« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月29日 (日)

副交感神経大活躍(笑)

みなさん、こんにちは。
最近オーディオショップの扱い製品を見ていると・・・おお!!と思うのが多くなっている
ような気がします。

まず電源タップです。某ショップで80万円のものが30万円台で売っています。
買う気満々でしたが・・・・

ちょっと待てよ・・・私がこんな化け物みたいなタップを買ってどうするんだ。
普通電源タップって100円ショップで売っているようなものでこんな80万円もする
ものをたとえ中古といえども・・・バッカジャネーノって感じだよな・・・

と思いとどまりました(^_^;)

我が家はSACDを聴くプレイヤーがないので探していたらなななんとLINNのUNIDISKが
リーズナブルな値段で出ていました。しかも上の電源タップよりも安い!!

すぐにショップに電話を入れました。(こらえられなかったか・・・・(笑))

ところがショップはお休みですた。

そうそう、SACD聴きたいといっても今何枚もっているんだ(ハイブリット版2枚のみ)
しかも既にプレイヤー2台持っているんぢゃないか・・・・これで買うと3台目だし
どこ置くの? 耳は2個だろ?

そうそう、どこ置くんだよ・・・いったい・・・

そうかと思えば最近ゴールドムンドの中古が安いのでおもわずムンドのアンプとかCDP
とか生唾を飲むことがあります。そうすると

おいおい、いまさらムンドなんて買ってどうするんだ!!お前が買い換え予定はレビンソンの32Lだろ? オーディオ屋でも始める気か!!

という感じで副交感神経が大活躍してくれています。

買い換え予定の32Lですが今は完全にオーバーホールした26SLが絶好調で音楽を奏でてくれます。

32Lまでいかなくても26SLのままで十分かも・・・・

と思う自分がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

Matthaus-Passion

みなさん、こんにちは。
モーツアルトのレクイエム、ブラームスのドイツレクイエムとくればフォーレのレクイエムと
バッハのマタイ受難曲は避けて通れません・・・って別に避けてもいいんですけどね・・・

先日バッハのマタイ受難曲のCDをゲットしてきました。

CD3枚で一曲聴くのに3時間かかります。

私が手に入れたのはルードルフ・マウエル・スペルガー指揮のライプチッヒゲバントハウス
管弦楽団のものです。

1fknf21o

マタイ受難曲は(以下受け売りです(^_^;))新約聖書のマタイ伝福音書のキリストの受難
を描いた部分が題材になっています。歌詞の内容まではよくわかりませんが、子供の
頃に聖書に興味を持っていた時期があり、旧も新も読みました。

その時のイメージが子供の私にはあまりにも強烈だったので今でもけっこう覚えています。

今のところは

素晴らしい
3時間は長くないですね~

くらいしか言えませんが何度も聴いて深く味わおうと思っています。

一部にはモーツアルトのレクイエムの次はマタイ受難曲に挑戦という話も
ありますがこれは全部で78曲あり(多分)ドイツ語なのでこれに挑戦したら
人生棒に振ってしまうようなまさに

小林二郎の受難曲

になってしまいます(笑)

しかも3時間立ちっぱなしですからね。

これを十分に深く味わってからフォーレのレクエムにいきたいっす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

本人演奏です

みなさん、こんばんは。
クラシックを聴くといつも思うことは、例えばモーツアルトのピアノ協奏曲を聴くと
モーツアルトはピアノの名手だったそうですしベートーベンもまたピアノの名手だった
そうです。

バッハはあの顔(失礼(^_^;))から想像できないくらい子供の頃は声が美しかったそうです。

こういうことを聴くと本人が演奏したものを聴いてみたいものですよね~

さすがにモーツアルト達が生きていた時代の録音はないですよね(^_^;)

先日最近少しずつ聴き始めたラフマニノフのピアノ協奏曲でラフマエノフ本人が
ピアノを演奏しているCDを見つけました。

ピアノ協奏曲2番(1939年録音)
ピアノ協奏曲3番(1940年録音)

