« 物欲復活 | トップページ | どうしようかな・・・・・(^_^;) »

2011年8月15日 (月)

クラリネット協奏曲

みなさん、こんにちは。
モーツアルトの作品の中で

クラリネット協奏曲
クラリネット5重奏曲
ピアノ協奏曲27番

この3曲を白眉三曲と勝手に呼んでいます。

曲想が似ていること(決して悪い意味ではありません)
人間が持つ煩悩(といっていいのかどうかわかりませんが)がない世界を感じる

ことが共通しておりとても癒されます。

そういえばこの白眉三曲の中でクラリネット協奏曲をしばらく聴いていませんでした。

受け売りですがモーツアルトがクラリネットのために書いた作品はこのクラリネット協奏曲、クラリネット五重奏曲で、作曲の経緯は当時のクラリネットの名手のアントン・シュタードラーという人のために書かれたそうです。

クラリネットのためではなく特定の奏者のために書いたもので、シュタドラーと人の演奏に
啓発されて作曲したそうです。この辺りのモーツアルトは不遇でピアノ協奏曲の予約演奏会を告知しても聴衆が集まらずに借金を繰り返していた時期だと思われます。

こういう時期でも芸術家の本能というかエスプリというか・・・・その魂が触発されてこのような美しくも儚い全てが絶妙のバランスの上に成り立つような作品を作るというのは賞賛するしかありません。

私自身まだ煩悩だらけで達観した境地には無縁ですが、おそらく人から煩悩を取ると
このような境地になるのかな・・・と思います。




|

« 物欲復活 | トップページ | どうしようかな・・・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラリネット協奏曲:

« 物欲復活 | トップページ | どうしようかな・・・・・(^_^;) »