« 無理して欲しくないですね~>桑田佳祐さん | トップページ | どっちもいいっすね »

2011年2月13日 (日)

音楽の力

みなさん、こんにちは。
音楽の力って人が目の前の課題を克服する力を与えてくれたり、あるいは、資本家が労働者をより効率的に働かせる効果があったりと様々な面があります。

また、音楽そのものが芸術かもしれませんが作曲の動機が自分の中から湧き出る何かを
表現するためだったり、或いは作曲の依頼があったり(それをビジネスにしている)と様々
です。

本当は音楽も自分のその時の気分によって聴き分けるために自給自足することが
できればいいのですが、こればっかりは才能がなければ難しいですよね。

様々なバックグラウンドがある音楽ですが、私は音楽を

リラックスするために
自分自身の仕事の能率を上げるために

聴くことが多いのですが、最近ベートーベンのピアノソナタの悲愴をよく聴きます。

人生において禍福はあざなえる縄のごとし(最近これ気に入っています(^_^;))ということで
悪いことと良いことに交互に人生において直面するのですが、そうはいってもそれぞれに
直面した時の感情的な動きは全く違います。

特に悪いことに直面した時は、場合によっては精神を病んだり、大きく傷ついたり、落胆
したりします。こういうことは人生では誰でも直面することですが、悪いことを受け入れて
その後に克服しなければなりません。

さもないと禍福ではなく禍禍が津波のようにおそってくる・・・・という自体になりかねないし
禍の陰に隠れている福を見逃してしまいがちです。

悲愴は最初大きな絶望が襲ってきてドーンと落ち込み、その後少し上向きになった後
さらにまた絶望が襲ってきて・・・その後心の平穏を取り戻し、最終的に絶望を克服して
前向きに生きていく・・・

ということが表現されているように個人的には感じています。(合っているかどうかはわかりませんが・・・)

悪いことに直面した時などはこれを聴くと勇気づけられる作品です。

リスニング中・・・・らいとなう・・・(^_^;)<ツイッターじゃないぞ!!

|

« 無理して欲しくないですね~>桑田佳祐さん | トップページ | どっちもいいっすね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の力:

« 無理して欲しくないですね~>桑田佳祐さん | トップページ | どっちもいいっすね »