« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月27日 (月)

現実的な理由

みなさん、こんばんは。
来る4月1日の演奏にむけて時間があればモーツアルトのレクイエムの自分の合唱の
パートをたたき込んでいます。

そこでふと疑問が沸いたのですが・・・・・

レクイエムはモーツアルトが完成させることなく亡くなったためモーツアルトの弟子達が
後を継いで完成させました。

最初はほとんどモーツアルトは作曲を終えていて、残った部分を弟子達が補足したと
勝手に思っていたのですがネットの受け売りだと完全に完成させたのは第一曲のみ
で他はスケッチが残っていたり、書きかけの小節があったりしたようです。

では、どうして弟子が補作したのか・・・・・・

レクイエムの作曲料は高額であったようで、モーツアルトの奥さんのコンスタンツが
残りの作曲料を得るために弟子達に完成を依頼したようです。

たしかに、依頼があっても完成させなければ納品することはできませんからね。

当時のモーツアルト家は経済的に困窮していたのでそれは理解できますね~

また、この作曲を依頼した人はこの楽譜を写譜して自分が作曲した・・・・という
ことにしようとしていたそうです。

レクイエムは曲そのものはこんなこと無関係なようですが、娑婆ではこの曲を巡って
現実的な展開が色々とあったようです。

アマデウスのイメージが強くなりがちですが、生きている時には色々なことに忙殺され
常に経済的な貧困の中で作曲を続けていた(自業自得の部分もあるようですが)モーツアルトは今でもこういうことから解放され安らかに眠っているでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

やると聴くとは大違い(^_^;)

みなさん、こんにちは。
昨日はレクイエムの練習初日でした。

え・・・何のことかって?

実は先日知り合いのホルン吹きさんからお誘いがあってモーツアルトのレクイエムを
演奏するのが合唱として参加しませんか?

というお誘いがありました。

まあ、オーディオで聴くだけというのもアレなので参加してみました。

もちろん、やる側の経験は大学時代の1年間ブラスバンドで経験しましたが
それ以降ほとんどありません。

また、合唱は生まれて初めてでレクイエムは好きなのでよく聴きますが楽譜をみた
のは初めてで歌詞はラテン語なんですね。

これで歌うことができたら私はモーツアルト並みの天才ということになりますが、残念ながら普通の人ですた。

楽器であれば音符通りに演奏すると大体その近辺の音がでるのですが合唱だと♪をみて
音を把握しなければならないので、そんなに耳がいいほうではないのでこれは不可能。

ラテン語の読み方がわからない(^_^;)

♪をみて音符を追いかけるのが精一杯でページが移動すると私のパートを見失って
しまうことが度々ありました。

お隣のベテランの紳士に・・・・・

いや~、楽譜みるのは今日が初めてなんですよね~(笑)

というとビックリしていました。

ただ声を出すのはけっこう楽しく、楽譜を追いかけられる部分については
歌詞が読めなくても

あああ~

とか

ららら~

とかでなるべく声を出していました。

本番は4月1日ですが(クビにならなかったら改めて告知しますね)、一音楽ファンのトーシロがどこまでできるのかがんばってみたいと思います。

とレクイエムではなくベートーベンの悲愴を聴きながらこの文章を書いています(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

早まってはいけません(^_^;)

みなさん、こんにちは。
オーディオ機器はオーディオを趣味にされていない方からみると信じられないことに遭遇
します。一番違和感があることは・・・・

買って接続して音楽を聴いてもイマイチなことが多い

ということではないでしょうか。

実は先日レビンソンの26SLが修理から戻ってきてその直後に音楽を聴いた
時は絶望しました(笑)

バイオリンの音がシャリシャリしている
低音らしきものが全く感じることができない

まさにMP3プレイヤーのほうが数段よい音楽を奏でてくれる・・・状態でした。

特にそれなりの金額を出して(無理して(^_^;))購入され、ドキドキしながら
最初の音だしをした時に、ショボイ音がスピーカーから流れてきた時の
何ともいえない不安や不快感、大きな後悔とまさに人生のすべてを失った
ような気になりますよね。

そこで早まって

だまされた!!
こんなの売っぱらってやる!!
損害賠償だ!!

となりそうですが、そこは椅子に深く座って深く深呼吸(なんか朝の朝食みたいな言い方ですね)をしてください。

どうしてかは知りませんがオーディオ機器は購入直後にはすぐにパフォーマンスを発揮
できないことが多いようです。聞いた話ですが私の26SLは電源を一週間くらい入れっぱなしにしてからはじめて本領を発揮するそうです(^_^;)

え~、それって欠陥品ではないのか?

と考えてしまいますがオーディオではそれは珍しくはないようですね。

ちなみに今では26SLはキチンとしたパフォーマンスを発揮してくれています。

また、あまり長く使っている機器はコンデンサーや抵抗など劣化して知らず知らずの
うちにパフォーマンスが下がっていることがありますので、時々はオーバーホール
したほうがいいかもしれません。

もっともオーバーホール直後はショポイ音で愕然とするかもしれませんが・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

あらためて思うこと

みなさん、こんにちは。
去年はCDP以外は全部病院送りという経験をしましたが、それにより
スピーカーはウーハーが新調され、パワーアンプは基盤の交換と電源の強化(これは
修理というよりもアップグレードですが)が行われ、プリアンプは部品の交換、基盤の
洗浄、ハンダの付け直しが行われました。

まあ、極端にいえば中味は新品になった

みたいな感じでしょうか。

その結果改めて自覚したことがあります。

それは修理に戻ってきた機器群が奏でる音楽は以前よりも魅力的にきこえることです。

言い換えれば機器の性能を十分に発揮しないで一人悦に浸っていたのですね。

(趣味ですからこれはこれで非難されることではないですが・・・)

実にもったいないことをしていました。

先日音楽を聴いていて・・・・

アレレ

と思うことがありスピーカの後ろを見たらスピーカケーブルが外れかかっていました。

たまには機器のオーバーホールは大切にですね。

そろそろSTAXのSRM007tをオーバーホールに出そうかな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

趣味はスタイルは色々あります

みなさん、こんにちは。
オーディオはそれを職業としていない限り、楽しみ方は色々あります。

金銭的にいくらでも出せる人はオーディオではなく自前のオーケストラを持てばいいですし
それほどでもないけど再生装置にはある程度潤沢にお金を出せるのであれば
欲しいものを片っ端から買って満足するもよし、金銭的に制限があればその中で
自分に合ったものを選んでそれで楽しむもよし・・・です。

あるいは再生装置に高いお金を出すくらいだったらウィーン行くし・・・・これもまた
よしですね。

こうしなければいけない・・・ということはないですよね。

また、再生装置から出る音も他人が・・・

よくこんなセンス悪い音出すな~

と思っていても自分自身が満足していればそれでOKですよね。

また、セッティングに凝るもよし、セッティングなんかに時間使うようだったら音楽聴きたい
ということもよし・・・・です。

趣味は自分自身が楽しむために時間やお金を使うわけですから、他人の目は気にしないようにしたいし、自分の意見やスタイルを他人に押しつけるようにはしたくないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマン

みなさん、こんにちは。
私は学生時代にリコーダーにのめり込んでいた時期があり、ヘンデルやテレマンの作品を
何曲も演奏していました。それまでテレマンという作曲家は全然しらなかったのですが、テレマンの作品には惹かれるものがありました。

やがて社会人になり仕事が忙しくなりリコーダーを演奏する機会もなくなりましたが、リコーダー以外でもテレマンの作品に触れる機会があります。

ターフェルムジーク、水上の音楽など好きですが最近水上の音楽(別名 ハンブルクの潮の満ち干)に収録されている蛙という名の協奏曲を聴く機会がありました。

B00000jlfq02lzzzzzzz

かかかかえるっていったい・・・(^_^;)

と思いましたが10分くらいの長さですがなかなか良い曲です。

テレマンはヘンデルやバッハと同時期に活躍した作曲家で今ではヘンデルやバッハの
ほうが有名で、

テレマンって誰?

って感じですが当時はテレマンが一番人気があったようです。

また、余談ですがモーツアルトの時代はバッハ(大バッハですね)よりもバッハの子供
達の方が人気があったようです。

ひょっとして私のブログも今は人気ないですが、100年後くらいになると

クロワッサンって誰なのか?

とその時代の歴史学者が話題にしたりして・・・・(^_^;)<ナイナイ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »