« 本人演奏です | トップページ | 副交感神経大活躍(笑) »

2012年4月24日 (火)

Matthaus-Passion

みなさん、こんにちは。
モーツアルトのレクイエム、ブラームスのドイツレクイエムとくればフォーレのレクイエムと
バッハのマタイ受難曲は避けて通れません・・・って別に避けてもいいんですけどね・・・

先日バッハのマタイ受難曲のCDをゲットしてきました。

CD3枚で一曲聴くのに3時間かかります。

私が手に入れたのはルードルフ・マウエル・スペルガー指揮のライプチッヒゲバントハウス
管弦楽団のものです。

1fknf21o

マタイ受難曲は(以下受け売りです(^_^;))新約聖書のマタイ伝福音書のキリストの受難
を描いた部分が題材になっています。歌詞の内容まではよくわかりませんが、子供の
頃に聖書に興味を持っていた時期があり、旧も新も読みました。

その時のイメージが子供の私にはあまりにも強烈だったので今でもけっこう覚えています。

今のところは

素晴らしい
3時間は長くないですね~

くらいしか言えませんが何度も聴いて深く味わおうと思っています。

一部にはモーツアルトのレクイエムの次はマタイ受難曲に挑戦という話も
ありますがこれは全部で78曲あり(多分)ドイツ語なのでこれに挑戦したら
人生棒に振ってしまうようなまさに

小林二郎の受難曲

になってしまいます(笑)

しかも3時間立ちっぱなしですからね。

これを十分に深く味わってからフォーレのレクエムにいきたいっす

|

« 本人演奏です | トップページ | 副交感神経大活躍(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Matthaus-Passion:

« 本人演奏です | トップページ | 副交感神経大活躍(笑) »