« コンサートのご案内 | トップページ | シューマン 謝肉祭 »

2013年3月21日 (木)

シューマン 子供の情景

みなさん、こんにちは。
昨日はコンサートに意気込んで行ってみたら場所を勘違いしてしまい、全然別の場所に出て
しまい、会場までたどり着けませんでした(^_^;)  これは私らしいトホホです。

コンサートの曲目でシューマンのピアノ協奏曲があったので昨日は予習のために数度これを
聴きました。演奏者はクララハスキルさんです。このボックスはモーツアルト、シューマン、ベートーベン、バッハと色々な作曲家の演奏が納められており、音質も60年前の録音としては悪いものではありません。

Znyzhhmx

演奏はどれも素晴らしいですが、この中にシューマンの子供の情景が収録されています。
これは子供の頃に音楽の時間に聴いたことがありますが、当時は子供だったのでタイトルだけしか覚えていません。大人になって子供の情景は初めて聴くことになります。

子供の情景は全部で13曲の小品から構成されていますが、まさに珠玉の小品です。
一度聴いたらやられてしまいました。ハスキルさんというとカッキリしたクールな音色を
想像しますが情緒あふれる演奏です。

1.「見知らぬ国」 / "Von fremden Landern und Menchen"
行ったことのない国のお話しに耳を傾ける子供。異国への憧れが幻想的に描かれている。
2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"
これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。
3.「鬼ごっこ」 / "Hasche-Mann"
鬼ごっこをして走り回る、活発な子供たち。
4.「ねだる子供」 / "Bittendes Kind"
5.「満足」 / "Gluskes genug"
6.「重大な出来事」 / "Wichtige Begebeheit"
7.「トロイメライ」 / "Traumerai"
8.「炉端で」 / "Am Camin"
9.「木馬の騎士」 / "Ritter vom Steckenpferd"
10.「むきになって」 / "Fast zu ernst"
11.「こわがらせ」 / "Furchtenmachen"
12.「眠っている子供」 / "Kind im Einschlummern"
13.「詩人のお話」 / "Der Dichter spricht"

シューマンは子供のための曲を作曲していますが、これは大人がみた子供の日常の様子
を綴ったもので曲全体がシューマンのやさしさに満ちあふれています。

私はピアノを弾くことはできませんが、子供の情景は譜面よりも曲として演奏するのは難しいのはないかと思います。

この曲を聴いていると、アンプやスピーカーがなんちゃらかんちゃらということはどうでもよくなってきますね。

仕事引退したらピアノ習ってこの曲を目指そうかな・・・・・(^_^;)

|

« コンサートのご案内 | トップページ | シューマン 謝肉祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューマン 子供の情景:

« コンサートのご案内 | トップページ | シューマン 謝肉祭 »