« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月28日 (月)

今年はCDPが凄かったですね。

みなさん、こんにちは。

今年は新製品がけっこう賑わいました。特に私の個人的なことですが今まであまり感心がなかったアキュフェーズ(ユーザーの方々すいません)がプリアンプのC3800を試聴してその素晴らしさを実感してから気になるメーカーになりました。

そのアキュフェーズがリリースしたセパレート型のDP900とDC901がリリースされました。
また、もう一つの日本の雄であるエソテリックからは同じセパレート型のP2とD2もリリースされました。

(実は今年はほとんど試聴できていませんが・・・(^_^;))

アキュフェーズのC3800のテイストからの想像ですが、ナチュラルな傾向なのではないでしょうか。購入された方々はみなさん絶賛されていました。(ウラヤマシイ)

エソテリックはそれまではゴリゴリ君という感じで以前聴いた(といってもX03ですが)時の
印象がこれでしたがK3を聴いた時はこちらもナチュラルになっているので、これをさらに
発展させたようか感じだと思います。

どちらも素晴らしい仕上がりのようです。

一方海外メーカーに目を向けるとCHprecisionのD1が圧倒的なようです。これにC1というDAC(なのかな?)を接続するとさらにグレートアップするそうで、C1はプリアンプの機能も兼ねているので(こっちはどんな感じなのでしょうね?)パワーアンプから繋ぐことができるそうです。

と素晴らしいのですが、その一方で誰でも簡単に買えるようなものではなく、アキュフェーズもエソテリックも200万円以上しますし、CHprecisionに至ってはD1とC1を合わせて600万円くらいします。

これがイタイですね。

PS
今回は大部分が受け売りです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

なごり雪の思い出

みなさん、こんにちは。
イルカさんが歌う名曲でなごり雪があります。

この曲には印象に残ったことがあります。

勤務時代にNさんという後輩がいて、大恋愛のすえ失恋しました。
その時の彼の落ち込みかたはハンパないほどでした。

ある日有志でNさんの失恋を癒すために飲み会をやりました。

そこのお店はステージがあり、お客がカラオケをする場合にステージに上がって歌う仕組みになっていました。

Nさんはそこでステージに立ってなごり雪を歌いました。

Nさんは声はいいのですが、完璧な音痴で音程が外れて歌そのものは酷いものでしたがよく見ると泣きながら歌っていました。歌は下手ですがその時の彼のなごり雪は心に残りました。

イルカさん、或いは伊勢正三さんのなごり雪を聴くとNさんのなごり雪を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

オーディオ機器の使い方

みなさん、こんばんは。
オーディオ機器は再生機器なので、自前のオーケストラを持っていない人でも音源さえ
あれば自分の好きな曲をいつでも聴くことができます。

今年は私事ですが最愛の人が2人あの世に旅立ちました。

誕生があれば当然に死は誰に対しても平等に訪れます。

生まれたらいつかはその命に終わりが来る・・・

それだけのことなのですが、それを受け止めて前に歩き出すにはそれなりの時間が必要であり、今のこの時期この時間は時々この2人の思い出に浸るための時間がまだ私にとって必要になります。

そのせいか、最近はモーツアルトのレクイエム、ブラームスのドイツレクイエムを
よく聴きます。

我が家は浄土真宗なので宗教的にはあまり関係ないのですが、そうはいっても
お経を聴くよりはこっちのほうが・・・

どうか安らかに・・・
やり残したことは私がやるから・・・
こっちは心配いらないから安心してそっちで暮らしてください・・

こんなことを思って聴いています。

モーツアルトのレクイエムは

カールベーム版
カールリヒター版
イシュトバンケルテス版

などなどあるのでその時の気分で、荘厳なもの、街の教会で聴くような感じのものなど
聴いています。

ブラームスのドイツレクイエムは演奏会用に作られたものだそうですが、まだ、それほど
聴きこんでいないので語るほどのものがありませんが、それでも魂が揺さぶられるものがありますね。

安らかに眠ってください。

こんなオーディオ機器の使い方もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

趣味ですからね~

みなさん、こんにちは。
みなさんはどんなオーディオ生活を送っていますか?

以前このブログでも書きましたが私はどちらかというとハード的なものを楽しむよりも
好きなコンポーネントをゲットしたらそれで音楽を楽しむことに重点をおいています。

もちろん、このアンプとかこのケーブル使ったらどうなるのか・・・ということも興味が
ありますが、そういうイベントは数年に一度という感があります。

今はSTAXの009とレビソンノプリのNo32Lが欲しいと思いますが、欲しいと思ってすぐに
買えるわけではないので希望として持ち続けようと思っています。

これは私の場合ですがもちろんハード的に色々改造したり、環境を変えたりして
その変化を楽しむということもありです。

オーディオは趣味ですから、こうでなければならない・・・ということはなく自分の好きなようにすればいいのですね。

例えばスピーカーは一番システムの音色を支配するのでスピーカーに最も重きを置くという
考えもあればいくらいいスピーカーがあってもアンプがショボイと十分にスピーカーの能力を発揮することができないという考えもあれば、CDPが音を拾わなければそれは再生されないのでCDPこそ最も大事という考えもあります。

(私はバランス重視ですが・・・・(^_^;))

趣味なので自分が楽しく充実した時間を過ごすことができればいいですね~

もちろん・・・・・再生装置なんて邪道であんな小さなスピーカーでオーケストラの演奏が
十分に再生されるわけがなく、オーケストラ持つのが正しいという考えもありです。

個人的には再生装置ではなく自前のオケとホールを持つことに賛成ですが・・・・
先立つものがないので再生装置でガマンしています(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

当たり前のことをやって驚く自分(笑)

みなさん、こんにちは。
スピーカーケーブルの接続にけっこう悩んでいました。

ガルネリオマージュはバイワイヤーで、LOWのほうはバナナフラグをつかえるので
(バナナはゴールドムンド(笑))あまり悩まないのですが、HIGHはYラグをそのまま
締め付けるタイプです。

こっちが大変で、いくらきつく締めてもケーブルの重みで外れそうになってしまいます。

内心はそんなにキッチリしなくても音は出る・・・とB型特有のアバウトさだったのですが
今日はペンチがたまたま近くになったのでこれをつかってHIGHをキッチリ締めました。

そうしたら・・・・・・(マニアの方笑ってやってください(笑))

見違えるようになりました。

ということはこれもまた以下に機器の能力を引き出して聴いていなかったのか・・・という
ことになりますよね。

いまモーツアルトのピアノ協奏曲20番をびっくりしながら聴いています(^_^;)

私のようなトホホはそうそういないと思いますが、一度スピーカーケーブルの接続を
チェックしてみるのも吉かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういう日は落ち着きますね~

みなさん、こんにちは。
今日は全国的に雨だそうで外は暗くなんとなく周囲も静まりかえっています。
家の中も電気を消すと、薄暗く靜かな我が家という感じです。

抜けるような青空もいいですが、こういう天気もまたおつなモノです。

早速モーツアルトのクラリネット協奏曲を聴いています。

静かな薄暗い空間にクラリネットのなんともいえない官能的な音が響きます。

しかも、この音色にモーツアルトの作曲のクラリネットのメロディーはぴったりです。

テレビを消して電気を消してお気に入りの音楽をじっくり聴いていられる時間は
宝石のようにかけがえのものだと実感しますね~

では次は・・・モーツアルトの怨念がこもっている(^_^;)・・・・・

フルートとハープのための協奏曲を聴きます(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

フルメンバー揃いそうです(^_^;)

みなさん、こんばんは。
オーディオ的には今年は呪われているとしか思えない年でした(まだ終わっていませんが)

パワーアンプが病院行き
ウーハーが逝っちゃってパワーアンプが病院行き
プリアンプがDC漏れで病院行き

無事なのはCDプレイヤーだけでした。

幸いプリ以外は退院したので、光ボリュームをプリとして使って音楽を楽しんでいます。

今日プリアンプの修理の見積がきました。思ったより安かったので(といっても選択肢は
残されていませんが)修理をお願いしてあと一週間ほどで戻ってくるようです。

コンデンサー、抵抗が経年劣化しており
コンデンサー18個、抵抗14個の交換調整となります。


という感じなので結構痛んでいたんだなと改めて実感します。

月末にはフルメンバーが揃います。

しかしパワーアンプのバージョンアップ、ウーハーの修理代、プリの修理代

はちょっと痛いっす。

ボーナス欲しいじょー(フリーランスなのでボーナスはないっす(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

交響曲4番

みなさん、こんにちは。
ベートーベンは9つの交響曲を作りました。
有名どころでは・・・・

3番英雄
5番運命
6番田園
9番合唱付き

ですが、7番も漫画のおかげで有名になりました。

交響曲4番ってご存じでしょうか・・・・・

何それ?
そんなに有名ぢゃないよね~
たいしたことないんでしょ

って声が聞こえてきそうですが・・・・・(^_^;)

これが素晴らしいんですよ・・・・・

特に3番の英雄と5番の運命に挟まれてしかもタイトルがないのでもの凄く地味な
ように感じますが、私としてはこの有名どころにひけをとらないくらいいいです。

演奏会などでは興行的なことを考えるとプログラムに

交響曲1番
交響曲2番
交響曲4番

と載るといかにも地味(作品はそんなことないんですが)できっと観客に対する訴求力も
ないと思いますが、それぞれは素晴らしいです。

でも4番は本当に秀逸です。

是非是非聴いてみることをお勧めします。

別名巨人(3番と5番ですね)に挟まれたギリシアの乙女ともいわれています。

いまギリシアというとちょっとアレですが・・・・・(笑)

とこの文章をいま8番を聴きながら書いています(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

カテゴライズするのは好きではありませんが・・・

みなさん、こんばんは。
一応オーディオやっていますが、私はオーディオマニアというほどマニアではなく、オーディオヲタクというほどヲタクではありません(笑)

どちらかという音楽を沢山聴きたい派でどちからというとセッティングがなんちゃらかんちゃらとかいうのはあまりこだわらず(オイオイ)好きな音楽を聴くことができればOKという派です。

もちろん、ヨルマのプレミアムを使うと別世界になるということには大変興味がありますが
まだ私自身の価値観ではケーブルに100万円近く出す(それ以前にお金ありませんが(笑)というのが理解できません。

もっともこのくらいのお金を出して素晴らしくならなかったら(好みはあると思いますが)

バカヤロー

ですよね。

でも結構電源にこだわっていたりする部分もあるので、いわゆるオーディオマニアとかオーディオヲタクとかいうカテゴリーには若干の憧れがあるのかもしれません(笑)

電源にこだわってといってもマニアからみれば児戯に等しいと思います(^_^;)

まあ敢えてカテゴライズするとしたら、オーディオマニア、オーディオヲタクに若干に憧れを持つ普通の音楽を聴くのが好きな人っていうところでしょうか・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機内のプログラムーシューマンさん

みなさん、こんばんは。
オリンパスが大変なことになっていますね。

オリンパスは・・・・・ってこのブログは発展途上人の部屋ではなく音楽の戯言ですた(^_^;)
この続きが読みたい人は左側にリンクしてある発展途上人の部屋を読んでくさいね。

体の良い宣伝するな!!

閑話休題

月曜日、火曜日と札幌に出張に行ってきました。機内での楽しみはオーディオのプログラムで大体行きはオールナイトニッポンクラシックス、帰りはクラシックのプログラムを
聴きます。

学生の頃は深夜放送など聴いたことがなく、何の郷愁もないのですが、それでもオールナイトニッポンクラシックスはなにか懐かしく思わされますね。

クラシックは色々な作曲家の作品を短く取り上げるので、普段聴くことのない作曲家で
思わぬ作品に出会うことがあります。

今回はシューマンさん(一応敬語を・・・(^_^;))

全くシューマンさんは予備知識がないのですが、奥さんのクララシューマンはピアニストで
それと関係あると思いますがシューマンさんのピアノの曲は美しいですね。多分奥さんが
演奏することを念頭において愛情たっぷりに作曲したのだと思います。

今回聴いた機内のプログラムはアベッグ(アベックぢゃないっすよ(^_^;))変奏曲
でアベッグというのは架空の伯爵令嬢のことだそうです。

初めて聴きましたがかなり印象に残りました。、

まだ聴き始めですがラフマニエノフとかシューマンとか今年は幅が拡がりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

まだ仮ですが・・・・

みなさん、こんにちは。
我がプリアンプの26SLがDC漏れで病院送り(今年はこれが多い(^_^;))になってから
吉田苑さんの光ボリュームがプリとしては大活躍してくれています。

Hop1_top

原理はよく知らない((^_^;)オイオイ)のですが満足のいくクオリティーで音楽を奏でて
くれます。多分色づけがなくシステムの素性を雑音なしに高いSN比で表現してくれるの
だと思います。

高いからいいというものではありませんが、この値段(20万円切る)でこのクオリティー
は大満足です。以前同じ価格帯のプリを使っていましたがそれよりも遙かに良いですね。

バランス接続ができないので、Mogamiと名もないケーブルでアンバランス接続して
いますが問題ありません。

ウーハーが逝ってしまったので交換しましたが、以前とテイストが変わりました。

改めて・・・・今まではガルネリの能力発揮していなかったんだな・・・・

と認識しました。

とりあえずプリ周りは仮ですが、満足のいくパフォーマンスで奏でてくれます。

聴きたい時に聴きたい構成で音楽を聴くことができるというのは間違いなく幸せですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »