« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

オーディオ機器の値段

みなさん、こんにちは。
少し前の話になりますがPS audioというメーカーから発売されたperfectwaveという
シリーズのトランスポートとDAC(要するにCDプレイヤーのうち、読み取り部分と
デジタル→アナログ変換部分をそれぞれ分けたものですね)があります。

Perfect_trcd

これの定価がそれぞれ50万円つづ併せて100万円していたのですが、円高の影響で
値下げされました。新しい値段はそれぞれ294,000円づつで合計で59万円ほどに
なります。狙っていた方には朗報ですがそれでも100万円→59万円っていったい・・(^_^;)

この製品がリリースされた時はけっこう評判良かったので購入された方もいらっしゃる
と思いますが100万円で買った方はちょっとアレな感じがします。

そうかと思えば新興メーカーでCH precisionというメーカーがあり最近ここからD1というCDプレイヤーが発売されました。

D1_main

これは発売当初は320万円(まあ私の場合は購入の対象外ですが(^_^;))でしたが、最近
値上げされて360万円になりました。(笑)

まあ、値段からすると10%強ですが値上げ分が40万円ですからこれでちょっとした
セットが揃ってしまいますよね。

最近ネットでLINNのCD12の中古を見かけますが、ひょっとしたらCD12を下取りに
出してこれを購入している肺炎だーではなくハイエンダーの方が増えているのかも
しれません。評判はすこぶるよく(まあ360万円で音が悪ければ暴動が起こりますよね)
この後発売されたDACのC1をつなげると更に上があるようです。(フリーザーの最後の
変身みたいな感じでしょうか(^_^;))

でもC1というDACも200万円くらいだったと思うので600万円近くなりますね。

最近はオーディオ界は日本勢も海外勢に負けていません。

ラックスマンからはDシリーズというよいCDプレイヤーが発売されていますし
エソテリックからもKシリーズ(音がXシリーズよりも自然になったのはちょっとびっくり)
が発売されています。

また、アキュフェーズからはトランスポートとDACが分離されたものがリリースされる
予定です。

ただね・・・・

どれも簡単に買えるような値段ではないのがイタイっす。

個人的には20万円くらいの価格帯がもっと充実して欲しいと思っているのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

レディーガガさん

みなさん、こんにちは。
レディーガガさんはその奇抜なファッションや奇行で知られていますが、以前スマートフォーンのCMを観ていたら意外とカワイイと思いました。

もちろん歌唱力は抜群、プロモをみる限り踊りも抜群・・・・しかも日本びいき

震災でいち早く支援の行動を起こしてくれましたがそれ以前からCDを買っていないけど
気になるアーチストでした。

今回来日した時も・・・

日本は安全!!

と力強くアピールしてくれました。

それはどの政治家の軽いむなしい言葉よりも強烈な存在感、説得力を持っていました。

次期総理はレディーガガに決定!!

ですね。

今度CD買ってみます(^_^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

無知は罪(笑)

みなさん、こんばんは。
パワーアンプが病院送りになって依頼音楽はSTAXで聴いています。

以前書いたと思いますが

IKEMI→光ボリューム→SRM717→SR007

の組み合わせです。

ところがこれで聴いているということはCD12とレビンソンの26SLはずっと電源入らない
ままなので今日は

CD12→26SL→SRM717→SR007

でつなげようとトライしてみました。

以前セッティングしたら全く音が出なかったのでリベンジです。

ということで簡単に音がでました(笑)

以前失敗したのはSRM717にRCAとXLRを同時に繋いだからなのですね。
我ながらこんな簡単なことを知らなかったんですね(^_^;)

光ボリュームから26SLに変えてみると改めて思うのは26SLは熱い音ですね。

パワーアンプを使っていた時はこの組み合わせはほとんどSTAXでは試していなかった
のですが素晴らしいです。

暫くはこの組み合わせで聴いてみようと思います、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

ゆったりと聴けますね

みなさん、こんにちは。
昨日CDショップを眺めていたら小柳ゆきさんの見慣れないジャケットが目にとまりました。

31av9shp6ml_sl500_aa300_

ちょっと大きくしちゃいました(^_^;)

