« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

ロベルトシューマン

みなさん、こんばんは。
最近シューマンのピアノ曲にものすごく惹かれます。よく聴くのは

子供の情景
謝肉祭
森の情景

です。

それぞれを構成する曲には小さな副題がついています。

子供の情景は

  1. 知らない国々 (Von fremden Ländern und Menschen)
  2. 珍しいお話 (Kuriose Geschichte)
  3. おにごっこ (Haschemann) (かくれんぼ という訳もあり)
  4. おねだりする子供 (Bittendes Kind)
  5. 満足 (Glückes genug)
  6. 大変なこと (Wichtige Begebenheit)
  7. 夢(トロイメライ) (Träumerei)
  8. 炉端 (Am Kamin)
  9. 木馬の騎士 (Ritter vom Steckenpferd)
  10. むきになって (Fast zu ernst)
  11. びっくりさせる (Fürchtenmachen)
  12. 眠る子供 (Kind im Einschlummern)
  13. 詩人のお話 (Der Dichter spricht)

謝肉祭は仮装行列がありその脇で色々な露天が出ていて時々知り合いとすれ違ったり気になる人のことを思い出したりするような光景を思い浮かべます。

  • 1.Préambule. 前口上
  • 2.Pierrot. ピエロ
  • 3.Arlequin. 道化役者(アルルカン)
  • 4.Valse noble. 高貴なワルツ
  • 5.Eusebius. オイゼビウス
  • 6.Florestan. フロレスタン
  • 7.Coquette. コケット
  • 8.Réplique. 返事(応答)
  • (Sphinxes. スフィンクス)
  • 9.Papillons. 蝶々
  • 10.A.S.C.H. - S.C.H.A. (Lettres dansantes) 躍る文字
  • 11.Chiarina. キアリーナ
  • 12.Chopin. ショパン
  • 13.Estrella. エストレラ
  • 14.Reconnaissance. 回り逢い(再会)
  • 15.Pantalon et colombine. パンタロンとコロンビーヌ
  • 16.Valse allemande ワルツ・アルマンド(ドイツ風ワルツ)
  • INTERMEZZO. (Paganini.) 間奏曲(パガニーニ)
  • 17.Aveu. 告白
  • 18.Promenade. プロムナード
  • 19.Pause. 休憩(休息)20.Marche des "Davidsbündler" contre les Philistin. フィリシテ人と闘う「ダヴィッド同盟」の行進
  • 森の情景は

    1. 入り口 (Eintritt)
    2. 待ち伏せる狩人 (Jager auf der lauer)
    3. 寂しい花 (Einsame Blumen)
    4. 気味の悪い場所 (Verrufene Stelle)
    5. なつかしい風景 (Freundliche Landschaft)
    6. 宿 (Herberge)
    7. 予言の鳥 (Vogel als Prophet)
    8. 狩の歌 (Jagdlied)
    9. 別れ (Abschied)

    となっています。自分の精神的な世界ではなく私たちがよく見る日常的な光景を切り取ったように感じることができます。しかもシューマン独特のやさしさの視点で・・・

    以下全く私の想像ですが・・・

    この抒情的な景色を眺めているシューマンは満ち足りた状態だと思います。クララと穏やかな時を過ごしたのではないかと思います。

    この満ち足りたやさしさの作品と対照的な最後をシューマンはとげます。

    梅毒に起因する精神障害が悪化してその後ライン川に身投げをしますがここで助かるのですが梅雨による衰弱による肺炎で亡くなったそうです。

    シューマンは不幸は人生を起こったのでしょうか。私はシューマンではないのでわかりませんが、その人生の中ではたしかにこの音楽に示されるように満ち足りた時間はシューマンには実際に存在していたのだと思います。その後の最後があるにしても・・・・・

    正しいかどうかわかりませんがシューマンというとやさしさと儚さを想像してしまいます。

    それほど多くの作品を聴いているわけではありませんがピアノの曲が好きですね。

    時間を見つけてシューマンの作品を少しずつ聴いてみたいですね~

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年6月29日 (土)

    音飛び

    みなさん、こんばんは。
    LINDEMANN820であるCDをかけると頻繁に音飛びがします。音飛びは音楽を聴いている時に聖心衛生上よくないですね。特に私の好きなユリアフィッシャーさんソロのモーツアルトのバイオリン協奏曲と八神純子さんのベストが飛びます(^_^;)

    ネットで調べてみるとCDプレイヤーのピックアップがヤバイということも書いてあったのですがピックアップを掃除したほうがいいというコメントもありました。

    ただブラシがついたCDのクリーナーだとピックアップのレンズを痛めることがあるので風で
    吹き飛ばす方式のものをゲットして使ってみました。

    http://www.lauda.co.jp/xl-770.htm

    この後どうなるかわかりませんが今日は音飛びしませんでした。

    たまにピックアップのレンズのクリーニングもいいかもしれませんね。

    この後も音飛びしませんように・・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    コンセント増設

    みなさん、こんにちは。
    私は計画性がトホホなせいかきたるべきレビンソン52を迎え入れるとラックのスペースが足りなくなり、STAXとIKWMIを鳴らすにはコンセントの数が足りません。最初オーディオ機器をそろえる時に計画すればいいのですがこの時は

    サブシステムだからそれほどこだわらなくてもいい

    ということでプリメインでサクッと鳴らしていました。

    そのうちにプリメインがセパレートになりCDPがその後二台増えしかもその一台のLINDEMANN820はトランスポートとDACとそれぞれ電源を取るということになり
    現状の状況になりました。

    52qお迎え入れt暁には今使っている26SLをどうしようか少し考え中です。

    私は使っている機器に愛着を持つタイプで不要になったらかサクッと売るということは簡単にできないんですよね。

    今思っているのはSTAXのSRM717のボリュームをパスして26SLにしようかなということですね。これは52を使う事も考えられますがあまり繋ぎすぎると52の音に悪影響があるのではないかと思っています(実際はどうかわかりませんが)

    実際に試してから考えてもいいでしょうね。

    ラックは今は亡きzoethecusという会社のラックを補充しました。

    8yb4h2uq

    これでもまだ場所が足りないので今使っているラックを交換することにしました。

    クアドラスパイアーのQ4D-Vent Twinというアイソレーションが良いラックを導入する予定でいます。

    Zatlfwvk

    お借りした写真は二台ですが二台導入するわけではありません(^_^;)

    このラック交換に先駆けて先日コンセント増設工事をやりました。
    これは私は資格がないので業者さんにお願いしました。

    増設分は分電盤から独立して(他の家電と混じらないように)電源を確保しました。

    コンセントとコンセントベースはオーディオグレードを使いました。

    昨日からこっちにつなぎ替えていますが、激変ではありませんが中音が豪華になり、全体のクオリティーがあがりました。バッハのミサ曲ロ短調はより合唱がよくきこえます。

    後はラックの入れ替えでプチ変更は終わりになります。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年6月17日 (月)

    素晴らしい時

    みなさん、こんにちは。
    昨日は群馬県太田のシャコンヌホールというところでストラディバリを生で直接聴くイベントがありいました。ストラディバリはあのバイオリンの女王といってもよいムターの愛機ですがオーkすと等のコンサートではばくストラディバリだけの生の音を聴くという機会は本業が音楽とは何の関係もない私などはなかなかありえません。

    しかも生ストラディバリを持たせて頂きました。私は今までバイオリンんは触ったことがなかったのですが生まれて初めて触ったバイオリンがストラディバリだったということになります。

    音色はド素人の私が聴いても、甘い地平線を広がるような音色でした。小品を何曲も演奏してもらいましたができればバッハのシャコンヌをじっくりと聴けたら最高でした。その後ピアノの伴奏がついてまた違うテイストになりました。ピアノを伴奏して頂いた方は参加者のお嬢さんユジャワンさんみたいでした。

    その後このホールのオーディオ装置で持参したCDを再生して頂きました。
    ベル委オーズのキリストの幼時、バッハのブランデンブルグ協奏曲です。

    オーナーから特等席を用意して頂いてそこで聴いていましたが、オーディオではなくコンサートを聴いているようで良かったです。オーディオ装置、絵画、会場の色合いがベストマッチでここにブランデンブルグ協奏曲の音色はあっという間にヨーロッパです。

    提供されたコーヒーも一口飲んだら違うんですね。

    2ilsrmxp

    オーディオがどうのこうのというよりも良い音楽を聴いて良い時間を過ごすことができました。

    このような良い時間を与えてくれた、ファイルウエブのストラさん、シャコンヌホールのオーナーのシャコンヌさん家族の皆様、バイオリンの演奏をしてくれた黒澤先生(しかも持たせて頂いてありがとうございます)には感謝申し上げます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年6月15日 (土)

    経済感覚

    みなさん、こんにちは。
    オーディオ機器やアクセサリーは一般の感覚からすると、とんでもない金額がします。
    以前は・・・・

    アンプに100万円か・・・・・これだけで音楽が聴くことができるわけではないのになんておそろしいことなんだ・・・・・

    電源ケーブルに100万円か・・・・金の方が絶対安いな

    的な感じでした。これは非オーディオマニアの方々の感覚と近いものがあります。

    最近は、レビンソンの52が300万円か・・・・・この音で300万円は安いな~

    ヴィヴァルディーが一セット1000万円か・・・・ウイーンフィルと演奏場を持つよりも遙かに安いな~

    電源ケーブルのNBSのブラックラベル2は定価が70万円か・・・このレベルの電源ケーブルではリーズナブルかな~

    という感覚になってきました。まあ私がハゲタカの鷲津ファンドの主宰者の鷲津だったらまだわかりますが一介の市井の市民なんですよね(^_^;)

    こうやって1時間音楽を聴いているとお金がかってに100万円稼いでくれる

    だといいんですが・・・・(笑)

    極端な話が以前の100万円が10万円くらいに感じられます。

    まあ私個人がどのような経済感覚になってもそれはどうでもいいことなのですが、困ったことが一つだけあります。

    収入が10倍になっていないで横ばいかもっと少なくなっているので感覚だけ麻痺しても
    意味がないのですね。収入が10倍になっていればいいんですけどね(笑)

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2013年6月 6日 (木)

    これは楽しいです2

    みなさん、こんにちは。
    昨日はユリアフィッシャーさんソロのモーツアルトのバイオリン協奏曲三昧でした。実の楽しそうな演奏でした。今朝は付属のDVDを観ました。

    レコーディング風景でした。

    第一印象は実に楽しそうに演奏します。おそらくユリアさん自身も演奏が楽しかったのだと思います。

    また全然力が入っておらず軽く弾いている感じですがあんなに軽く弾いてどうしてあんな音ができるのだろうと不思議でした。

    演奏している側が楽しければ聴いているほうも楽しいですよね。

    学生時代にリコーダーをかなり練習していた時期があり、レベルはともかくとしてけっこう長い曲も楽譜なしで演奏できました。演奏していて楽しかったです。

    私は初心者ながら合唱に参加していますがレベルの高い歌唱よりもまずは歌うので手一杯でユリアさんの演奏のように楽しんでいたのかという疑問が残ります。

    演奏を楽しむにはそれなりのレベルにならないといけませんが、次回の合唱で(本当はオケをやりたいのですがオケの楽器で演奏できるものはありません(^_^;))はこの辺りを意識して楽しむレベルになりたいと思います。

    ユリアさんはかなりの美人ですがレコーディング風景ではそれを意識していない清楚な出で立ちで共感が持てました。

    今はカールリヒター指揮のバッハのミサ曲ロ短調を聴き込んででいます。
    自分の本業は音楽と全く関係ないんですけどね・・・・・(^_^;)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年6月 5日 (水)

    これは楽しいです

    みなさん、こんにちは。
    今日は先日入手したユリアフィッシャーさんソロのモーツアルトバイオリン協奏曲全集を聴いています。前回はバッハのバイオリン協奏曲を聴いた時には自分のテクニックを主張しないでオケに溶け込んでいるという控え目な印象だったのですが、このモーツアルトは生き生きとそれなりのテクニックも聴くことができ聴いていて楽しいです。これもまたムターとは違った味わいがあります。

    今回はSACD33枚組でDVDが1枚おまけ(これはまだ観ていないです)でお買い得です。
    しかもこの演奏ですからいうことありません。オケのオランダ室内管弦楽団のサポートもさりげない感じがして良いですね~
    音楽は聴いていて感動するということもありですが楽しいということも大切です。
    ユリアフィッシャーさんは多彩でピアノもプロのようでこちらにも才能があるそうです。

    こういう人はうらやましいですね。(^_^;)←どっちもできない奴(笑)

    Ci638kkt

    ヒラリーハーンもモーツアルトのバイオリン協奏曲全集リリースしないかにゃ~

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年6月 3日 (月)

    残念(^_^;)

    みなさん、こんばんは。
    先日ムターバイオリオンのモーツアルトのバイオリンソナタをゲットしてなかなか良いと思い、その後モーツアルトのバイオリン協奏曲、メンデルスゾーンとチャイコフスキーのバイオリン協奏曲を聴いていました。ムターの演奏の上手さはもちろんですがストラディバリの音色も堪能することができました。

    ところが今日明日はムターの東京での演奏会があるそうです。

    これは知らずに不覚(^_^;)

    行きたかったですね。

    ムターは個人的にはそれほどファンというのではないのですが、ストラディバリの音色と彼女の生の演奏は一度聴いてみたいと思っていました。

    来年も来て欲しいっす(^_^;)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年6月 2日 (日)

    ブレーキ

    みなさん、こんにちは。
    大体ターゲットにするアクセサリーが決まってきました。
    まずCDPプリ間或いはプリパワー間を結ぶインコネケーブルについては決定しました。多分変わることはないでしょう、

    え~何かって

    そらあ我が社のConfidential matterなのでそう簡単に公表するわけにはいきません。ヨルマでもステルスでもありません。ステルスに少し未練がありますが値段を見ると未練は吹っ飛んでしまいます。(笑)

    ではこれをすぐ発注するかというと、このところ

    電源ケーブルをNBSのブラックラベル2
    新しいラックを購入
    レビンソンのプリ52を購入(現物はまだ(^_^;))
    オーガニックオーディオのRCAケーブルをゲット(これは懸賞に当たったので支出は0)

    なのでまさに経済的な破綻者(否定はしませんが(^_^;))の所業です。ここでインコネケーブルを続けて購入するのではいくらなんでももう一人の私がストップをかけます。

    オーディオをやっていない人はケーブルの1本や2本買うか買わないかで何をいっているのか・・・・小林ってよほど貧乏なんだな(笑)と思われるかもしれませんが(貧乏ということは
    否定しません(^_^;))侮ることなかれインコネケーブルは数十万円するものも結構あります。

    機器とそれほど値段的には変わらないですね。

    まあ今すぐに揃わなくても音楽が聴けなくなるわけでもないし・・・・・

    もう少し待つつもりです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »