« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

迷わずにすみました(笑)

みなさん、こんにちは。柴田淳さんがツアーをやるので観に行こうかどうしようかと思っていました。営業的には理解できますが個人的には

ファンクラブ優先
CDを買った人優先

というのはなんだかな~と思いますが我が国は自由主義経済なので主宰者側が色々なルールを作るのはアリです。

ただこういう制限があるとあまり行きたくなくなりますね~
より貢いだ人を優先するという傾向はあまりよくないですね。

東京での公演はチケット売り切れになったみたいです。これで迷わなくてもすみます。
行ったから私の人生が変わるというものではないでしょう・・・・多分(^_^;)

かといって仙台や福岡まで追っかけるつもりもありません(笑)

経営的にみると柴田淳さんはあまり会社に売上の貢献をしているアーチストだとは思えないのでこういう時に売上を・・・・ということなのでしょうね。

周りでアーチストとして羽ばたくようにマネジメントして欲しいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

(^_^;)←浪費家&バカ

みなさん、こんにちは。
本業のほうは無駄な支出を減らして利益を上げるようなことを提案していますが、私の私生活ではこのところ浪費というか散財が止まりません。

事の始まりは3月最初にマークレビンソンの新しいリファレンスアンプの52がリリースされたことです。何をトチ狂ったか値段をショップに質問しました。この52は長い間リファレンスとして君臨していた32Lの後継機になります。当初は32Lの中古を狙ってせっせと貯金していたのですがなぜか52の値段を聞いてみました。

新品だからいくら安くても半額になるわけないですし半額になっても結構な金額します。

でこれを買うためにお金を振り込んでしまいました。(いつものパターンで仕事が忙しくポッとエアーポケットができたために思考能力が鈍っていたのでしょう)

さらに4月になりどんなものか聴きにいきました。ということは52の購入を決意した時には全く聴いておらず32Lも聴いたことがないのでどんな音楽を奏でるか知らないでお金払ったことになりますね。

この程度のお金は小遣いだったらいいのですが、私のレベルはそんなものではありませんからよほど思考能力が鈍っていたのでしょう。

で何度かショップに行き試聴しました。そこで鳴っていたCDPはdCSのヴィヴァルディーでした。さすがのCD12のヴィバルディーのいトランスポート+DAC+アップサンプラー連合軍には分が悪く内心は52を導入するということはCDPもかなりいいものを導入しなければ・・・という思いが何の脈路もなく湧いてきました。(短期間にヴィヴァルディーは3回聴きました)

このヴィヴァルディーは高級車を買うくらいの値段がしますが、まじめに働いて資金を貯めて是非突撃したいと思っています。CD12やLINDEMANN820も良いCDPなので十分だと思うのですが働く意欲を向上させることと、日常生活のテンションをやや上げる事によって免疫力を高めて健康になるという意味合いもあります(理由は後付け)

私は免許がないので車は持っていませんがもし免許があれば間違いなくヴィヴァルディークラスのベンツに行っていた(お金があればですが(^_^;))でしょう。

この時の52の感想はCDPのテイストをそのまま受け止めて色づけなしにパワーアンプに渡すという普通のプリということでした。こんな音色でパワーの支配力が強くて・・・・というアンプ個別の感想は持てませんでした。

また、52を迎え入れるためにpetitダイブをやっています。

まず電源タップのCHIKUMAのPossible4-2の足回り強化のために専用のボードを敷きました。振動類がアイソレーションされたようで思ったよりも遙かに効果があり、まずは足回りを固めるということで方針が決まりました。

そこで設置場所が不足するのでオーディオラックを一台導入しました。

zoethecusというところの今は倒産して亡きブランドですが、なかなか良いラックです。本当はダイナの7Fにあるようなラックが欲しかったのですが庶民の私には無理なのでちょうどよいタイミングでした。

このラックも私のレベルからみたら遙かに超えているクオリティーです。

パワーアンプをこれに移動しましたが全体のクオリティーが上がりました。

こうなるとあれもこれもと構想が湧いてきます。

CD12の電源ケーブルはいいのを奢ってやりたい(今のCHIKUMAのTuneful AC2も十分良いのですが)と思ってさっきNBSという会社のブラックラベルという電源ケーブルを商品知識もないのに発注しました。これでLINDEMANN820のトランスポートとDACはtuneful AC2を使えることになります。

ここまではヴィバルディーを除いては実現したものになります。

これから52を迎えるまでに取りかかりたいのは

(1)バッテリー電源のPPR100の足元強化、
(2)CD12とLINDEMANN820の足元強化、
(3)CDP,プリ、パワーのケーブルのクオリティーアップ
(4)プリアンプの足元強化

特に(3)は全部ヨルマのプライムなんてことになるとケーブルだけで400万円くらいになるのでこういうことにはならないように注意深く思考力が衰えていない状態でチェックしていきたいと思います。


また最近はパワーアンプのKLIMAX SOLOが気になってきています。

気になってもこれはサクッと購入できるようなものではありません。

まあ、我ながら・・・・庶民のくせに身の程知らずのバカだなお前はと思いますね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

ベールをとった実力

みなさん、こんばんは。
今日はプリアンプのレビンソン26SLを中心にCDPを色々繋いでみました。
(正確には1人ではできないので繋いでもらいました)

今まではLINDEMANN820はスピーカーを通して聴く時にはこのプリアンプ機能を使っていました。悪くはないのですがCDPの性能からみるとこのプリアンプ機能はお気軽に音楽を鳴らせる以外にはあまり機能を果たしていないような気がします。

LINDEMANN820は音楽を聴かせるというよりは悪く言うとくそまじめな演奏ですが、プリアンプ機能を外すと各楽器の演奏が一層鮮明になります。かなりdCSのヴィヴァルディーに近づいた感じがします(贔屓ですけどね(^_^;))

ここでプリアンプを26SLを通して演奏するとやはりこのプリアンプ機能よりは26SLの方が良いですね。

今日初めてLINDEMANN820のCDPとしての本当の実力を味わいました。

良いプレイヤーですね。

個人的な望みをいうとプリアンプ機能はいらないので、もっとCDP機能をアップさせて欲しかったっす。
Jfgsn322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

カールリヒター指揮 ブランデンブルグ協奏曲

みなさん、こんばんは。
先日カールリヒター指揮のブランデンブルグ協奏曲のCDをゲットしてからお気に入りになってしまいました。昨日はオーディオラックが届いたのでパワーアンプをこっちに移動させようとしたらスピーカーケーブルが外れてしまいました。独力でやるにはパワーアンプのスピーカー端子が狭く不器用すぎるので援軍が来るまでで放置(笑)

これを良い機会にいっそKLIMAX SOLOでも買ったるか・・・・・(^_^;)

いやいやここは自重します。日干しに拍車をかけてどうする!!(笑)

それまではLINDEMANN820でこのブランデンブルグ協奏曲を聴いていました。金管楽器が輝かしく演奏されていました。

今日はCDはLINNのIKEMIでSTAXを使って聴いています。ドライバーはSRM007tです。

LINDEMANNに比べると各楽器が良い意味で控え目な演奏ですが管楽器と弦楽器が一体になっておりカールリヒター版では今まで聴いたことがないテイストです。全体がまとまっている感じがしてこっちもいいですね。音響もかなり練られた感があります。

CDPの性能から考えるとLINDEMANNの方がIKEMIよりも遙かに高性能だと思いますが
IKEMIはIKEMIの味がでていいです。トランペットもキンキンしません。

もっともその日の気分によってキンキンしたほうがいいときもあります(^_^;)

こうやって改めてIKEMIを聴くとオーディオ機器は値段ではないですね。IKEMIの三倍以上もするLINDEMANNで出せないIKEMIならではのテイストがありますしこれを私は大変気に入っています。

このままバッハのミサ曲ロ短調に突入したいっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

二十歳の頃

八神純子さんのカバーVreathに収録されている二十歳の頃ですが、けっこう心に残りにます。

ただ今の感覚で二十歳に夜にはショパンを聴きながらベルレーヌやボードレールの詩を読んだということです。ベルレーヌもボードレーヌもフランスの詩人です。もちろん二十歳の頃はこれらの詩人は知りません(今でも知りません(^_^;))

自分のことをいうと二十歳の頃は少年ジャンプ(今も読んでいます(^_^;))と天体観測と写真の本しか読んでいませんでした。モーツアルトに目覚めたばかりでしたし麻雀に凝っていました。

二十歳の頃の登場人物と比べると私の二十歳の頃は幼稚だにゃ~(^_^;)

登場人物は彼女いたし・・・・私はもちろんいませんでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じキリエでも・・・・・

みなさん、こんにちは。
宗教音楽でキリエはモーツアルトのレクイエムが初めてになります。
このレクイエムは重々しく始まりますが、同じキリエでも曲によってテイストが全然違います。

例えば同じモーツアルトの大ミサ曲ロ短調の最初の曲はキリエで歌詞自体は同じもののようですがトーンはもっと穏やかに演奏がすすんでいきます。

キリエは

イエスよ救い給え

という趣旨の歌詞が繰り返して合唱されます。またフォーレのレクイエムの第一曲はキリエが出てきます。

昨日からモーツアルトの大ミサ曲ロ短調を聞き始めています。バッハみたいな感じの曲ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

petit ダイブ (^_^;)

みなさん、こんにちは。
電源タップにボードを敷いてから足下を固めることの重要性に気づきました、そこで
バッテリー電源PPR100の足下を固めることを思いつきボードを導入しようと思っています。

現在の電源の環境は

PPR100 CD12  LINDEMANN820 DAC
Possible4-2     CD12  LINDEMANN 820 トランスポート レビンソン26SL KLIMAX TWIN

となっています。一番大切な最上流はPPR100に任せていますが足下がトホホかも
しれませんのでここにボードを敷こうかな・・・・・と

それほど高価なボードを買う予定はないのですがこのところ散財続きなので少し間をおいて導入したいと思っています。後は新しいオーディオラックが来週きますが、新しいラックに
移動できない機器についてもボードを敷こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライターやっていた頃(^_^;)

みなさん、こんばんは。
以前にパソコン雑誌のライターをやっていたことがあります。
一時的ですが、本業の出張と雑誌の締め切りと単行本の区切りの締め切りが重なって死ぬような思いをしたことがありますが売れっ子はこんな状態がずっと続くのでしょうね。

私がハマッているオーディオにもオーディオ評論家がいて良いと思う機器を勧めるような文章を目にしますしこれにつられて買った人もいるのではないでしょうか(笑)

私は主に会計ソフトなどのレビューをやっていたのですが編集部の人が改めて念を押さなくとも業界と雑誌はお互い利害が一致する方向にあります。

そこでレビュー記事を書く時には、どんなものでもいいところばかりのものはないし悪いだけのものもないのですね。でも操作している時に悪い部分を発見した場合はちょっと考え込みました。

こんなもの使い物にならない・・・・

なんて事を書いた記事はまずお目にかからないと思います。

ソフトの場合はそれを操作するユーザーの環境は個々によって違うので自分は使えると思っていても他の人は全然使えないということは良くあることです。例えば業務ソフトのSAPというERPソフトがあります(ちょっとこのブログにふさわしくない名称ですね(^_^;))

あるユーザーはこれを使ったら業務が標準化できて良かったといい、あるユーザーは窮屈で使いにくいといいます。

個人的に喫茶店で・・・

これは使いにくくてさあ・・・・

というのは問題ないですが一般に販売されている雑誌のレビュー記事で使い物にならないという結論は難しいですね。ライターにとって使い物にならないかもしれないけれども他の人には当てはまらないこともあるし、下手すると損害賠償責任が関わってきます。

こういうケースは機能的に十分であるが、スピードがやや遅くなる時がある・・・というように
気になる部分には触れますがその具体的な評価は個々の読者にゆだねるということになります。

これがオーディオ機器やアクセサリーになるとさらに個人の嗜好や趣味が関わってくるので
ライターや評論家が結論めいたものはなかなか書くことができません。

モーツアルトはあの神から授かったこの世のものとは思えないものが好き

という人もいれば

モーツアルトは軽率な感じがして好きではない

という人もいますね。(しばじゅんはモーツアルト嫌いみたいっす(^_^;))

例えば私はゴールドムンドを二度ほど試聴しましたが合いませんでした。どこが良いのかわかりませんでした。ムンドが好きな方からすればこの良さがわからないなんて感性がおかしいのはないのかと思われるでしょうが合いませんでした。むしろムンドよりもLINNのほうが感性に合います。正し中堅クラスのプリアンプではLINNのMAJIK KONTROLよりもTrigonの白雪姫のほうが合いました。逆に白雪姫では細いのでこれより少し太いMAJIK KONTROLのほうがいいという人もいるでしょう。

人の感性を通すと一概にこれが良くてこれがダメとはいえないのですね。

人には良心があるのでダメと思ったものをこれは素晴らしいとは勧められないのでレビュー記事にはその注意書きを控え目に書いてある時があります。

オーディオの場合は評論家の記事は情報として利用して最終的な判断は自分の感性に合うのか合わないのかで判断すればいいでしょう。

オーディオの場合はアクセサリーでも(例えば電源ケーブルだけで100万円くらいするもの)高価なものがありますができれば試してから購入してみたい(買える人はですが(^_^;))ですね。

