« ゴーイングコンサート | トップページ | 生で聴きたかったです »

2011年6月12日 (日)

二十歳過ぎれば・・・・・

みなさん、こんばんは。
モーツアルトは幼少の頃からその天才ぶりをいかんなく発揮してきました。
またこの頃から演奏旅行を行い貴族や君主などから絶賛されていました。

モーツアルトは今では大音楽家ですが、当時も周囲の評価はそうだったのでしょうか?

20歳くらいの時にパリに行った際には冷遇されたようで、当時父親にあてた手紙
(交響曲31番ーパリを作曲した辺りのようです)にこの曲の中に当時のフランス人が
喜ぶようなパッセージを入れたらあのバカどもは案の定喜んだ・・・という趣旨の
手紙を書いています。

その後経済的貧困から抜け出すことはできずにけっこう悲惨な最期でした。

どうしてこんなことを急に言い出すかというと・・・・

最近テレビを観ると天才子役が大活躍しています。

たしかに表情、振る舞い、発言をみると愛くるしさの中にも意外としっかりとして子供らしく
ない部分も時折顔をのぞかせます。

私たちは子役の時代に魔法にかかったように輝いていた人達を多くみています。

有名どころでは

ケンちゃんシリーズの宮脇康之さんや安達祐実さん・・・

子供の頃に人気者になると

チヤホヤされる→天狗になる
お金が沢山入ってくる
本来学ぶべきものを習得する時間を失う

などなど色々なことがありますが、この天才達が大人になっても生きていけるように
親御さんたちにはいい気になることなく教育して欲しいですね。

宮脇さんはよく当時のことを語っていますが、当時を振り替えると
本当にお金はものすごくあったけどテレビのイメージとは違って本当に
嫌な奴だった・・・・

そうです(^_^;)

今の天才子役達が二十歳になる頃は別の天才子役がきっと出現して大活躍して
いるでしょう。

二十歳からの人生のほうがそれまでの人生よりも遙かに長いですからね~

|

« ゴーイングコンサート | トップページ | 生で聴きたかったです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十歳過ぎれば・・・・・:

« ゴーイングコンサート | トップページ | 生で聴きたかったです »