TypeというアルバムでBuddyの後にリリースされたようです。

小柳ゆきさんのヴォーカルは非常にクオリティーが高いですが、リラックスしたいときは
ちょっと敬遠する傾向にあります。

しかしながらこのTypeはあまり声を張り上げる曲はなく質の高いヴォーカルをリラックス
して聴くことができます。良く耳にする曲のカバーだったり切々と訴えるオリジナルヴォーカルだったり・・・・

これを聴くと小柳ゆきさんはヴォーカルとして天賦の才を与えられていたみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

経済感覚(笑)

みなさん、こんにちは。
オーディオをやっていると私の場合は経済感覚が段々と麻痺してきます。
数年前のLINNのIKEMIを買った時は・・・・

こんな凄いもの俺ごときが買ってもいいのかな~

という疑問を持ちつつ買ったものでした。

その後CD12を購入した時は・・・・

俺ごときがこんなあり得ないもの買って天罰あたらないかな~

ところが最近はCH precisionD1が320万円から360万円に値上げ・・・へ~
これにC1を足すと200万円プラスか・・・・いい値段だな~

今度アキュフェーズから新しいトランスポートとDACが出るけど合わせて200万円ちょっと
か・・・・まあまあ(何が?)だな・・・

まあ私が月収何千万もあれば全く何の問題もないのですが、高い値段に麻痺している
だけで収入がそのレベルを遙かに下回っていることに最近気づきました(^_^;)

このままではアリとキリギリスのキリギリスになってしまいます。

最近は家の近くのスーパーで・・・・

明治のおいしい牛乳は210円か・・・・・前は250円だったし他の店では280円なんて
あり得ない値段だったな・・・・

雪印の6Pチーズは特売で200円切るまで買うのよそうっと

コーラの2リットルが130円台か・・・これは今日買おうっと

的な感じになってきました。

個人的には良い傾向です(笑)

ただCH precisionD1が数十万円も値上げしてもそれほどびっくりしないのに、明治のおいしい牛乳が280円で売っていたのにびっくりする自分っていったい・・・(^_^;)

という思いは少しだけありますね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

試聴

みなさん、こんにちは。
今日は私が所属する団体の総会がありました。

出席手続きだけして即逃亡しますた(^_^;)

その後オーディオ巡り・・・

まずお茶の水のオーディオユニオンに行ってみました。

3Fの視聴室に入るとJBLのデカイスピーカー(型番失念)にエソテリックのK-01を
CDPにプリがアキュフェーズのあのC3800、パワーも多分アキュフェーズのA65だと
思います。以前ここでC3800を聴いて衝撃を受けたことを思い出しました。

だた今日はなんというかこれだけのメンバーで鳴らして音が乏しいような感じとヴォーカルの高音がちょっとクリアーではないような印象がありました。

エソテリックのK-01も評判の良いCDPなので(もっとも100万円オーバーなのでこれで
音が悪かったらお茶の水に暴動が起きますよね(^_^;))セッティングが悪いのかな~

とりあえず聴いた・・・というだけでした。

個々の機器の実力はこんなものではないと思います。

次にダイナミックオーディオの1FにいってまたまたSTAXのSR009を試聴しました。
今度はドライバーはSRM007tAです。ベートーベンの弦楽四重奏曲をかけてもらいましたが
やはり私の好みは

SRM007tA>>SRM727A

でした。(要するに真空管を使ったハイブリットアンプの方が好きなんですね)

相変わらず試聴機のCDPがショボイにもかかわらず良いパフォーマンスです。
CDP以外は試聴環境も良く落ち着いて聴くことがでました。

次の6Fにいくとそこにはなななんと・・・・

あのTAD-D600が鳴っていました。オクターブのパワー&プリ、スピーカーはウイルソン
でした。多分これでだけで1000万円くらいするのではないでしょうか(笑)

少しこちらの豪華キャストを堪能してその次にエソテリックのプリメインアンプI-03
を聴いてみました。I-03にCDPはK-03です。CDは偶然にも私がよく聴いているヒラリーハーンソロのバッハのバイオリン協奏曲です。

これも素晴らしいかったです。もちろん、TAD&オクターブ&ウイルソンの超弩級軍団
と比較すると(比較してはいけないものです)粗を感じますが、これだけで音楽を
十分に楽しむことができます。

