« コンサートのお知らせ | トップページ | キリストの幼時の次は・・・・・・(^_^;) »

2012年12月18日 (火)

無事に終わりました

みなさん、こんばんは。
占い師の末席の小林です(^_^;)

16日はチャリティーコンサートは無事に終わりました。
特に最後の楽章はアカペラで素晴らしいハーモーニが天上の音楽のようにきこえてきました。

自分の命が尽きた時には天使につれられてこういう音楽をバックに昇天したら最高だろうな・・と思います。

これだけ美しい曲で私自身の仕上がりがいまいちだったというのが後悔が残りますが
とりあえず肩の荷が下りました(^_^;)

私の場合はもともと音楽的な素養は好き以外のものはなく、極端な話が音楽ファン、オーディオファンが演奏側に紛れ込んだような感じです。

まあ、聴き手は

ちょっとバランスがな・・・・
フランス語のリズムがちょっとアレだな・・・・

など好きなことをいえますが、演奏する側は大変ですた(^_^;)

聖心のチャペルの音響は素晴らしくオーディオについて部屋の重要性を再確認
しました。

生の楽器のなかに埋もれられて幸せな一時でした。

このような機会を与えてくれたマル先生には感謝申し上げます。<(_ _)>

レクイエム
キリストの幼時

次は何なんだろう・・・・・(^_^;)

個人的には音楽では合唱が本業ではなくリコーダーが本業なのでコレを使ったリコーダーソナタをやりたいっすね。(レベルの問題がありますが)

|

« コンサートのお知らせ | トップページ | キリストの幼時の次は・・・・・・(^_^;) »

コメント

とても素敵なコンサートでした。やはり、教会という建築物は音の響きや光の入り方など、計算されているんですね。
落ち着いた色合いの神聖な絵画のようなコンサートでした。
2時からを12時と勘違いしてしまい、隣の赤十字病院の1階のフロアには大分詳しくなりました。

投稿: すいか姫 | 2012年12月22日 (土) 21時10分

すいか姫さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

また、チャリティーコンサートにも足を運んでいただいてありがとうございます。

聖心のチャペルは二度目ですが、雰囲気とか色合いは印象に残りますね。あの会場で、キリストの幼時のサウンドはピッタリでした。

ヨゼフとマリアの聖家族と羊飼いの別れはきれいな曲でしたが最後のアカペラのアーメンという部分は歌っていても思わず天上を思い浮かべるほどでした。

先日フォーレのレクイエムのSACDをゲットしました。来週あたりききこんでみようと思います。

また、このコンサート参加メンバーのうち3人の方が演奏したミニコンサートもあり、音楽ウィークでした。

http://ameblo.jp/ecologian-tenshu/entry-11428261701.html

投稿: 小林二郎 | 2012年12月22日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無事に終わりました:

« コンサートのお知らせ | トップページ | キリストの幼時の次は・・・・・・(^_^;) »