« オーディオを教えてくれた機器達 | トップページ | オリジナルでも・・・・(^_^;) »

2013年5月19日 (日)

ムターのバイオリン聴き直し

みなさん、こんにちは。
先日ムター演奏のモーツアルトのバイオリンソナタが良かったので以前購入したバイオリン協奏曲全集を聴き直しました。以前聴いた時の印象ではバイオリンとビオラのための協奏交響曲が不自然に感じたことがありますが、その後色々な人のバイオリンを聴くとムターの音色は魅力的なものに思えてきました。

Qzc20d3w
改めて聴くとモーツアルトらしい演奏だと思います。私見ですがモーツアルトのバイオリン協奏曲はピアノ協奏曲はクラリネット曲なのど円熟は感じませんが颯爽とした心地よいものを感じます。

こういうテイストの曲は以前ここで紹介したヒラリーハーンさんやユリアフィッシャーさんや石亀協子さんが演奏すると似合うような感じですがムターさんは爽やかな音色で颯爽と演奏されています。しかも音色や演奏は深みがあり加えてストラディバリの音色も十分に堪能することができます。

私が学生の時にはアデライデという名前のバイオリン協奏曲が好きだったのですが、後日これはモーツアルトの作品ではないということがわかり今ではあまり聴くことができる機会がなくなりました。モーツアルトの作品であろうがなかろうがいいものはいいのでムターさんの演奏でアデライデ聴いてみたいですね。

|

« オーディオを教えてくれた機器達 | トップページ | オリジナルでも・・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムターのバイオリン聴き直し:

« オーディオを教えてくれた機器達 | トップページ | オリジナルでも・・・・(^_^;) »