« こーいんぐこんさーと | トップページ | これで大丈夫かなにゃ~ »

2012年1月23日 (月)

ハートフルなコンサートでした

みなさん、こんにちは。
昨日はアンサンブルカメレオンのチェロ色の風景というコンサートにいってきました。

今回のコンサートはボーマン・ベアンテさん(以下尊敬をこめてボーマン先生といわせてもらいます)が参加されて行われました。このコンサートはいつもお世話になっているホルン吹きさんに声をかけて頂き鑑賞することができました。

このアンサンブルカメレオンはマグリットフランス先生が主催する音楽道場で出会った方々
で構成さており、今回はチェロ、ピアノ、フルートと3名にボーマン先生が加わりました。

この音楽道場の方々(演奏されない方々も)のまさに手作りコンサートで、会場も室内楽にはふさわしい広さで演奏者の一挙一動がわかります。

チェロの音は大体理解していたつもりだったのですが、こんなに深く味わいのある音なんだ
と再認識しました。

アンコールの最後はボーマン先生のフォーレの夢のあとには白眉でした。

コンサートが終わったあとにボーマン先生が面識のない(しかも門外漢の)私と少しお話
してくれたのはありがたかったです。かなりきさくなボーマン先生ででもし私がチェロを
演奏していたら

弟子にしてくれるまでは帰りません

っていったかも(^_^;)

また、ホルン吹きさんの紹介でオケのメンバーと少しお話できたのも楽しかったでした。

単に演奏とか作品を鑑賞するとかいうだけではなく、やさしい人たちの絆に触れた一時
でした。

今回は私とホルン吹きさんとクライアントのTさんと3人でいったのですが、Tさんは趣味で
チェロを演奏されるので今回のボーマン先生の演奏は方向性が見えたのではないかと
思います。

まさに宝石のような時間でした。

|

« こーいんぐこんさーと | トップページ | これで大丈夫かなにゃ~ »

コメント

小林二郎さん

こんばんは。

先日はアンサンブルカメレオンに
ご一緒下さりありがとうございました。

ボーマン先生はすごいエネルギーと情熱!
圧倒されました!

また、先生のソロ「日本の歌」では
激しいだけでなく、日本の幽玄さを、
チェロという楽器から琵琶の音を、
琴の音を感じました。

コンサートの一瞬一瞬が貴重な時間でしたが、
そのあと帰ってからもいろいろ考えさせられる
演奏でした。

また、マルグリット先生の門下生の方たちの演奏は、
長く一緒にアンサンブルを続けられているだけあって、
何の不安もなく心地よい、やわらかで暖かな演奏でした。

マルグリット先生のフランスのエスプリが
自然と演奏者たちの音楽と佇まいに溶け込んでいるようで、本当に素敵な演奏でした。

ホールも渋く落ち着いた雰囲気の空間で
素敵でしたね。

本当によいコンサートでした。
今回演奏をして下さった出演者のみなさん、
この演奏会に声をかけて下さったHさん、
そしてご一緒下さった小林二郎さん、Tさん
ありがとうございました。

ホルン吹き。


投稿: ホルン吹きです。 | 2012年1月23日 (月) 22時25分

ホルン吹きさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

おっしゃるように演奏者の間にある信頼関係は演奏中によくわかりました。

たしかに日本の歌ではチェロから琵琶の音が・・・・という感じで色々な表現が可能だということを再認識しました。

今回はマグリット先生のお話を聞くことはありませんでしたが、あの魅力的なお話はまた聞いてみたいですね~

次回はやっぱりホルン吹きさんのホルンのソロでモーツアルトのホルン協奏曲全曲かにゃ~(^_^;)

投稿: 小林二郎 | 2012年1月23日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハートフルなコンサートでした:

« こーいんぐこんさーと | トップページ | これで大丈夫かなにゃ~ »