なんというかセパレートアンプでパワーがとかプリが・・などということはアホらしく
なってしまうほど十分なパフォーマンスでした。

I03

それまではエソテリックというとゴリゴリ君(ピントが合いすぎて聴き疲れする)イメージ
でしたが音楽を自然に聴くことができました。試聴のスピーカーがアンプやCDPと比べる
と良いものだったのですが、それでも音楽をキチンと聴かせるという結論は間違っていないでしょう。

この辺りのアンプだとアキュフェーズ(型番がよくわかりませんが(^_^;)やラックスマンの
L590AXやL509u辺りがライバルになりそうですね。

オーディオ機器の値段に麻痺しているとこのエソテリックの組み合わせはリーズナブルだと
思いますがそれでもK-03が84万円、I-03が63万円なのでそれほどオーディオに興味が
ない人からすると・・・

何がリーズナブルなんですか!!

といわれそうです(^_^;)

まさかTADまで聴くことができるとは思いませんでしたが大きな収穫でした。
TADのD600を見るとトランスフォーマーみたいに変身するような感じですね(笑)

Tadd600

今度はCHprecisionD1&C1を聴いてみたいっすね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

ヨドバシカメラで試聴

みなさん、こんばんは。
パワーアンプが病院送りになり心にぽっかり穴が空いた日々が続いています。
どうやらエソテリックのI-03が評判がいいのでこっちに逝くか・・・・(^_^;)

と思うこともありますが、いやいやお金は大切に使わないといけない・・・と
引き留める自分もいます(笑)

その代わりSTAXチームの奮闘でそれなりに充実しています。

段々と熱くなってきたのでドライバーを007tから717に変更して

IKEMI→光ボリューム→SRM717→SR007

が大活躍しています。

本当はSRM007tで聴きたいのですが、「修行」になってしまうので熱い間は
選手交代です。007tと比べるとちょっとクールですが良いです。

今日は久しぶりに秋葉原に行ったのでヨドバシカメラで二度目のSR009の試聴を
してきました。ドライバーはSRM727Aでしたが、やはり素晴らしいです。

ただ・・・・試聴環境が劣悪で周りの音がうるさいので試聴曲が静かになる部分が
あるとほとんど聞こえませんでした(^_^;)

まあ、これはやむを得ないとしても他のヘッドホーンでは良いCDPを繋いでいますが、SR009はワンランク下のCDPを繋いでいました。

こっちの方がパフォーマンスの上限が高いのでこっちのほうに他に繋いでいるようなワンランク上のCDPをつないで欲しかったと思います。

おそらくSR009は爆発的に売れるものではありませんがそれでももっと気を遣って
欲しいと思いますね~(^_^;)<お前は店長か!!

PS
今はサザンの渚のYeahを聴いていますが、夜のこんな気候の時にリゾートに来て
ゆったりと音楽を楽しんでいるような気分で良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生で聴きたかったです

みなさん、こんにちは。
先日のタモリ倶楽部ごらんになったでしょうか?

この番組はいつも観ているわけではありませんが、テレビのスイッチを入れたら偶然に
この番組が写りました。タモリ倶楽部はいい年したおじさん達がまるで子供のように目を
キラキラ(タモリさんはサングラスなのでわかりませんがきっとそうでしょう(^_^;))させて
面白いことをやる番組ですね。

先日はハーマンインターナショナルにおいて最高の機材を使ってトホホなレコードを
聴くという企画でした。

1960年代は、お金持ちがお金に飽かせてトホホなレコードを出すというのがブーム
になっていたそうです。これを何枚かかけてどれが一番トホホか・・・・という内容
でした。

劇団ひとりさんも出演していましたがまるで子供のような表情でした。

残念ながらテレビを通した音は最高の機材のテイストを味わうことができなかった
のですが演奏のトホホさだけは十分に伝わってきました。

ツァラトストラはかく語りの冒頭のトランペットのソロは劇団ひとりさんが

自分はトランペット吹けないけどこのくらいだったら2~3時間練習すれば・・・

とおっしゃっていましたが、私も同感でした(^_^;)

あまりのトホホで私も出演者と同じくテレビの前で大笑いしてしまいますた。

最高の機材でトホホな演奏・・・・というのもまたいいかもしれませんね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

二十歳過ぎれば・・・・・

みなさん、こんばんは。
モーツアルトは幼少の頃からその天才ぶりをいかんなく発揮してきました。
またこの頃から演奏旅行を行い貴族や君主などから絶賛されていました。

モーツアルトは今では大音楽家ですが、当時も周囲の評価はそうだったのでしょうか?

