« 走れコータロー | トップページ | ただいま貯蓄中(^_^;) »

2011年8月26日 (金)

サルビアの花

みなさん、こんばんは。
以前にヒットしたフォークを集めた君の詩というCDを久しぶりに聴いてみました。
ほとんどリアルタイムに聴いたものはないのですが、その中でサルビアの花という
曲が気になりました。

これはヒットした当時色々な人が歌った曲で、おそらくですが当時「きみまろ」という
女性グループの作品がもっともヒットしたのではないかと思います。

この曲を女性が歌うと切ない失恋ソングにきこえます。

君の詩では甲斐よしひろさんが歌っています。

やさしく歌っていますが、歌詞をよく聴くと例えば22歳の別れのようにお互いの将来を
誓い合った2人のうち女性のほうが(理由は不明ですが)他の男性と結婚する・・・・という
単純な図式ではないように思われます。

簡単にいうとサルビアの花は女性は全く歌の主人公のことは知らずに男性が一方的に

君の部屋にサルビアの花を投げ入れたい
ベットにサルビアの花を敷き詰めたい&死ぬまで抱き続けたい・・・

と思っているのではないか・・・感じ取れるようになってきました。

そこで聴き比べ・・・(^_^;)

http://ameblo.jp/ben1/entry-10395174146.html

色々なアーチストがいますが、最後の歌手が作曲した人がオリジナルで
歌ったサルビアの花です。(早川義夫さん)

これはつぶやいている・・・ということでストーカーの執念のようなものを感じますが
女性シンガーが歌うとやはり失恋の歌という感じです。

http://blog.livedoor.jp/insighter/archives/51817972.html

これは最初のものが早川義夫さんの後年歌ったものです。

なななんと天地真理さんの曲もあります。

http://www.youtube.com/watch?v=0z7QK9ZIZoE

が甲斐よしひろさんが歌っているもので、私はこれが一番好きです。

気のやや弱い青年がストーカー的に彼女に一方的な思いを抱き(勝手に)傷つく
ようすを切々と歌っています。

うまくリンクできなくてすいません(^_^;)

|

« 走れコータロー | トップページ | ただいま貯蓄中(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サルビアの花:

« 走れコータロー | トップページ | ただいま貯蓄中(^_^;) »