« 交流 | トップページ | 復活準備 »

2012年3月20日 (火)

改めて聴くと・・・・

みなさん、こんにちは。
4月1日のモーツアルトのレクイエムの演奏にむけて練習しています。(^_^;)

私はレクイエムのCDは

カールベーム
イシュトバンケルテス
カールリヒター
デルヘルトシュミット

の指揮のものををよく聴きます。

合唱に参加したおかげでいままで歌詞はそんなによく聞こえていたわけでは
ないのですが、今は以前よりも歌詞が良く聞こえて以前よりも味わい深く
鑑賞することができるようになりました。

個人的な嗜好はそれぞれ違いますが、ゆったりとして合唱がそれぞれのパートが
とけ込んでいるのはカールベーム指揮のものです。

カールリヒータ指揮は厳しいモーツアルトという感じで安らかさよりも厳格さが
先に感じます。

イシュトイバンケルテス指揮は特に感想はまだありません。

ゲルハルトシュミット指揮はちょっと変わり種で合唱がすべてテルツ少年合唱団
がやっています。ということはソプラノもアルトも男性(子供達)で、合唱やオケの
響きも一番チープな感じがするのですが(人によっては聴いいられない・・・という
人も他のブログであったようです)私はけっこうこれ気に入っています。

なんというか・・・・近所に教会があってそこで演奏されている・・という親近感を
覚えます。チープな響きも自然に聞こえますし、狭い教会(勝手に想像していますが(^_^;))
だとこんなものかもしれません。

それぞれ味わいがあります。

と偉そうに感想を書いていますが、私自身まだまだでグダグダの部分が
けっこうあります(^_^;)

だた・・・・オケの人たちも合唱の人たちも震災で亡くなった方達にために
一生懸命時間を割いて練習しているのでプロの演奏とはまたひと味違った
ものに仕上がると思います。

私は残念ながら鑑賞できませんでしたが先日関口教会で演奏されたレクイエムは
素晴らしかったと関係者の方はおっしゃっていました。

テクニックではプロには遠く及びませんが(キャリア一ヶ月の私が参加しているくらい
ですからね(^_^;))気持ちでは名手達には負けていません(^_^;)

|

« 交流 | トップページ | 復活準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改めて聴くと・・・・:

« 交流 | トップページ | 復活準備 »