« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

別れ

みなさん、こんばんは。
今日は先日お別れしなければならなかった人のためにバッハのカンタータを聴いています。
人の人生には出会いがあれば必ず別れがあります。これはどんなに密接な間柄でも例外はありません。人の命に限りがある限り必ず別れがあります。

まあ、改めていうまでもことはありませんが・・・・・・

私は音楽は好きですがそれでも音楽の歴史に詳しいとかバッハの生涯が詳しいとかいうわけではなく基本的に聴くのが好きなのですね。それが去年の4月のモーツアルトのレクイエムに合唱として参加させて頂いたのですが、レクイエムは好きな曲なので多くの回数を聴いていますがこれを演奏する側にはいたことはなく、楽譜も見るのはこの時が初めてでした。

まあそうはいっても私がモーツアルトのように音楽に天才的な才能があれば問題はないのですが聴くのが好きな奴が間違って演奏サイドに紛れ込んだという感じなのですね。
楽譜のページが変わるとどこを演奏しているのかわからなくなってしまうレベルなんですよね。

普通の感覚だとこのレベルではいくら好きといっても足手まといになるので参加などできるわけでもないのですが、このオケを指揮されているマルグリットフランス先生は快く私の参加を認めてくれました。レクイエムは元々東日本大震災で犠牲になった方々の鎮魂のためのものなのですが私は別の想いがあり、先に天に召された私の愛すべき人達のために精一杯(下手でも)歌おうと思っていました。この想いをマルグリット先生にぶつけマルグリット先生はこれを受け止めてくれました。

レクイエムの演奏が終わった時には私に声をかけてくれて、小林さん(本名は小林ではないので本名でした)、きっと伝わっていますよと言ってくれました。

レクイエムは良い時間を過ごすことができました。

去年のクリスマスにはキリストの幼時を演奏し、これにも合唱として参加しました。ところが
ずっと入院していたので下手な上に練習不足で歌うことができないのでこれは足手まとい以外の何者でもないということで、参加を辞退しました。ところが歌える部分だけ歌えばいいということで参加させて頂きました。退院して復帰一日目にはマルグリット先生がみんなに

小林さん(本名は違うんですが(^_^;))が帰ってきました。良かったですね~

と告げてくれました。

ところがそのマグリット先生が先週金曜日に天に召されました、

私はマルグリット先生とはそれほど長い時間ご一緒したわけではありませんが、音楽に向き合う姿勢を教えてくれました。

スキルはそれほど重要ではない。大切なのは音楽が好きなこと
そんな演奏ではモーツアルトが墓から出てきて怒りますよ!

マルグリット先生は私のような単なる音楽好きではなくプロの音楽家で楽譜を見ただけで曲や音色が浮かぶとおっしゃっていました。これから私自身が音楽に関わる先に色々と教えを請うと思っていました。オーケストラで必要な楽器はできませんが、ヘンデルやテレマンのリコーダーソナタなんかやってみたいと思っていました。この辺りのこともマルグリット先生に教えて欲しかったと思います。

個人的にはどうして良い人ほど天に召されるのかと思いますね。

死後の世界というのはあるのかないのかわかりませんが願わくば向こうの世界でモーツアルトやバッハと音楽について今頃語っているといいな~

マルグリット先生のご冥福を心からお祈りするとともに、たくさんの感謝をありがとうを申し上げます。私もそっちへ行ったら合唱のメンバーの声をかけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

しば裏

みなさん、こんばんは
私は柴田淳さんのファンですが、彼女のアルバムは君たちの未来以外は全部持っています。
その中で私の中で1,2を争うのが、

ひとり
しば裏です。

ひとりは最初の曲の少女に始まります。少女は非常に切ない曲でこれほど切ない曲はあまり聴いたことがありません。また、雪も柴淳のテイストたっぷりでいいですね。

しば裏は柴淳がドリーミュージック時代にリリースしたCDのカップリング(昔でいうB面ですね)
を集めたものです。B面といっても曲は心に残り駄作はありません。

私見ですが柴淳の曲でドリーミュージック時代の曲に匹敵するものは花吹雪くらいしかないと思っています。その他の曲は残念ながらドリーミュージック時代の曲に及びません。

また柴淳の声もいい意味で凝っていないので美しいですがややスモーキーな柴淳ボイスが堪能できます。それぞれの曲も聴いていると光景が目に浮かびます。

忘れ物
変身

はけっこう心に突き刺さります。

忘れ物はフォーク調で僕と君がどうして出会って一緒に住んでいるのか不明ですが、僕は君の心の中に別の人がいて忘れられなくても、そのまま君は笑顔でそばにいてくれればいいという趣旨の曲ですが(これだけ書くと演歌っぽいですが)実際に曲を聴くとそんな単純なものではないのですね。

僕はエリートではなく市井にひっそりと住んでいる人物なのですね。←私と同じっす(^_^;)

変身は長い間つきあっていた彼女との別れ(多分死別だと思います、柴淳に聞いたわけではありませんが歌詞から想像するとそう思います)が突然に訪れ、部屋を散らかしても今までは彼女に怒られたけど今では怒られない、彼女が育てた花に水をやる・・・・彼女が自分から消えないように・・・突然に彼女がいなくなったことに対する戸惑い、さびしさがよく表れています。

今は新しい女性とつきあっているけど、自分は無意識のうちに彼女と同じ人を求めているし彼女と違うところをみつけると醒めてしまう。今は彼女を忘れた人物を演じている・・・という感じです。

Xdh5bma1

最新のアルバムのあなたとみた夢、君のいない朝と比べるとこちらの方が良い音だと思いますがしば裏を聞くと不自然な感じがします。

久しぶりに聴きましたがいいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

ヒント

みなさん、こんにちは。
先月にストラディバリの生音を聴きにいった際にシャコンヌホールでオーディオでお気に入りのカールリヒター指揮のブランデンブルグ協奏曲を流してもらっている時の事でした。

2ilsrmxp

ここのオーナーのシャコンヌパンダさん(もちろん本名ではありません(^_^;))から

ここが一番響きがいいんですよ~

ということで左端の2階席を案内されました。普通だとスピーカーの真ん中にくるように座るのですが、この場合は真ん中どころか二つのスピーカーの外という感じの場所でした。

聞こえてくるカールリヒター指揮の音色はオーディオオーディオしたものではなく自然の演奏でした。部屋によっては2つのスピーカーの真ん中に座らない方がよい場合があるんですね。

我が家はそれほど良いリスニング環境ではないですがスピーカーは部屋の隅っこではなく部屋の真ん中に鎮座しています。ということでスピーカーの後ろや横に壁がありません。

最初はやや内振りにしていたのですが昨日は内振りをやめて平行に置きました。

なんというか心地よい浮揚感のようなものが出てきました。

私の場合は音楽を聴くのは好きなのですがオーディオの経験値がそれほどあるわけではないのでこういうヒントはありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

バイオリンとビオラのための協奏交響曲聴き比べ

みなさん、こんばんは。
私が大好きな曲でモーツアルトのバイオリンとビオラのための協奏交響曲という曲があります。この曲は大学2年生の時からハマッっています。

今までずっと聴いていたのはカールベーム指揮のベルリンフィルの演奏です。

若き日の才気あふれるモーツアルトというより落ち着いて丁寧な演奏です。オケの音も重厚です。

4d7lxia0
今日はこの他にムターの弾きぶりとユリアフィッシャーさんのバイオリンソロと3枚聴きました。

ムターとフィッシャーははっきりいってバイオリンソロが目立っています。聴いていて楽しい部分がありますがオケの印象はあまりありません。

Qzc20d3w

カールベーム指揮の演奏はバイオリンとビオラとオケが一体になってバランスが良いですね。好みの問題だと思いますが私はカールベーム指揮のものが一番安心して聴くことができますね。

ムターとフィッシャは才気あふれると思いますし、多分モーツアルトが演奏した音楽もこんな感じだったんだろうな・・・・と思います。ということでどれも素晴らしい演奏であることには違いありません。
Ci638kkt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

ラック入れ替え

みなさん、こんにちは。
昨日はオーディオラックを入れ替えました。

Zatlfwvk

写真で見るとちょっと頼りない感じがしますがなかなかしっかりしたラックでこれで今まではみ出ていた機器を納めることができました。

一番下左ににLINDE<AMM820の電源とレビンソンNO26SLの電源部を納め、一番下右ににSTAXのSRM007tを仮置きしています。

真ん中左はLINDEMANN820を右はCD12をおいています。

内版上左はIKEMI、右はレビンソンの26SLをおいています。

パワーアンプのKLIMAX TWIN CHAKRAはもう一つのラックにおいています。
これは一番下が今は空いています。

8yb4h2uq [

これでCDPは全部ボリュームパスしてSTAXでも聴くことができうようになりました。

今はカールベームさんの指揮のモーツアルトの交響曲を聴いていますが足元がしっかりしているので聴こえかたはかなり改善されました。

これでレビンソンの52が涼しくなってから我が家にやってきても迎えることができます。

今はお金がないので無理ですがKLIMAX SOLOに入れ替えても場所はありますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

選手交代

みなさん、こんばんは。
GW前にNBSのブラックラベル2という電源ケーブルを購入しました。。電源の状況はLINDEMANN820のトランスポートとDACはそれぞれCHIKUMAのTuneful AC2うを、CD12はブラックラベルを、Possiblke 4-2はTUneful AC2を使っています。プリとパワーは付属の電源ケーブルを使っています。ブラックラベルはより濃い感じになるようですがCD12に繋いでいるだけではそれほど濃くなった気がしませんでした。

今の音楽でも気に入っているのですがこれをPossible4-2に繋いでみようと思い、さっき繋ぎ代えました。ネットでの評判はブラックラベル2はハイエンドケーブルで良い評判が多いのですが取り回しが非常に悪いですね。四苦八苦しました。仮に、もう一本これが安く売り出されたとしても買わないでしょう(^_^;)

ブラックラベル自身の重さも相当あります。多分10キロ以上あるのではないかと思います。私見ですが音楽を奏でていない時は邪魔もの以外の何者でもありません・・・・

これでpossible4-2はブラックラベル2、CD12はCHIKUMAのTunefulAC2に繋ぎ代えました。

そうするとコントラバスの音がより良くきこえてきます。多分低音を出したい時にはブラックラベル2は良いみたいですね。

スピーカーから出てくる音楽も実体感がアップしました。

もう少し色々な音楽を聞きこんでみたいですし、LINDEMANN820ではどうなるか楽しみですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

旧友との再会

みなさん、こんばんは。
先日カールベームさんのボックスをゲットしました。
これはカールベームさんが得意としている

ベートーベン
モーツアルト
ブラームス
シューペルト

の交響曲全集で全部でCD22枚です。

学生時代にはこのLP版でモーツアルトの交響曲全集を持っていました。モーツアルトの交響曲は30番過ぎてから充実してきて20番台でも20番とか29番とか珠玉のものがありますが10番代は学生時代に記憶に残っていたのは16番と18番でした。

これは社会人になって初めて今日聴きましたし、学生時代以来の鑑賞です。

当時この曲を聴いて感じたことがそのままそっくり蘇ってきます。

学生時代の親友と再会した気分です。

当時の演奏もカールベーム指揮ベルリンフィルという同じ組み合わせでした。

カールベームさんは10番代といっても丁寧に指揮をされていますね。

当時はこのモーツアルトの交響曲全集だけで2万円以上したのですが今はこの
三大作曲家の交響曲全集で1万円もしないのですからいい時代になったものですね。

学生の頃はカールベーム指揮のモーツアルトにかなり影響を受けました。

ハフナーセレナーデ
ポストホルンセレナーデ
レクイエム
バイオリンとビオラのための協奏交響曲

をよく聴いていました。FMのスイッチを入れた瞬間にハフナーセレナーデがきこえてこなかったら今は音楽なんて興味がなかったかもしれませんね。

09rzgkqb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

シューマン

みなさん、こんにちは。
先日シューマンのピアノ曲の全集を購入したのですが演奏が心に響きませんでした。
ピアノの音そのものは悪くはないのですが演奏が心に響かないというのはちょっとアレだったので購入後ネットの評判をみるとさもありなんということで今回はネットの評判を見てから購入しました

演奏はエリックサージュというピアニストです。全部で13枚セットです。最初はアベック変奏曲と子供の情景から聴きました。これはクララハスキルさんの演奏で何度も聴いている曲です。

どちらがいいとかいうことはないのですがハスキルさんの演奏よりもサージュさんの演奏の方が線が歩測繊細な感じがしますし強弱もサージュさんのほうがよく効いています。

ボックスの内容は

Juxn6h6g

CD 1) 蝶々 ダヴィッド同盟舞曲集 6つの間奏曲
CD 2) ピアノソナタ 第3番 クララ・ヴィークの主題による10の即興曲 幻想曲
CD 3) フモレスケ ピアノソナタ 第1番 
CD 4) 色とりどりの小品 アルバムの綴り 交響的練習曲
CD 5) 8つのノヴェレッテ 4つの行進曲
CD 6) ピアノソナタ 第2番 4つの夜曲 3つの幻想小曲集Op.111 暁の歌
CD 7) クライスレリアーナ 4つのフーガ 幻想小曲集Op.12
CD 8) 子供のためのアルバム
CD 9) アレグロ ウィーンの謝肉祭の道化 4つのピアノ曲 子供のための3つのピアノソナタ
CD 10) パガニーニの奇想曲による6つの練習曲Op.3 パガニーニの奇想曲による6つの演奏会用練習曲Op.10
CD 11) アベッグ変奏曲 トッカータ 子供の情景 ベートーヴェンの主題による自由な変奏形式の練習曲 謝肉祭
CD 12) 3つのロマンス アラベスク 花の曲 フゲッタ形式の7つのピアノ小品
CD 13) 森の情景

聴き応えありますね。アベッグ変奏曲と子供の情景を聴いた感じだと大変期待持てますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

受難について

みなさん、こんにちは。
先日カールリヒターのボックスを購入しました。これにはマタイ受難曲、ヨハネ受難曲が収録されています。内容はキリストの弟子のユダの裏切りから始まり、イエスの逮捕、死刑の宣告、十字架の磔、イエスの死、埋葬という2日間で起こった出来事を述べています。

まだ批評するレベルにありませんがマタイもヨハネも素晴らしい作品だと思いますし、バッハはこのほかにも受難曲を作ったといわれていますがそれも聴いてみたいですね~

私のように非クリスチャンはこういうシーンに馴染んでいるわけではないことと正式に教育を受けていないのでこれを題材にしたマタイ受難曲やヨハネ受難曲或いは絵画などが存在するのかイマイチ理解できない部分がありました。

1人の聖人が心ないものから迫害を受けて無実の罪で命を奪われた。イエスを死刑にしろと行ったのは当時の偉い人というよりはユダヤの民衆だったようです。

というように私には映りそれ以上の意味を見いだすことができません。

でもこの題材が浸透しているというはそれ以上の意味がきっとあるのだと思います。

以下正しいかどうかわかりませんが・・・・・・

イエスは人類が犯した罪を人類の代わりに背負い受難によって人類を救うことができたという意味なのかな~

と思います。これにより救われた民は自らの身を犠牲にして人類を救ったイエスを敬いその受難を忘れないことによってイエスに感謝するということなのかもしれません。

その意味では自分にとって親が自然にいるようにイエスは人類の父親のような感覚なのかもしれませんね~

宗派換えはしないですがこの素晴らしいマタイ受難曲、ヨハネ受難曲を聴くと色々と考えてみたくなりますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

Matthäus-Passion

みなさん、こんにちは。私はクリスチャンでもなんでもなく宗教上は浄土真宗ですが小学生の頃に聖書物語(旧約、新約共)を読みました、最初は何の気なしに読んでいたのですが一度読むと夢中になってしまい全部読みました。多分10巻以上はあったと思いますが休み時間になる度に図書館に行って読みあさりました。当時は子供でしたから子供にとって刺激が強い描写もかなりあります。

キリスト教徒ではない私が不条理に思うのはバベルの塔でした。人間が力を誇示したいために高い塔を作ります(多分旧約だったと思います) 人間の思い上がりに怒った主がこの塔を破壊しました。その後人々はお互いが何を言っているかわからなくなりました。これが外国語の始まりといわれています。

人間は神そっtくりにアダムとイブで創造されたので普通は

おお~一生懸命になっているな~

と微笑ましく見守ると思うのですがそうではないのですね。

他にはアブラハムの信仰心を試すために子供(アブラハムが100歳過ぎてからできた子供だったと思います)を生け贄しせよ。ということで苦悩したアブラハムが子供を生け贄にするために子供と一緒仁山に登ってまさに殺そうとする時に主が

もういい。。。お前の信仰心はわかった・・・

たまたま2つのエピソードですが、かなり私たちとスタンスが違うと思いました。

新約になると主の奇跡というよりはイエスのことが中心に書かれていますが子供心に
残酷だと思ったのはイエスの処刑ですね。

十字架に掌を釘を打って固定して・・・・

掌が痛くなります(^_^;)

このマタイ受難曲は新約聖書のマタイによる福音書のキリストによる受難を題材にした受難曲です。歌詞はドイツ語なので一字一句のレベルではわかりませんが子供の頃に読んだ記憶がよみがえってきます。

イエスは弟子達に自分が逮捕されて死ぬことを予言し、弟子の中で自分を裏切るものがでることや裁判の時に弟子のペテロが3度イエスのことを知らないというというかなり詳細にわたって予言します。

イエスを殺す計画を練る祭司長
裁判の様子
お前が神の子ならばこの十字架から無傷で降りてこれるはずだ

などなど

最後はイエスを
バカにして

ユダヤの王万歳!

けっこう細部にわたって表現されています。

小学生の頃の聖書物語を読んだ記憶がよみがえり胸が痛いです。


曲自体も長くCD3枚組で大体2時間半から3時間ですね。聴いていると少しも長いと思いません。今はカールリヒター指揮のものを多く聴きますがミッシェルコルボ指揮のマタイも聴いてみたいです。

この曲とミサ曲ロ短調を続けて聴くと一日が終わってしまいますね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »