« 光ボリューム | トップページ | 経験がなせる思い込み »

2011年12月24日 (土)

レクイエムを聴いて・・・・

みなさん、こんにちは。
以前からモーツアルトのレクイエムはよく聴いていました。また最近になってブラームスの
ドイツレクイエムも聴くようになりました。

レクイエムを聴くと死ということを考えさせられます。

死は、自分と全く関係ない人が亡くなった場合は、それほど強い感情は湧くことが
ないのですがそれでも今年の大地震や津波で家族の多くを失った方の話題に触れると
心が痛むものがあります。

他人の死でもこういうことがあるのですからそれが自分の身内の死であれば言葉に
表せないほど辛く、悲しいものがあります。

同じ身内ででも、親、配偶者、子供、兄(姉)、弟(妹)によってわき上がってくる感情は違うものになるでしょう。

もちろん希望としては自分は死にたくはないし、自分が愛する人達にも死んで欲しくは
ないと願うのは自然なことですよね。

では死は悪いことなのかというと・・・・

私見ですが死は良いとか悪いという分類に当てはまらないのではないかと思います。

というのは、生まれた人には全員にもれなく死がついてくるのですね。

私たちはそれがいつ訪れるのか知らないだけで確実に起こることが起こった
だけなので、愛する人が亡くなった場合の辛さやさびしさなどの失った感情がわき上がっても起こって欲しくなったという感情があっても、悪いことではないのですね。
(もちろん、良いことでもないです)

また、愛する人の死は時をおいて訪れる場合もあれば、一気に複数訪れる場合もあります。さらに順番通り(^_^;)にいかない場合もあります。

こればかりは自分の思う通りにいきません。

亡くなった後の世界というのはあるかどうかわかりません。

これも私見ですが、そういう世界はないと思っています。例えれば死んだ状態というのは
意識がないという意味では熟睡している状態に近いのではないかと現時点では思って
います。

でもレクイエムを聴くと魂が暖かい光に包まれながら天に昇って・・・・というイメージを持ちます。

何の苦痛も心配もなくこの世の苦労から解放されて安らかな時を永遠に送る場所があり
すでに先に逝った愛すべき人達とともに時を過ごすことができる世界というのはあっても良いな~

とは思っています。

(一応宗教関係者ではありません(^_^;)し、ここに述べているのは全て私見です)

|

« 光ボリューム | トップページ | 経験がなせる思い込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクイエムを聴いて・・・・:

« 光ボリューム | トップページ | 経験がなせる思い込み »