です。

指揮はユージンオーマンディーでフィラデルフィア管です。(こちらも渋いっす(^_^;))

以下受け売りですが・・・・

ラフマニノフは身長が2メートルくらいの大柄な人で手は大きく柔軟さもあり
普通のピアニストよりもより広い鍵盤を押さえることができたそうです。
12度の音程を左手で押さえることができたそうです。

また本国のロシアでは評価されなかったそうで交響曲1番では大きいな挫折を経験
しています。

と受け売りはここまで・・・

録音は古いものの演奏はやはり素晴らしいですね。

この演奏だったら音質は全く気になりません。

もっと重々しくこれぞロシアって感じかと思っていたのですが
意外と軽やかな感じです。いいですね~

以前筒のようなもので録音されたものを竹の針で再生した蓄音機で音楽を聴かせて
頂いた経験がありますが音は今の録音とは比べ物にはならないものの、演奏の迫力
臨場感に驚いたことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

改めて歌を考えると・・・

みなさん、こんばんは。
先日は思いもよらず合唱に参加する機会がありましたが、今まで歌はカラオケ以外では
歌ったことはなく合唱というものについてほどんと考えたことがありませんでした。

まあ、自分が合唱やっていれば別ですがそれまで自分が合唱に参加するなどとは夢にも
思っていなかったのですから当然ですよね。

それまでは楽器は難しい、合唱は簡単(根拠ありませんが)という認識でしたがこれが
トンデモな認識でした。

受け売りですが楽器は元々は人間の声の変わりになるための道具として用いられたそうです。例えば風邪引いて声がでなかったりした時などに備えていたそうです。

楽器は音を出すことができれば楽譜通りの演奏すればその辺りの音はでますが
合唱は私のような才能の乏しい者が楽譜を見てそれがラの音だったとしてもいきなり
ラの音を出すことができません。音がとれないんですよね。

さらに合唱は歌詞があります。

今回のように生まれて初めての合唱がラテン語だった場合は歌詞にも苦労することに
なります。

また合唱は練習はまだいいのですが、演奏会などではずっと楽譜ばかり見て歌うのは
問題ありで指揮者を見て歌う必要がありますが、本番ではこれができませんでした(^_^;)

それでも合唱はカラオケとはまたひと味違う楽しさがありました。

もっとも本業があるので(もちろん音楽関係ではありません(^_^;))合唱とか音楽に入り浸ることは不可能ですがそれなりに良い時間を過ごすことができたと思います。

また機会があったらやってみたいですね~

今はモーツアルトのレクイエムを聴くと合唱の楽譜が目の前に浮かんくるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

限られた予算の中で・・・・

みなさん、こんばんは。
先日秋葉原に行った際に某ヨドバシカメラのオーディオのブースに立ち寄りました。

そこには老夫婦(旦那さんが定年を迎えたばかりなのかもしれません)が二組いました。
両方とも限られた予算の中でできるだけ良いものをゲットしようとしてました。

話を聞いているとスピーカーに割けるお金は10万円まで割けないようでその中で旦那さん
はものすごく低音にこだわっていました。ただ旦那さんが熱い視線を送っていたスピーカーは小型のブックシェルフなのであまり低音は期待できないかもしれません。

もう一組は既にセットが決まっていたようでその中でさらなる高みをねらっていたようでした。旦那さんが・・・

じゃあこの35万円のアンプだともっと音良くなる?

質問が漠然としていますね~

泥沼に足を踏み入れたのも知らないで・・・・(^_^;)

あまり予算がとれなければCDPとSTAXという組み合わせもいいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

まあ再生機持っているもの同士ですから・・・・

みなさん、こんにちは。
私がものすごく音楽にさける時間とお金が十分にあれば(あlくまでも仮定ですよ(^_^;))
きっとオーディオ機器なんか買わなかったでしょう。

というのはいくら素晴らしい機器を買ってもオケのあの広がりをあんな小さいスピーカーで
再現するというのは不可能なんですよね。

・・・・え・・それではどうするかって?

もちろんメンバーは名手揃いで音響がバッチリのホールを手に入れます。

そして、音楽が聴きたいな~と思ったらオケの事務局に電話をして・・・

今日はモーツアルトのバイオリンとビオラの協奏交響曲とハフナー・・交響曲ではなく
セレナーデの方ね(^_^;)、それとブラームスの交響曲全部お願いしますね

といって会場で私一人で聴きます(^_^;) アマデウスを観た時にヨゼフ2世がうらやましかったですね。

再生機器なんて必要ありません(笑)

・・で一般の庶民はどうやって音楽を聴いているだろう・・・
え・・・オーディオ?
何それ(笑)

って感じっす。

ところが残念ながら現実の私は自分のオケもホールも持っていませんし、それをもてるだけの財力もありません(^_^;)

でそこでセカンドベストとして再生機器を使って音楽を楽しんでいます。
CDを通してスピーカーから出てくる音を自分のイメージで脳内変換して

モーツアルトはいいですね~

なんです。(私の場合はですが)

ということで音楽を愛好する人はほとんどがオケを持っていないと思うので
同士ってことになりますよね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

意外な名手たち

みなさん、こんにちは。
昨日はクライアントが靖国神社の近くだったのでお昼はクライアントの人と
靖国神社のベンチでランチをしました。お好み焼きとかみそおでんとかに
舌鼓をうち、たわいのない話をしている時間は楽しい一時でした。

ふと耳を澄ますと尺八の音色が聞こえてきます。私の後ろの席で年輩の方が
演奏していました。これがなんというか音色がきれいで下手な人が吹くと息が
もれる音が聞こえてくるのですが澄んだ音色でした。

これはただ者ではないな・・・・・・(^_^;)

しばらく尺八の音色に聴き入っていると、選手交代でハーモニカ吹きのおじさんに
変わりました。

また、これは尺八におじさんに輪をかけて上手なんですね。

ハーモニカの色々な音色を自由に駆使してリズミカルに演奏をしています。

良い気候
多くの桜
名手達の音楽
たわいのない会話

最高だったですね~

フランス人が1人いたのですが隣のおばちゃんがなぜか

あなた商社の人?

(なぜ商社?)

と何度も尋ねていましたね~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

Quiet changed(^_^;)

みなさん、こんばんは。
レクイエムの演奏が終わり月曜日を迎えた瞬間に生活が全く変わりました(^_^;)
レクイエムのかけらもない生活で、本来であれば今日は練習日なのですが
コンサートが終わったので練習もありません。

その代わり色々な宿題(これは本業)が一気に襲ってきました(笑)

もう笑うしかないというか・・・・レクイエムの練習をしていた頃の姿とは全く違う
状態になってしまいますた。

でも一度こういうものに参加するとオーディオ的にもものの見方がかわりますね。

まさに聴くと演奏するとか大違いで今まで聴いていたCDもより深い味わいをもって
楽しむことができますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

真っ白な灰になった

みなさん、こんばんは。
本日聖心女子大学のチャペルで無事にモーツアルトのレクイエムの演奏を終えました。
会場の響きは素晴らしく、私たち合唱もオケも今までのどの練習よりも良い演奏をすることができました。

演奏する側の経験はほとんどなくましてチャペルは初体験でした。

観客との距離感がちょうどよくみなさんの顔がよくみえました。

私の場合は合唱初心者で失うものがなく(^_^;)、上手に歌うことよりも気持ちをこめて
歌うことに専念しました。

3.11では命を落とされた方々はおそらくその瞬間まで自分が命を落とすなどとは考えて
おらずさらにその中には多くの幼気な子供達もいらっしゃいました。

彼らの残された家族への思い、未練などが少しでも和らぐことができればいいと
思っています。

私たちの思いが天に届きますように・・・・(一応私は浄土真宗(^_^;))

今日は燃え尽きました。

PS
聖心は初めて訪れましたがいいですね。校内を歩いていたらすれ違う生徒さん達が
挨拶してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »