« あらためて思うこと | トップページ | やると聴くとは大違い(^_^;) »

2012年2月19日 (日)

早まってはいけません(^_^;)

みなさん、こんにちは。
オーディオ機器はオーディオを趣味にされていない方からみると信じられないことに遭遇
します。一番違和感があることは・・・・

買って接続して音楽を聴いてもイマイチなことが多い

ということではないでしょうか。

実は先日レビンソンの26SLが修理から戻ってきてその直後に音楽を聴いた
時は絶望しました(笑)

バイオリンの音がシャリシャリしている
低音らしきものが全く感じることができない

まさにMP3プレイヤーのほうが数段よい音楽を奏でてくれる・・・状態でした。

特にそれなりの金額を出して(無理して(^_^;))購入され、ドキドキしながら
最初の音だしをした時に、ショボイ音がスピーカーから流れてきた時の
何ともいえない不安や不快感、大きな後悔とまさに人生のすべてを失った
ような気になりますよね。

そこで早まって

だまされた!!
こんなの売っぱらってやる!!
損害賠償だ!!

となりそうですが、そこは椅子に深く座って深く深呼吸(なんか朝の朝食みたいな言い方ですね)をしてください。

どうしてかは知りませんがオーディオ機器は購入直後にはすぐにパフォーマンスを発揮
できないことが多いようです。聞いた話ですが私の26SLは電源を一週間くらい入れっぱなしにしてからはじめて本領を発揮するそうです(^_^;)

え~、それって欠陥品ではないのか?

と考えてしまいますがオーディオではそれは珍しくはないようですね。

ちなみに今では26SLはキチンとしたパフォーマンスを発揮してくれています。

また、あまり長く使っている機器はコンデンサーや抵抗など劣化して知らず知らずの
うちにパフォーマンスが下がっていることがありますので、時々はオーバーホール
したほうがいいかもしれません。

もっともオーバーホール直後はショポイ音で愕然とするかもしれませんが・・・・(^_^;)

|

« あらためて思うこと | トップページ | やると聴くとは大違い(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早まってはいけません(^_^;):

« あらためて思うこと | トップページ | やると聴くとは大違い(^_^;) »