20歳くらいの時にパリに行った際には冷遇されたようで、当時父親にあてた手紙
(交響曲31番ーパリを作曲した辺りのようです)にこの曲の中に当時のフランス人が
喜ぶようなパッセージを入れたらあのバカどもは案の定喜んだ・・・という趣旨の
手紙を書いています。

その後経済的貧困から抜け出すことはできずにけっこう悲惨な最期でした。

どうしてこんなことを急に言い出すかというと・・・・

最近テレビを観ると天才子役が大活躍しています。

たしかに表情、振る舞い、発言をみると愛くるしさの中にも意外としっかりとして子供らしく
ない部分も時折顔をのぞかせます。

私たちは子役の時代に魔法にかかったように輝いていた人達を多くみています。

有名どころでは

ケンちゃんシリーズの宮脇康之さんや安達祐実さん・・・

子供の頃に人気者になると

チヤホヤされる→天狗になる
お金が沢山入ってくる
本来学ぶべきものを習得する時間を失う

などなど色々なことがありますが、この天才達が大人になっても生きていけるように
親御さんたちにはいい気になることなく教育して欲しいですね。

宮脇さんはよく当時のことを語っていますが、当時を振り替えると
本当にお金はものすごくあったけどテレビのイメージとは違って本当に
嫌な奴だった・・・・

そうです(^_^;)

今の天才子役達が二十歳になる頃は別の天才子役がきっと出現して大活躍して
いるでしょう。

二十歳からの人生のほうがそれまでの人生よりも遙かに長いですからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

ゴーイングコンサート

みなさん、こんばんは。

ということで今日は知り合いのホルン吹きさんがオケに参加しているコンサートにいって
きました。

ます最初のブルッフの交響曲1番ですが非常に躍動的な曲で初めて聴きましたが
気に入りました。またジャパン・クラシカというオケは練習が厳しい(^_^;)らしく
最初の音がちょっと違うというかクオリティーが高かったです。

あっというまにブルッフが終わり、20分の休憩後にブラームスの交響曲2番になりました。

このオケのクオリティーでブラームスを十分に堪能しました。

演奏もさることながら衣装もカラフルで黒一色もいいですが、このカラフルさも
良いですね。

このところ宿題に追われてヘロヘロだったのですが、リフレッシュすることができました。

また、今日はクライアントのフランス人の方も聴きに来ていて終わったあとホルン吹きさんも含めて少し談笑する時間があったのはさらに良かったでした。

良い時間をありがとうございました<(_ _)>>ホルン吹きさん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

コンサートのお知らせです

みなさん、こんにちは。
今週は仕事がいつくか並行していたので非常に疲れました(^_^;)

唯一の潤いは自宅にあるSTAXのシステムで音楽を聴くことです。

最近は
IKEMI+光ボリューム+SRM717で音楽を聴いています。段々暖かくなるのでSRM007tは
ちょっとキツイですね。

パワーアンプがまだ入院中ですがSTAXも十分聴き応えがあります。

とはいうもの・・・ライブ行ってみたいにゃ~

などと思っていたら昨日知り合いのホルン吹きさんからコンサートのお誘いが
ありました。

ジャパン・クラシカ第4回定期演奏会

ブルッフ 交響曲第1番 変ホ長調 作品28
ブラームス 交響曲第2番 ニ長調 作品73

大田区民ホール・アプリコ 大ホール 13時30分開場 14時開演

http://www014.upp.so-net.ne.jp/JapanClassica/image/JapanClassica-4th.pdf

ブラームスはよく聴くのでこれはこれで楽しみですが、ブルックは初めて聴くので
こっちも楽しみですね~

今日は予習ということでブラームスの交響曲を全曲聴いてしまった・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »