« 経済感覚 | トップページ | コンセント増設 »

2013年6月17日 (月)

素晴らしい時

みなさん、こんにちは。
昨日は群馬県太田のシャコンヌホールというところでストラディバリを生で直接聴くイベントがありいました。ストラディバリはあのバイオリンの女王といってもよいムターの愛機ですがオーkすと等のコンサートではばくストラディバリだけの生の音を聴くという機会は本業が音楽とは何の関係もない私などはなかなかありえません。

しかも生ストラディバリを持たせて頂きました。私は今までバイオリンんは触ったことがなかったのですが生まれて初めて触ったバイオリンがストラディバリだったということになります。

音色はド素人の私が聴いても、甘い地平線を広がるような音色でした。小品を何曲も演奏してもらいましたができればバッハのシャコンヌをじっくりと聴けたら最高でした。その後ピアノの伴奏がついてまた違うテイストになりました。ピアノを伴奏して頂いた方は参加者のお嬢さんユジャワンさんみたいでした。

その後このホールのオーディオ装置で持参したCDを再生して頂きました。
ベル委オーズのキリストの幼時、バッハのブランデンブルグ協奏曲です。

オーナーから特等席を用意して頂いてそこで聴いていましたが、オーディオではなくコンサートを聴いているようで良かったです。オーディオ装置、絵画、会場の色合いがベストマッチでここにブランデンブルグ協奏曲の音色はあっという間にヨーロッパです。

提供されたコーヒーも一口飲んだら違うんですね。

2ilsrmxp

オーディオがどうのこうのというよりも良い音楽を聴いて良い時間を過ごすことができました。

このような良い時間を与えてくれた、ファイルウエブのストラさん、シャコンヌホールのオーナーのシャコンヌさん家族の皆様、バイオリンの演奏をしてくれた黒澤先生(しかも持たせて頂いてありがとうございます)には感謝申し上げます。

|

« 経済感覚 | トップページ | コンセント増設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしい時:

« 経済感覚 | トップページ | コンセント増設 »