« ぱろーれ  | トップページ | シューマンのピアノ曲に惹かれますね~ »

2012年1月 9日 (月)

まさにニューイヤーズコンサート

みなさん、こんばんは。
今日は私の知り合いのホルン吹きさんが参加されている霞ヶ関フィルの第9回の定期演奏会が、なかのZORO大ホールで行われました。

ヨハンシュトラウス(息子の方です)のウィーン気質
グリークのベールギュントから4曲抜粋したベールギュント組曲
ドヴォルザークの交響曲7番

アンコールはヨハンシュトラウス(父親の方です)のラデツキー行進曲で観客の拍手と
一体となって終わりました。

まさに中野がウィーンになりました。

演奏も素晴らしいもので、やはりオーディオとライブは別物と再認識しました。

宝石のような一時をありがとうございました>ホルン吹きさん

最初小ホールで並んでいたのですが何か雰囲気が違う人が多かったのですが
ダンス(たぶんストリートダンスだと思います)の参加者が並んでいたようでした。

まあ、誰がみても私がストリートダンス踊るようには見えません(笑)

|

« ぱろーれ  | トップページ | シューマンのピアノ曲に惹かれますね~ »

コメント

小林二郎さん
ホルン吹きです!
先日はコンサートに来てくださり、ありがとうございました!

アンケートを見ると、「ウイーン気質」と「ペールギュント」は
皆さんよくご存知の曲で、思い入れもそれぞれらしく、
コメントもイメージと違う!とかいろいろでした。
でも注目してもらえて、アンケートにコメントを書いて
もらえるというのは嬉しいことだなあと思います。

メインのドボルザークは音楽愛好家の中でも有名なほうの作品ではないので、お客様にとってはどうかな~と思いましたが、
本番の威力というか、3楽章あたりから、
どこかから何かが降りてきて
ものすごい勢いでオーケストラ全体がひとつになって
すごい迫力が出て、私たちもびっくりでした。

また、アンコールも観客、出演者が一体になって楽しめたので、
私も新年から気分がぱーっと盛り上がって、楽しく演奏できました。

演奏会終了後にはロビーに行く時間が遅くなってしまって
お会いできず、残念でした(> <)

演奏会来てくださり、本当にありがとうございました!
またこれからも頑張ります!!

投稿: ホルン吹き | 2012年1月11日 (水) 18時31分

ホルン吹きさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

けっこう有名な曲に隠れて良い曲が日の目を見ないということってありますよね。

ドボルザークの7番しかし、ベートーベンの4番しかり、同じくピアノ協奏曲4番しかりですね。

アンコールは本当にオケと客席が一体になって楽しかったです。

まあ、ロビーで会えなくても問題ありませんね~

最近は少しずつですがシューマンのピアノ曲に惹かれています。

投稿: 小林二郎 | 2012年1月11日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさにニューイヤーズコンサート:

« ぱろーれ  | トップページ | シューマンのピアノ曲に惹かれますね~ »