« 関西電力管内のオーディオマニアの災難(^_^;) | トップページ | ピアノ協奏曲27番 »

2012年11月29日 (木)

LINDEMANN820を買っちまいますた(^_^;)

みなさん、こんばんは。
私のオーディオ環境ではSACDを聴くことができません。そこでSACDが演奏できるプレイヤーを捜していました。

当初はLINNのUNIDISKが安くなっているのでこっちを物色していたのですが以前にSACDとCDの両方が演奏できるプレイヤーのCD演奏のクオリティーがCD専用機と比べて低いのに
愕然としたことがありました。

SACDプレイヤーのCD演奏は半分の値段のCD専用機に完敗でした(同じメーカーです)

ネットを物色しているとLINDEMANN820が安くなっていたのですが、ショップの決算の締めと重なりこの値段からさらに10万円値引いてくれたので衝動買いしてしまいました。

LINDEMANNは中庸という認識がありどんな音がするのか興味がありました。

私はずっとLINNのCD12とIKEMIを聴いているのでそれらとの比較になります。

まず演奏が自然です。
また、ステージがLINNのものと比べて広く感じます。
CDのクオリティーは高いと思います。
オーケストラの個々の楽器が瑞々しいです

他にはプリアンプ機能がありますから、これから直接パワーアンプにつなげばきっと
音が出るでしょう(まだ試していません(^_^;))

今はSACDでシャルルミンシュ指揮のブラームス1番を聴いています。

感覚としてはコンサートを聴きに行っているような感じです。

音色に艶とかはありませんが自然で素直です。この音色は好きですね~

今はSTAXで聴いているのですが

CDP→プリ→STAXドライバー

という感じですね。

また、トランスポートとDACが一つのシャーシに入っているという感じで電源を二カ所から
とる必要があります。

電源ケーブルを変えると変化しそうですね。

結論は買って正解でした。

|

« 関西電力管内のオーディオマニアの災難(^_^;) | トップページ | ピアノ協奏曲27番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LINDEMANN820を買っちまいますた(^_^;):

« 関西電力管内のオーディオマニアの災難(^_^;) | トップページ | ピアノ協奏曲27番 »