« 気配がしても・・・・・・(^_^;) | トップページ | Hirary hahn palys Bach »

2011年1月29日 (土)

名指揮者達

みなさん、こんにちは。
最近色々な指揮者でモーツアルトの交響曲を聴いています。

一番よく聴くのがカールベームです。隅々まで気配りがある重厚な音質で
比較的ゆったりと演奏されます。モーツアルトというと官能的な、天使のような
メロディーが多いのですがその部分でも流されずにしっかりとした節度があります。

カールベームをよく聴く理由は最初に聴いたモーツアルトのハフナーセレナーデ(これを
聴かなかったら多分オーディオにハマっていなかったでしょう)だったからだと思います。

カールベーム以外には、ジョージセル、ブルーノワルター、帝王カラヤン、フランツブリュッヘンのCDを持っています。指揮者によっては、サウンドにはゴージャスさはないですが筋肉質で颯爽と駆け抜けるモーツアルトもありこれはこれでいいですね。

或いは弦と管のバランスが各指揮者によって微妙に違います。どれも素晴らしい!!

今はジョージセル指揮の交響曲39番、40番を聴いています。

最近特にブルーノワルターやジョージセル、ユージンオーマンディーの指揮した
モーツアルトをたっぷり聴いてみたいと思っています。

あまりCD売ってないみたいですね~

こうやって色々な指揮者の演奏を聴くと・・・モーツアルトのイメージした演奏ってどんな感じなのか知りたくなります。

 

ジョージセルを聴いたらヒラリーハーンのバイオリンのソロ(デビューCDみたいですね)であるバッハのジャコンヌを聴こうと思っています。

|

« 気配がしても・・・・・・(^_^;) | トップページ | Hirary hahn palys Bach »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名指揮者達:

« 気配がしても・・・・・・(^_^;) | トップページ | Hirary hahn palys Bach »