« これはこれで一つの頂き | トップページ | うるせ~ »

2013年3月 2日 (土)

二人のバイオリン美女

みなさん、こんばんは。
今日はユリアフィッシャーさんというバイオリニストがソロのバッハのバイオリン協奏曲集をゲットしました。これはヒラリーハーンさんのCDと全く同じ曲目です。

Ly1bpig3

ヒラリーハーンさんのソロはまさにバイオリンサイボークという感じで清々しい演奏でした。
ユリアフィッシャーさんのソロは一聴するとヒラリーハーンさんほどの衝撃はありませんし
ひょっとすると平凡な演奏に聴こえますが、バックのオケと一体になっています。
その音色は柔らかく非常に澄んだバイオリンの音がして、こっちも味わい深いものが
ありますね。一度聴くとこのバイオリンの音色は忘れられません。オーボエとバイオリン協奏曲ではオーボエメインのフィッシャーさんのバイオリンがバック的な感じになっていますが
あの音色でバックですから出しゃばらず中庸です。

フィッシャーさんの他の演奏も是非聴いてみたいですね。

まあヒラリーハーンさんとユリアフィッシャーさんが美人であろうがなかろうがどうでも
いいことですけどね(^_^;)

|

« これはこれで一つの頂き | トップページ | うるせ~ »

コメント

小林二郎さん、はじめて書き込みます。

philewebでたまに日記を拝見しています。
私もユリアフィッシャーのご紹介のアルバム
をリファレンスに使ってます。また、最近
ドボルザークとブルッフの協奏曲が発売
され、金曜日に届きましたので、是非!。

やはりお目にかかりたいアーティストでは
ありますね。

投稿: 横浜のvafan | 2013年3月10日 (日) 10時24分

横浜のvafanさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
philewebでは日記というよりも戯言に近いものをお読み頂いてありがとうございます。

フィッシャーさんの情報ありがとうございます。商業的には

フィッシャー VS ハーン

(まあ闘うわけではありませんが(^_^;))

は面白いのでしょうがそれぞれの持ち味が違うのでしょうし持ち味を生かした独自の境地を極めて欲しいですね。


PS
ブログ拝見しました。読者にならせてもらいますね。

投稿: 小林二郎 | 2013年3月10日 (日) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人のバイオリン美女:

« これはこれで一つの頂き | トップページ | うるせ~ »