最近ネットの評価記事で実際に対象物を見たことがないライターが書いたものがありました。記事がアップされた後で操作ボタンの位置が違っていたり・・・・信じられないようなクオロティーの記事が出回ることがあるんですね(笑)

今はライターはやっておらず本業一筋です(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

CD部もいけます

みなさん、こんばんは
先日ゲットした八神純子さんのVreathはSACDとCDのハイブリッドなんですが、今日はCDの方を聴いています。

P6ieisqh

SACDはLINDEMANN820→LINDEMANN820(プリ機能)→LINN KLIMAX TWIN CHAKRA
→ガルネリオマージュ

ですがCDは

LINNCD12→レビンソンNo26SL→STAX SRM717→STAX SR007

で聴いています。もちろん八神さんの歌の素晴らしさはどちらも素晴らしく音質もCD面
は侮れません。

柴淳のアルバムとほぼ同時にゲットしたのですが今は八神さんのほうがヘビーローテーションです。柴淳も魅力的な歌手ですが八神さんと比べるとね~(^_^;)

相手が悪いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

効果あります

みなさん、こんにちは。
私は電源タップはCHIKUMAのPossible-2を使っていますが今日はPossible-2の下に敷くボードでTB400を使ってみました。
Omybte6c

電源タップの下にアルミのボードがあり、その下に木のボードが敷いてあります、
たしかに足下はしっかりする感じがありますが、それほど効果があるとは思えませんでした。

使用した結果はそれぞれの音に雑味が消えてより済んだ音になりました。

また低音はより締まり膨らんだ感じがしません。

とはいうものの元々が雑味があったわけではなく、低音もだらしなく膨らんでいたわけではなく
このTB400を使った時との比較でそう感じるのですね。

定価を見ると投資意欲が薄れますが今はモニター販売しているのでこれよりも安く買えるのでリーズナブルな投資だと思います。

PS

この記事を発展途上人の部屋に誤爆してしまいました。発展途上人の部屋の内容と同じ内容です、二度お読みされたかたにはお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

昨日は勉強になりました

みなさん、こんばんは。
昨日は秋葉原のダイナミックオーディオさんの7階で色々と聴かせてもらいました。私の前に試聴していた人の音楽を後ろの方で聴かせてもらいました。

そこではdCSのヴィヴァルディーというCDプレイヤーが石川さゆりさんを演奏していました。
普通CDプレイヤーというと見た目一台ですがヴィヴァルディーはCDをかけるトランスポート
デジタル→アナログに変換するDAC、うまく説明できないアップサンプラーと見た目3台で
一つのシステムです。これで高級車が買えます。

普通に演奏しているのではなくCDデータをアップサンプラーに流してそこからDSPで再生していました。仕組みはよくわかりませんが、普通に再生するよりも良くなるはずなんですが、こっちの方が高音だけで他の音がしなく不自然でした。

そこで店長は・・・・・

これはケーブルの差ですね。

ようするにテレポートとDACを結ぶケーブルのクオリティーがアップサンプラーとDAC(多分)を結ぶケーブルよりも遙かに上回っているということでアップサンプラー方式のケーブルをクオリティーが高いものに変えて再生してみると・・・・

石川さゆりさんがそこにいる(もちろん姿は見えませんが(^_^;))という感じになりました。

こういうケーブルは良いものを使えば全体としてのクオリティーが上がるというのは頭では理解していましたが、ここまで変わるものとは思いませんでした。インコネケーブルを舐めていました(^_^;)

・・・で自分のインコネケーブルを振り返ってみると中の下というところでしょうか・・・・・

お金を貯めてインコネケーブルのクオリティーを上げてみたいと思います。

ケーブル類は商品知識がないので勉強しなければいけませんね。

次に私の番になり最近発売されたレビンソンの52をプリとしてヴィヴァルディーを演奏してくれました。曲は私がよく聴くカールリヒター指揮のバッハのブランデンブルグ協奏曲とミッシェルコルボ指揮のバッハのミサ曲ロ短調です。

ブランデンブルグ協奏曲を鳴らした瞬間に店長が

良い録音ですね~

とほめてくれました。素人はほめられると嬉しいものです(^_^;)

素晴らしい演奏でした。

演奏を聴いた後店長さんから色々おしえてもらったのですがこの52というプリはCDPのクオリティーテイストをそのままパワーアンプに渡すそうで、これは実感できました。

途中で我が国の雄であるエソテリックのトランスポート(P-01)とDAC(C-02)連合軍に切り替えました。これも基本性能は高いのですがヴィヴァルディーと比べてはいけません。

最初は結構輪郭があるので

おお~

と思ったのですがヴィヴァルディーに切り替えたらその差は歴然でこんな差があるのか・・

とびっくりしました。エソテリックをもってしてもこれだけ差があるとは・・・・

ということで昨日は普段体験できない世界を体験させて頂き勉強になりました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

Vreathその2

みなさん、こんばんは。
八神純子さんのブレスにはかなりやられました

曲は

1. 思い出は美しすぎて
2. 涙をこえて
3. 友だちならば (feat.陣内大蔵)
4. 時代
5. 待ちわびて
6. ナオミの夢 (feat.Chage)
7. 白いページの中に
8. サルビアの花
9. 20才のころ
10. 傷ついた翼
11. 思い出は美しすぎて [SCAT]

です。特にやられたのが友達ならば、待ちわびて、白いページの中に、20才のころ
でした。楽曲のすばらしさはもちろんですが八神さんの透明な声でしっとりと歌うのが
なんともいえません。

P6ieisqh

現在の私のヘビーローテーションです。
携帯プレイヤーで聴くのもいいですが、自宅のオーディオセットで聴くのは最高ですね。
LINDEMANN820でSACDとして聴いています。

コンサート聴きに行きたいですね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

オールナイトニッポンクラッシクス

みなさん、こんばんは。
今日はほぼ一年ぶりに飛行機に乗って山口宇部まできました。
機内のプログラムのオールナイトニッポンクラッシクスのゲストはマイク真木さんでした。

マイクさんは円谷プロに入りたかったようで・・・・

親父のコネで入れてもうらうにはせめて大学はでないと・・・

とおっしゃっていましたが、円谷プロ特撮希望の青年が歌手になったのは

バラが咲いた

だったそうです。マイクさんの先輩がこの歌(バラが咲いた)はプロ歌手が歌うんだけど
おまえ事前に吹き込んでくれ、それをプロ歌手に渡すから・・・

という経緯でアルバイトで仮吹き込みをやり、その後スキー場のバイトにいって春になるまでスキー場に泊まり込んで、春になり戻ってきたら自分が仮に吹き込んだ曲がラジオから流れてきてびっくりしたとおっしゃっていました。

その時の録音をオンエアーしていましたが、シンプルな曲で丁寧に歌っていたので非常に印象に残りました。

人生ってひょんなことから変わるものですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

八神純子さんのブレス マイフフェイバレートコッキーポップ

みなさん、こんばんは。
昨日はしばじゅんのCDと八神純子さんのCDをゲットしました。八神純子さんのCDはSACDのバイブリッド版です。

最初は思い出は美しすぎでですが、オリジナルを知っていると物足りない感じがしますが、八神さんがチカラを抜いて軽く歌うので慣れてくるとリラックスして聴くことができます。

SACDのせいか、ヴォーカルが生々しくきこえます。

カバーアルバムのように思えますが、コッキーポップからのカバーで曲自体は新しい曲はありませんが郷愁のみではありません。

八神さんというと声はいいのはもちろんですが声量があり、かつ、ささやくような歌い方も
素晴らしいです。このアルバムは声を張り上げるというのはなく抑え気味に歌っているので
リラックスして音楽に浸ることができます。

P6ieisqh

今の八神さんの水色の雨とか夜間飛行を聴いてみたいですね。
夜間飛行はものすごく良いでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

買っちますた

みなさん、こんばんは。
しばじゅんのニューアルバム買っちまいました。

Xbwafcxe

確かに音は良くなめらかに聴こえます。まるでSACDを聴いているような滑らかさです。
聴いていて心地よいです。曲は現在リスニング中ですがおおっという曲はなく手堅くしばじゅんらしいバラードでまとめたという感じで、しばじゅんらしい曲想です。

こんな書き方をすると怒られるかもしれませんがゴーストライターの雨みたいな曲が続きます。でも退屈ではなくゆったりと落ち着いて聴くことができますし、しばじゅんのファルセットが随所に出てきてしかもクリスタルボイスという感じが美しいです。

一応オフショットがついているものを買ったのですが、写真に写っているしばじゅんは音楽に真剣に打ち込んでいるショットが多く表情がキリッとしていいですね。

実はゲットしたのはこれだけではなく八神純子さんのSACDのアルバム、プレスもゲットしました。
これは次回ということで・・・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »