml170x17075

バッハのフルートソナタは学生の頃よく聴いていた(このCDを見てそれを思い出しました)
のですがオーディオを再開してからずっと聴いていませんでした。

落ち着いたフルートの調べは秋の夜長にぴったりで一音一音心にしみいります。
またこのレーベルはCD1枚組が1000円、2枚組のものが1700円と安価ですが
録音は悪くないと思います。

秋の夜長にじっくりと音楽に浸るにはお勧めの一枚です。

この他にヒラリーハーンのチャイコフスキーかメンデルスゾーンの演奏のCDを
買おうと思ったのですがふと見るとブルーノワルター氏指揮のブラームスの交響曲
全集がありました。

非常の迷ったのですが・・・ヒラリーハーンのCDはいつでも買えるけどブルーノワルター
はそうではないのでブルーノワルターのほうをゲットしました。

フルートソナタのほうはもうすぐ聴き終わりますが本当にいいですよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

八神純子さん

みなさん、こんばんは。
さきほど偶然にNHKを見たらSONGSで八神純子さんを取り上げていました。

八神さんのCDは私は1枚しか持っていませんし、それほどヘビーローテーションでは
ないのですがかなり好きな歌手です。八神さんの曲は甘い生活くらいまでが好きでそれ
以降のヒットした曲はあまり印象には残っていません。

また、あまり聴かないのは八神さんの曲と自分の人生が結びついていることなのから
かもしれません。

水色の雨は私が心身ともに最悪の時の曲で今でのこれを聴くと当時の私の心情が
えぐり出されるようです。

逆にポーラースターは心身ともに充実していた時で、やはりこれを聴くと・・・・

NHKは今の八神さんが歌っていましたが相変わらず好き取ったパワフルな声は健在
でした。

Leon1969taxyimg351x2991286690751rf5

八神さんの声はその中でもささやく部分(水色の雨なんかそうですね)があるのですが
パワフルは声の持ち主がささやくとかなり効きます(^_^;)

思い出のスクリーンが一番好きな曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAXのモデルチェンジ

みなさん、こんにちは。
先日ようやくSR507を聴いたと思ったらモデルチェンジラッシュです(^_^)v

まず長い間独自のポジションをキープしてきたSR404がSR407に変わります。
先日SR507を試聴して感じたのはSR507はSR404の延長上の製品ではないという
ことだったのでよりユーザーの嗜好に対応したというになるのでしょう。

またドライバーもSR404に合うドライバーのSRM006tAがSRM006tSになりました。

07045f4a

また300シリーズもモデルチェンジされました。

しかしなんといってもですね・・・・・・

6411ee9es

これですね(^_^)v

ブラッシングモデルの試作機だそうですが007Aのモデルチェンジ(或いは上位機か?)
もありそうです。

こちらも大いに期待していますが、できればですね・・・これに対応する新しいドライバーも
欲しいですね。

そういう私は・・・・

SR007(Aがない)+SRM007t(Aがない)or+SRM717(727Aではない)

です。

また試聴にいかなくっちゃ・・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

もう少し丁寧に・・・・・

みなさん、こんばんは。
今日は少し午後時間ができたのでオーディオショップ巡りをする予定でした。

まずお茶の水のオーディオユニオンに行きました。

3FではアキュフェーズのC3800が鳴っていました。相変わらずいいっすね~
2Fはハイエンドの中古でレビンソンの32Lがあったりしました。(ちょっと高いっすね(^_^;))

ふと見ると・・・・・・・

LINNのCD12もありました。ところがですね・・・・・・

そのCD12の上に他の機器を重ねてあるのですね。

CD12は現在中古とはいえ150万円くらいします。

それが・・・・他の機器が上に乗っていたのではそんな値段のCDPには見えません。

もっと展示に気をつけて欲しいですね。

私にお金があれば・・・・・

う~~んこのCD12こんな展示のされ方して可哀想だな・・・・・・
私が引き取りましょう(^_^;)

ということになるのですがなかなかそうはいきませんよね(^_^;)

その後ヨドバシに行き前回の日記にアップしたようにSTAXを聴き、その勢いで
トルアルガーの塔(^_^;)ことダイナミックオーディオに行って、その後ハイハイ堂・・・
ぢゃなくてハイファイ堂へ行く予定だったのですが、ヨドバシでファックスを買ってしまい
それをなぜかお持ち帰りにしてしまったので、ダイナミックオーディオ以降は
断念しますた(^_^;)

あのCD12本当に不憫ですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SR507の試聴

みなさん、こんにちは。
9月の発売されたSTAXのSR507ですがようやく今日初めて聴くことができました。

秋葉原のヨドバシカメラで試聴しました。CDPはマランツのSAー13S2でそれなりに
クオリティーは高いCDPが使われていました。

試聴曲はブランデンブルグ協奏曲2番(あのトランペットが輝かしい曲です)

ドライバーはSRM006tAでした。

全体的な感じは音の輪郭が強く明るく元気な感じです。

今までのSTAXでこんな感じは初めてです。

クラシックのような色々な音がでるものはあまり向いていないような気がしました。

ヴォーカルはいいかもしれません。

隣にSR007A+SRM727A SR007A+SRM007tAと繋いであったので比較して聴いてみると
SR507+006tAより音の輪郭が強くありませんでした。

またSR404+SRM600Limitedでも聴きましたがこれは自然な感じがしました。

残念なのは比較しているのが全部ドライバーが違うので

元気がいい
輪郭がはっきりしている

というのがSR507の特徴なのか、006tAの合わさった特徴なのか不明なのですね。

改めて思ったのは・・・・SR404+SRM600Limitedはありだな~

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

今年も後3ヶ月切りましたね~

みなさん、こんばんは。
9月の半ばまで地獄のような暑さが続き

あち
あち
あち

と目の前の暑さに苦戦しつつ気温が下がってきて色々なことを思いつくようになり
ふと気づくと今日は10月7日です。いよいよ今年も3ヶ月切りました。

12月になると師走で慌ただしいくなりますから、10月、11月はじっくりと色々なことに
取り込める貴重な時です。

涼しくなった後は狂ったように音楽を聴いています。

モーツアルトあり
ベートーベンあり
ブラームスあり
ダニエルビダルあり
柴田淳あり
小柳ゆきあり
稲垣潤一あり

みんな素晴らしいです。

今はダニエルビダルさんを聴いています。

フランス語と可憐か声がぴったりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

金木犀の香りする頃

みなさん、こんばんは。
最近外を歩くと金木犀がそこはかとなく香ります。

こうなると秋の夜長は音楽を聴くにはうってつけですね。

あの地獄のような暑さに熱がでるアンプをドライブして修行のように音楽を聴かなくても
良いのですね~(^_^;)

このところは気候が良いので仕事でくたくたになっても、必ずCD1枚は聴いてしまいます。

地獄のような暑さが去ったらふと・・・・・今年もあと3ヶ月切りました。

どんなに忙しくてもCDを聴く或いはコンサートに出かけるという余裕は忘れたくないものですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

宝石のような時間(ティアラ江東にて)

みなさん、こんばんは。
今日は無事にコンサートに行くことができました。

天気予報では雨だったそうですが私の普段の行いが良いせいなのか、東京は良い天気
でした。

今日のプログラムは

シベリウス 交響詩 フラディルフィア
チャイコフスキー バイオリン協奏曲ニ長調 石亀協子さん バイオリンソロ
ストラビンスキー バレエ組曲火の鳥

でした。

バイオリン協奏曲は石亀協子さんのソロは良かったでした。オケとの融合も良かった
でした。

火の鳥は初めてだったのですが、オケがステージの後方で、前方でバレエが演じられていました。場面場面のオケのメリハリが的確でバレエも(論じられるものは持っていませんが)情感たっぷりで、火の鳥のソロは鳥を十分に表現していると感じました。

それほど内容を理解したわけではありませんが、見終わった後は軽い幸福感がありました。

また忘れてはいけないこととして演奏会に先立ちロービーでミニコンサートが
ありました。

曲目のなかに・・・ななななんと・・・・マッピーがありました。

マッピーは以前にはやったゲームセンターのゲームでネズミのマッピーが猫の追撃を
交わし次々と面をクリアーするナムコのゲームでかつて私もこれにハマっていました。

31y8w6wq2l_sl500_aa300_
ここでマッピーを思い出すとは・・・・・(^_^;)

東京シティーフィルのみなさん
石亀協子さん
東京シティーバレエ団のみなさん

宝石のような時間をありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

何事もないように・・・悪霊退散(^_^;)

みなさん、こんばんは。
今度の日曜日は以前から楽しみにしていたコンサートに行く予定です。

http://www.kcf.or.jp/tiara/concert_detail_020200300265.html

何事も起こらないように・・・・・・
悪霊退散(^_^;)

以前オペラのチケットを取った時に当日にアクシデントがあっていけなくなりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »